ホント、善意・純情の日本人をやめたくなるよ

よりによって・・・

よりによって、どうして日本人に生まれてきたのだろうと思うことがある。そう思うのは、たいていの場合、サービス残業をこなして、わき目も振らず1日10時間以上も働かされているときである。

会社に行くと、定時になっても帰ろうとせず、周りを見渡して、仕事がなくてもだれも帰らないからだらだら残業をする。その奴隷根性の社畜どもを尻目に、若かりしときのぼくは、定時になったらさっさと帰ろうとした。そうすると、周りから白い目でみられた。「おう、もう帰るのか」。そういう言葉を何度もかけられるとぼくもかんたんに帰れなくなった。人生限られているんだよな。これじゃ刑務所暮らしと変わらんじゃないか。そう思ったときから、カレンダーに退職日を記した。日本脱出のための資金がたまるまで、あと、458日だ。ぼくは出所できるその日が来るまで、カレンダーに1日経過したら塗りつぶすことにした。あと457日・あと456日・あと455日・・・。

有給休暇の申請をした。自分の権利だからちゃんととってくださいなどと説明しておきながら、それを信じて、金曜日に有給休暇をとりたいと申請したら、翌日翌々日も休みだから3連休になる、そんなぜいたくは許されないと言われた。ドイツでは1か月間の夏期休暇が当たり前だというのに、こっちはたまたまたったの3日連続になっただけで却下されるわけである。何が先進国だ・経済大国だよ。お笑いだ(当時はそう思ったが、今の日本は先進国でも経済大国でもなくなった)。

ボーナス支給日のことだ。上司のAがすこぶる機嫌が悪い。どうしたんですか、と聞いたら、どうやら、同期入社のBより評価が低かったことが原因だった。いくら低かったのですか、と聞いたら、2000円ほどの差でしかなかった。カネの問題じゃない、ぼくがBより評価が低いことが許せないのだときた。アホくさ。ぼくに言わせれば、しょせんはタバコ銭ほどの差しかない。会社の評価なんてどうせテキトウなのだから、まじめに怒るほうがどうかしている。

ぼくのかつての同僚たちときたら、パチンコかテレビくらいしか趣味のないやつばっかりだったから、休み時間になるとそんな話ばかり。やることが基本的にないのだから、会社に長時間いても何も疑問に思うふしがない。あああ、まっぴらごめんだ。こんな連中と定年まで同じ人生を送るくらいなら死んだほうがましだ。だから、会社を辞めた。

日本社会の日常的異常を異常と思わないイカレタ連中

長時間労働、社内のせせこましい順位関係での一喜一憂、仕事中毒・・・これが日本の社会の日常的異常風景である。多くの日本人はその異常さに気づこうともしない。ぼくはきわめて正常な人間なので、こんなイカレタ連中にはついていけないだけである。

これだけ働いても貯金はたいしてできず、マイホームを購入しようと思ったら莫大な借金を抱えなきゃできない。それもうなぎの寝床のようなマイホームを買うためにだ。そうしてそのちっぽけで狭い家を持つと、まるでいっぱしの資産家にでもなったつもりになって、中流意識という幻想のとりこになる。それ以来、澱んだ空気のように変化を求めず、現状維持をただただよしとし、世間の目というやつを気にしながら生きなければならないという、この日本の息苦しさにもう嫌気がさしたからだ。

過労死に象徴されるように、日本人はまるでアリのようにせわしなく働く。のんびりした田舎の風景は、海外をほっつき歩けばごくふつうに見ることができるのだが、この日本では、とっくに消え去ったか、今まさに消え去ろうとしている絶滅危惧種の風景だ。こんなせかせかしたところにいると、こっちまで変になりそうだ。こんなひどい日本なのに、海外に一度も住んだこともない奴にかぎって、「やっぱー、日本はサイコっす」などとほざく。

北朝鮮ミサイル騒動で思ったこと

3日前のことだ。北朝鮮が日本の上空にミサイルを発射したといって、職場で大騒ぎしていた。バカらし。本当に危ないと政府が考えてたら、パニックになることをなにより恐れて国民にそのことを知らせたりは決してしないよ。フクシマ原発事故で、放射能がどっちの方向に流れたかをいち早く掴んでいた政府が情報を開示しなかったことからもそれはよくわかる。ちょっとは学習したらどうか。善意・純情な日本人にはあきれかえるばかりだ。「善意、純情の犯す悪ほど困ったものはない。第一に退屈である。さらに最もいけないのは、彼らはただその動機が善意であるというだけの理由で、一切の責任は解除されるものとでも考えているらしい」(中野好夫)。

ホリエモンっていうのは「聡明な悪人」〈注〉だけれど、銭ゲバなところがあってぼくは好きになれないが、このことでこんなコメントを残した。このコメントが炎上したらしい。


 

商売人の彼は、世の中がどんなふうに動いているのかを知ろうとするための自分の羅針盤を持っているから、回りに流されることなく自分で判断したのだ。ただのカラ騒ぎだと。それに引き換え、自分で考えず周囲に同調することしかやったことがない善意・純情の日本人は、このカラ騒ぎに気付かないし、始末に困るのだ。「始末に困る」というのは、たとえば岩月弁護士のこのような指摘がその例である。
 

 

さらにもうひとつ。9月5日付北陸中日新聞「こちら特報部」の「好景気「水増し」の構図」という特集記事についていた「デスクメモ」から。

この人に賛同するとは思ってもみなかった。堀江貴文さん、先日のJアラートで「こんなんで起こすなクソ」と書き込んで、炎上した。北朝鮮と米国、日本の指導者らが緊張の糸を操っている。都合の悪いことを隠す狙いもちらつく。この国ではアベノミクスの失敗もその一つだろう。(牧)。

 
同感。というか、ぼくがここまで書いてきたことをうまくまとめてくれたかのようなデスクメモだ。ホント、日本人をやめられるならやめたくなるよ。

〈注〉「聡明な悪人」
由来ぼくの最も嫌いなものは、善意と純情との二つにつきる。考えてみると、およそ世の中に、善意の善人ほど始末に困るものはないのである。ぼく自身の記憶からいっても、ぼくは善意、純情の善人から、思わぬ迷惑をかけられた苦い経験は数限りなくあるが、聡明な悪人から苦杯を嘗めさせられた覚えは、かえってほとんどないからである。悪人というものは、ぼくにとっては案外始末のよい、付き合い易い人間なのだ。・・・それにひきかえ、善意、純情の犯す悪ほど困ったものはない。第一に退屈である。さらに最もいけないのは、彼らはただその動機が善意であるというだけの理由で、一切の責任は解除されるものとでも考えているらしい。(中野好夫)


 
【17・09・04】岩月弁護士のコメントを追記した。
【17・09・05】北陸中日新聞9月5日朝刊から引用する。
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市
電話番号:090-1314-0234

当事務所の立場

突然、交通事故にあわれた被害者は、怪我をされたり、車を破損などされたりして大変なことです。その損害の賠償をしてもらうために、これから、加害者そして加害者側の損保担当者を相手に示談交渉を進めなければならなくなります。しかし、交通事故は人生でそう何度も経験するわけではありません。なにをどのようにしたらいいのか途方に暮れてしまうのがふつうです。

ところが、事故被害者がまず相手にするのが加害者であり、そして、実際は加害者側損保の担当者です。損保の担当者はそのことで生計を立てているいわばプロであり、百戦錬磨で鍛えた知識と経験があります。かたや、知識も経験もほとんどない事故被害者。そんな素人がプロ相手にどのように交渉していったらいいのでしょうか。

交通事故に詳しい弁護士が知人にいるような幸運な方は別にして、たいていの方は途方に暮れてしまうことでしょう。一昔前は、素人とプロの交渉ごとということにふつうはなって、プロの思い描くストーリーどおりに押し切られるのがふつうでした。しかし、ネットが発達した現在、示談交渉を進める上での情報がネットを検索すればあふれかえっています。が、その情報は正しいものもあれば正しくないものもある。玉石混淆です。それらの情報に接した事故被害者にとって、どの情報が正しくて信頼できるのかがまずわかりづらいし、自分だけでは手に負えなくて、調査や交渉ごとをだれかに任せることも時に必要になってきます。が、ネット上には、われこそは事故被害者のためだと謳っているものばかりなので、実際にいったいだれを信頼したらいいのかわかりません。

知識とは中立なものであること

ここで注意してほしいのは、情報の正確さもさることながら、その情報(知識)そのものが中立なことです。

昔、東大卒が多い自民党が間違えるはずがないと豪語している自民党支持者に会ったことがあります。ぼくは苦笑するしかありませんでした。たしかに東大卒は勉強をいっぱいしているわけだから、その知識量も多くかつ正確だといえるかもしれません。ただ、知識それ自体はあくまで中立なものであり、どちらにも役に立つ武器なのです。したがって、その正確でたくさんの知識をどちらの側に使うかにある。わかりやすいたとえ話をしてみましょう。

知識は刀という武器と同じ

hitininnno
その昔、武士という職業が存在しました。この武士は帯刀を許された職業のことであり、刀の専門家です。殿様を頂点にして、殿様に雇用され、殿様を守るために武器である刀の技術を日夜みがいていた。

この武器である刀自体は殿様を守るためにも使えるし、農民に加勢して殿様に刃向かうためにも使えます。しかし、悲しいかな、現実は殿様を守るために使われた例が圧倒的に多く、農民に加勢するために使われた例など不幸にしてきわめて少なかった。ごく稀に後者のような武士が現れますが、こういう武士こそ庶民にとっての英雄であり、「七人の侍」はまさにそのようなタイプの武士たちでした。

利益が一致しているか相反しているかが重要

したがって、問題はその使い手自身にあります。使い手がどちらの側に立つかで知識もそれぞれの側の武器になる。そして、その使い手がどちらの側に立つかは双方の利益が一致するか相反するかでふつうは決まってきます。

この、肝心要のことを説明したサイトが皆無といっていいほどにみあたらないのは不思議なことです(というか、あえて否定しているサイトさえいくらでもみつかるくらいです)。

記事を読んでいただければたちどころにわかることですが、当事務所は「立場」を鮮明にしております。あえて鮮明にしているのは、人間や社会に対する見方は、その人自身の立場から自由にはならないからです。中立を装うことは考察を浅くし、論旨を不明確にする。「立場」のない「立場」などありようがない。当事務所の立場は、ぼく自身が社会的弱者であるため、弱者の立場に徹することです。ぼくのような弱虫は「七人の侍」のようには決してなれないけれど、せめてその心意気だけでも真似して、社会的強者に阿らないようにしたい。そういう気持ちで当サイトをたちあげました。よろしくです。

【当サイトご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る