高次脳機能障害

父が脳梗塞になった

父が脳梗塞になった。左脳に脳梗塞を発症し、右半身麻痺以外に、高次脳機能障害を発症している。今後、長期のリハビリなど、家族の助け・理解が必要になる。そのためには高次脳機能障害についての正確な知識が必要である。このことをきっかけに、高次脳機能障害について自分のできる範囲で調べてみよう。今後、調べた結果やわかったことなどをこのページに書きとどめていきたい。これは読者を想定したものというより、自分に対する覚書である。

経過

2017年4月11日、コンビニで買物中に意識を失い、転倒。救急車で病院へ運ばれる。脳梗塞だった。部位は大脳皮質左頭頂葉。右に麻痺あり。翌日、呂律が回らない症状も加わる。

5月1日。ICUからリハビリ病棟に移る。

6月7日。右半身麻痺と超皮質性失語と、主治医より言われる。看護士によれば、失語症に構音障害も加わっているとのこと。

高次脳機能障害の原因

父は、脳梗塞による高次脳機能障害だが、高次脳機能障害の原因は脳梗塞や脳出血以外にも、脳腫瘍、頭部外傷などが原因で発症すると言われている。

高次脳機能障害とは

「かんたんにいえば、頭が悪くなること」と言う医者もいるが、それは必ずしも正しくない。石合によれば、

ヒトに限らず、少なくとも動物と称せられているものは、広い意味での感覚と運動を介して外界と交渉を持っている。この時、「どこ」、「何が」という観点が加われば、それはもう、たんに触れたとか光が見えたという要素的な感覚の範囲を超えている。また、物に向かって手を伸ばす、そして正しくつかむというような動作は、すでに筋の収縮や関節の伸展などの要素的な運動よりも複雑な行為である。要素的な感覚と運動を超えた能力は、生まれながらにして備わっているものではなく、しだいに学習して身についてくる。

ヒトでは、さらに複雑な感覚と運動の上に成立する「言語」を家庭、社会において習得する。これらの、「どこ」――空間性認知、「何」――対象の認知、「どのように」――目的を持った行為、そして、実際の物や行為のない場合でも様々な事象を表現・伝達・理解できる言語が高次脳機能に含まれる。このような能力を学習し、また、時間の流れの中で有効に活用していく上で重要な役割を果たしている記憶も重要な高次脳機能である。

さらに、幅広い高次脳機能を組織的に活用して、将来的展望を持ち、目的を持って、計画的に行動することも、「高次元」の高次脳機能である。

 
としている。

各種検査・評価法

レーヴン色彩マトリシス検査

父の主治医は、高次脳機能障害について説明するときに、「かんたんに言ってしまえば頭が悪くなることだ」と言ってのけました。高次脳機能障害になると場合によってはたしかに頭が悪くなることもあるのでしょうが、常に頭が悪くなるわけではありません。先生よ、貴方の頭のほうこそ問題がありそうだ、とぼくはそう思ってしまいました。

高次脳機能障害のひとつに、失語症というのがあります。言語能力が低下することです。言語能力が低下すると、一見すれば思考能力まで低下したのではないかと、しろうとは考えます。いや、ぼくの父の例のように主治医までそのような誤解がありそうだし、看護婦さんもそのように理解して、失語症患者に対し、幼児語で話しかける例が少なくありません。しかし、必ずしもそうではありません。言語能力と思考能力は別のものだからです。いっしょくたにすると、主治医のような発言になるのでしょう。ホント、この先生で大丈夫なのかいな。

当検査は、言語能力の低下した失語症の人の思考能力のていどを調べるために考案された検査です。言語能力に頼らなくていいので、非言語性の知能検査です。①はかんたんですが、②はどうでしょうか。ぼくは一瞬考え込んでしまって、即答できなかったですね。



 


 
この検査にはこのような問題が36問あり、健常者の成績が年齢別に調べられていますので、失語症患者はそれと比較することで、その知的機能をかなり正確に知ることができると言われております。

ブルンストロームステージ(Br.Stage)

脳卒中の運動麻痺の回復過程を順序により判断するために考案され、尺度としては順序尺度として用いられています。交通事故の頭部外傷事案でも「BRS」とカルテに載っていることもあるので、ご存知の方も多いと思います。

【基本概念】
StageⅠ弛緩性麻痺(完全麻痺)
筋肉がダラッと緩んでしまっている状態で、自分ではまったく動かせず(随意的に動かすことはできない)、脳卒中発症早期に見られる。
StageⅡ連合反応の出現
連合反応が誘発され、体の一部を強く働かせると、他の麻痺した部位まで筋収縮や運動が起こる。例として、「あくび」や「くしゃみ」をしたとたん、上肢では腕や指が曲がり、下肢では足がピンとまっすぐに伸びる。
StageⅢ共同運動パターンの出現
共同運動では、個々の筋肉だけを動かそうとしても、付随するほかの筋肉までいっしょになって動いてしまう(一定の運動パターン以外の運動ができない)。共同運動には、屈筋共同運動(足や手が全体的に屈曲方向に曲がってしまう)と伸筋共同運動(足や手が全体的に伸びてしまう)2 種類の運動パターンがある。
StageⅣ分離運動の出現
共同運動のように全体的に動いてしまうのに対して、それぞれの関節が少し分離して動くようになる
StageⅤ 分離運動の進行
共同運動・痙性の出現が弱くなり、より多くの運動(分離運動)が可能になる。
StageⅥさらに分離が進み正常に近づく。
共同運動・痙性の影響がほとんどなくなり、運動の協調性や速度も正常化し、個々の関節が自由となる。しかし、その動きは少しぎこちない。

 
【上肢】
stageⅠ弛緩性麻痺。
stageⅡ上肢のわずかな随意運動。
stageⅢ座位で肩・肘の同時屈曲、同時伸展。
stageⅣ腰の後方へ手をつける。肘を伸展させて上肢を前方水平へ挙上。肘90°屈曲位での前腕回内・回外。
stageⅤ肘を伸展させて上肢を横水平へ挙上、また前方頭上へ挙上、肘伸展位での前腕回内・回外。
stageⅥ各関節の分離運動。

 
【手指】
stageⅠ弛緩期(完全麻痺)。
stageⅡ指の屈曲不能、または僅か可能。
stageⅢ手指集団にぎり、鉤形にぎり可能。ただし指の随意伸展不能 。(反射的には可能かもしれない)
stageⅣ横つまみ可能。母指外転によるつまみ開きが可能。半ば随意的な手指進展可能。ただし不十分。
stageⅤ先端つまみ可能、円柱にぎり、球形にぎり可能だが、下手で実用性が少ない。随意的な手指伸展はかなり可能。
stageⅥすべてのにぎり、つまみが可能。巧緻性向上し随意的手指伸展完全に可能。個別の手指運動ができるが、反射が側よりわずかに劣る。

 
【下肢】
stageⅠ弛緩性麻痺。
stageⅡ下肢のわずかな随意運動。
stageⅢ座位、立位での股・膝・足の同時屈曲。
stageⅣ座位で足を床の後方へすべらせて、膝を90°屈曲。踵を床から離さずに随意的に足関節背屈。
stageⅤ立位で股伸展位、またはそれに近い肢位、免荷した状態で膝屈曲分離運動。立位、膝伸展位で、足を少し前に踏み出して足関節背屈分離運動。
stageⅥ立位で、骨盤の挙上による範囲を超えた股外転。
座位で、内・外側ハムストリングスの相反的活動と、結果として足内反と外反を伴う膝を中心とした下腿の内・外旋。

参考書籍リスト

(一般啓蒙書)







(専門書)





ピックアップ記事

2017.1.16

海外旅行保険など、旅にまつわるトラブルは、なんとかなるさで乗り切ろう

海外旅行保険に関する相談があった いぜん、海外旅行中の方から、海外旅行保険加入時に関するトラブルに対する質問を受けたことがありました。代理…

ページ上部へ戻る