後遺障害の相談には、ぜひセカンドオピニオンを実施してください

百聞は一見にしかず。後遺障害に関する本を何十冊読んでも、後遺障害業務をやられた方の体験談を何十回聞いても、実際に自分で一度やってみること、1つの経験が百聞よりも大切だということがあります。一度経験すると、ああすればよかったとか、ここが足りなかったとか、何か反省するものです。今度はこうしてやろうと、そこに創意工夫が生まれる。そういう気づきが大切なのだと思います。

では、後遺障害業務を一度だけでなく、月に5件やれたとして、年間60件。10年で600件ですが、これで多いかというと、ぼくに言わせれば少ない。1000件ならどうか。これでもやっぱり少ない。「少ない」となぜいえるのかというと、ぼくがこれまでにやった件数がだいたいそれくらいになるからです。1000件やって後遺障害の何たるかがわかっているのかというと、はっきり言ってあまり自信がない。まだまだダメだと思っています。損保人身担当者からみれば、まだまだだと言われるに決まっています。

では何件やったらいいのか。必ずしも件数だけではないと思いますが、それでも1500件くらいはやったほうがいいのではないかと思います。1500件もと思われる方が当然いらっしゃるかと思いますが、相手が日常的に後遺障害案件を数十件かかえている百戦錬磨の損保人身担当者だということを考えれば、それくらいの経験がないと不安です。

ところで、先に、必ずしも件数だけではないとぼくは述べました。というのも、百聞は一見にしかずの続きにこういう言葉があるそうです。

百聞は一見にしかず
(いくら人から聞いても、自分で見なければ本当のことはわからない)
百見は一考にしかず
(いくらたくさん見ても、考えなければ前に進まない)

 
経験が足りないところは、「考える」ことでカバーできるということです。ぼくのばあい、経験は十分とはいえないものの、そこそこあるのですが、あまり考えないでこれまでやってきた。もっと考えればよかったと、今さら嘆いてみても後の祭りです。そのツケが今になって回ってきて、ああ、せっかくの環境があったのに、もったいないことをした。もっと利用しておくべきだったと、すごく後悔しております。

ところで、後遺障害業務に関心があって、ぼくのブログを訪問していただいている方がいると思うのですが、ぼくの場合は現役でないため、過去のおぼろげな記憶を頼りに記事を書いていることのほうが多い。本当ならナマの情報をお届けしたいとの思いがたいへん強いのです。それで、後遺障害をふくめた相談を無料でやっています。ただし、電話やメールだけなので、直接相談者とお会いしたことはありません。そもそも、名前も住所も知らないことのほうが多い。そして、相談にのっていて、ときに、医師面談を実施するなど、ぼくならこうやるんだけれどなあと思うこともあります。こうやればもっと高い等級が望まれるのに残念だと思うことも少なくありません。しかし、相談者がだれかにすでに依頼している場合、横からしゃしゃり出てきて、ああだこうだと、限られた情報だけでものを言うのも、気がひけます。ただで相談にのっていて、そのことが原因で他の人から万が一恨まれでもしたら、まったくワリにあいません。

そうは言ってもナマの相談がぼくには一番ためになります。どうぞ、遠慮されずに相談されてください。ただし、ぼくの回答は遅れ気味だし、間違っているかもしれません。だから、常に、当方の言うことを鵜呑みにせずにセカンドオピニオンを実施してください。どなたかの意見と比較した上で結論を出してください。

また、日常後遺障害業務をやれている方で情報の交換がしたいという方がもしおられるようでしたら、メールなり電話なりしてください。ひとりよがりにならないために、情報は少ないよりも多くあったほうがいいと思います。横のつながりも大切です。お願いいたします。
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市
電話番号:090-1314-0234

電話・メールをされる前に、「お問い合わせ」欄を読んでくださいね。

当事務所の立場

突然、交通事故にあわれた被害者は、怪我をされたり、車を破損などされたりして大変なことです。その損害の賠償をしてもらうために、これから、加害者そして加害者側の損保担当者を相手に示談交渉を進めなければならなくなります。しかし、交通事故は人生でそう何度も経験するわけではありません。なにをどのようにしたらいいのか途方に暮れてしまうのがふつうです。

ところが、事故被害者がまず相手にするのが加害者であり、そして、実際は加害者側損保の担当者です。損保の担当者はそのことで生計を立てているいわばプロであり、百戦錬磨で鍛えた知識と経験があります。かたや、知識も経験もほとんどない事故被害者。そんな素人がプロ相手にどのように交渉していったらいいのでしょうか。

交通事故に詳しい弁護士が知人にいるような幸運な方は別にして、たいていの方は途方に暮れてしまうことでしょう。一昔前は、素人とプロの交渉ごとということにふつうはなって、プロの思い描くストーリーどおりに押し切られるのがふつうでした。しかし、ネットが発達した現在、示談交渉を進める上での情報がネットを検索すればあふれかえっています。が、その情報は正しいものもあれば正しくないものもある。玉石混淆です。それらの情報に接した事故被害者にとって、どの情報が正しくて信頼できるのかがまずわかりづらいし、自分だけでは手に負えなくて、調査や交渉ごとをだれかに任せることも時に必要になってきます。が、ネット上には、われこそは事故被害者のためだと謳っているものばかりなので、実際にいったいだれを信頼したらいいのかわかりません。

知識とは中立なものであること

ここで注意してほしいのは、情報の正確さもさることながら、その情報(知識)そのものが中立なことです。

昔、東大卒が多い自民党が間違えるはずがないと豪語している自民党支持者に会ったことがあります。ぼくは苦笑するしかありませんでした。たしかに東大卒は勉強をいっぱいしているわけだから、その知識量も多くかつ正確だといえるかもしれません。ただ、知識それ自体はあくまで中立なものであり、どちらにも役に立つ武器なのです。したがって、その正確でたくさんの知識をどちらの側に使うかにある。わかりやすいたとえ話をしてみましょう。

知識は刀という武器と同じ

hitininnno
その昔、武士という職業が存在しました。この武士は帯刀を許された職業のことであり、刀の専門家です。殿様を頂点にして、殿様に雇用され、殿様を守るために武器である刀の技術を日夜みがいていた。

この武器である刀自体は殿様を守るためにも使えるし、農民に加勢して殿様に刃向かうためにも使えます。しかし、悲しいかな、現実は殿様を守るために使われた例が圧倒的に多く、農民に加勢するために使われた例など不幸にしてきわめて少なかった。ごく稀に後者のような武士が現れますが、こういう武士こそ庶民にとっての英雄であり、「七人の侍」はまさにそのようなタイプの武士たちでした。

利益が一致しているか相反しているかが重要

したがって、問題はその使い手自身にあります。使い手がどちらの側に立つかで知識もそれぞれの側の武器になる。そして、その使い手がどちらの側に立つかは双方の利益が一致するか相反するかでふつうは決まってきます。

この、肝心要のことを説明したサイトが皆無といっていいほどにみあたらないのは不思議なことです(というか、あえて否定しているサイトさえいくらでもみつかるくらいです)。

記事を読んでいただければたちどころにわかることですが、当事務所は「立場」を鮮明にしております。あえて鮮明にしているのは、人間や社会に対する見方は、その人自身の立場から自由にはならないからです。中立を装うことは考察を浅くし、論旨を不明確にする。「立場」のない「立場」などありようがない。当事務所の立場は、ぼく自身が社会的弱者であるため、弱者の立場に徹することです。ぼくのような弱虫は「七人の侍」のようには決してなれないけれど、せめてその心意気だけでも真似して、社会的強者に阿らないようにしたい。そういう気持ちで当サイトをたちあげました。よろしくです。

【当サイトご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る