リンク(ブックマーク)先の承諾について

相談者にA先生とリンクされているのでと言われた

ここ1週間ばかりのことだが、後遺障害の相談だけでなく仕事の依頼を2件受けた。ひとつは視力障害。昨日のは椎間板ヘルニアだった。いずれも症状としてはかなり重篤で、立証に困難が伴うが上位等級が現状では望みにくいという共通点があった。そのため、何人もの弁護士に受任するのを断られたらしい。受けてくれる弁護士も中にはいるが、後遺障害が得意と本人は言うけれど、話していて、医学的知識・経験に欠けるのがわかるため、着手金目当てではないかなどと、いずれの相談者も弁護士不審をあらわにしていた。

切羽詰った様子なのが電話をとおしてでもよくわかった。なんとかしてあげたい気持ちにもなった。いずれの方も関係資料を送るから、いちど目を通しほしい。できるなら受任していただけないかというものだった。ぼくは、相談にはいつでも応じますが、受任はできません・・・と、お断りするしかなかった。

ところで、相談者の中に、ぼくのところに電話した理由として、A弁護士とリンク(ブックマーク)しているからだと言われた方がおられた。ぼくのサイトはぼくの名前が載っておらず、それで電話するか迷ったそうだ。A弁護士とリンクしているなら、信用してもいいと思ったという。ぼくはA弁護士の承諾もなく勝手にリンクしていたので、相談者にはそのように説明した。

リンク(ブックマーク)の理由

ぼくのサイト正面の一番下のところに、リンク(ブックマーク)一覧が載っている。ぼくが比較的よく訪問するところなため、自分の便宜のためにリンクした。もう1つの理由は、リンクしている先は、ぼくにとってはどれもとても参考になるすばらしいところなので、ぜひここを訪問される皆さんにも知ってほしいと思ったからである。ところが、先日の相談者にこのように言われたものだから、そんな効果もあるのだと知って驚いたしだいだ。

リンクに承諾が必要かどうか

リンクするのにリンク先の承諾が必要かどうかについては、一般的にはいらないとされている。そうはいうものの、ぼくのサイトが公序良俗に反するような、たとえばエロサイトにリンクされたらいやだから、公的なもの以外については、ネチケットとして、承諾を得たほうが得ないよりいいというのが一般的な考えではないだろうか。とりわけ、今回のような信用を特に重んじる弁護士などの「威」を利用する場合も考えられるから、承諾を得ておいたほうがいいだろう。今回のことをきっかけに、リンクしていたいずれも一流だとぼくが考える5人の弁護士のうちで、すでに承諾を得ていた2人の弁護士以外の、まだ承諾を得ていなかった3人の弁護士に、「もし不適当ということでしたら、即刻削除いたします」との承諾の可否の問合せを行った。

承諾の可否をもとめて

結果は、以下のとおり。

1件は快諾。
1件はいまのところ回答なし。
1件は「進んでリンクしてほしいとは思いませんが、勝手にリンクしていただくのは放置します」という回答だった。

無回答については、黙認されたものだと判断し、そのまま残すことにした。「進んでリンクしてほしいとは思いませんが、勝手にリンクしていただくのは放置します」については、当の弁護士はすでに故人であり、交通事故被害者の遺族の方が運営されているので、どうしようか迷ったが、やはりぼくのリンク先から削除することにした。

承諾をもとめる行為というのはかなり勇気がいる。承諾をもとめることによって、自分のサイトがどのようにみられているのかがわかるからである。一流の弁護士に快諾されると天にものぼらんくらいうれしくなる。無回答だと微妙な気持ちになるし、リンクされるのをあまり望まないと言われると、やはりショックだ。

しかし、しかたがない面もある。ぼくは元調査員というだけで何の資格もない。弁護士は行政書士でさえ警戒しているところがあると聞いたことがある。法に触れることをやるつもりはまったくないが、当サイトで書いてある内容をみると、ぼくのばあいは警戒されて当たり前だと思う。にもかかわらず、快諾していただいた諸先生方には感謝の気持ちしかない。

当サイトのリンク(ブックマーク)先の承諾概要

以上の作業を行った結果、当サイトのブックマーク先14件の承諾の有無については、以下のように分類できるようになった。

①承諾を得ているもの。4件。
②承諾を得ていないもの。10件。

承諾を得ていない②については、以下のように下位分類できる。

ⅰ承諾を得ていないが、以前からメール等を通しての知り合いなので、とくに承諾を必要としなかったもの。2件。

ⅱ承諾を得ようとしたものの、連絡がとれない・あるいはその方法が存在しない。2件。

ⅲ「もし不適当ということでしたら、即刻削除いたします」と承諾をもとめたが、無回答なもの。2件。

ⅳ 損害保険料率算定機構など承諾を特に必要としないもの。4件。
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市大聖寺弓町18 グランコート2F
電話番号:090-1314-0234

元保険調査員2名から始めた共同事務所。調査員時代の取り扱い件数は後遺障害2000件、交通事故5000件。概数ですが、実際はもっとあるかと思います。以前公開していた事務所の詳細や個人名は有料業務を行っていないので伏せることにしました(今更な気もしますが)。したがって、事故被害者の方も匿名で問合せていただいてもかまいません。ただし、電話番号非開示は一切うけつけません。

電話での問合せについては、事故被害者の方は匿名でけっこうなのですが、交通事故で「食っている」プロの方からの問合せについては、せめて名前と現住所をお知らせください。

後遺障害をふくめた交通事故に関する相談や記事に関する質問・感想等、気軽にご連絡ください。可能な範囲でお答えします。ただし、根拠を示さない批判や記事の削除要求は論外です。

最初、事業をやるつもりで立ち上げてみた当事務所。しかし、いろんな制約があることがわかり、当初の考えが甘すぎた。そのため、現状、有料業務は一切行っていません。仕事を別にしているので、とりあえずあくせくするつもりはない。これまでの経験と知識とを困っている事故被害者のために生かしてみたい。報酬さえ請求しなければ、いろんな制約からも解放される。

カネはいりません。その代わりといったらなんですが、自由にものを言わせていただく。この開放感が実にすばらしい。事業として成功するかどうかよりも、ぼくにとってこの開放感のほうがよほど大切なことです。しばらくは(ずうっとかも)このままボランティアでもいいかなあとまで思うに至りました。そのため、「料金表」も公開の必要がなくなり、閉鎖しました。「事務所の詳細」についても必要ないでしょう。事務所の所在地と電話番号(携帯ですが)は残すことにいたしました。

有料でないこととの引き換え条件として、持ち込まれた事故情報の2次使用をお許しください。2次使用といっても当サイトの記事として使うのみです。たとえば質問に対する回答というような記事です。個人名および個人名が特定されるような使い方は一切しません。

当サイトは中国語でも対応可能です。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。後遺障害に関する豊富な医療調査経験と中国語対応が可能なところがうちの強みです。電話がつながらなかったら、折り返しこちらから電話することがないため、時間をおいてまたお架けください。電話代だけは申し訳ありませんがそちらで負担してください。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

【当サイトご利用上の注意】
当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る