損保は駐車場内の事故をどうして50対50で処理したがるのか

「駐車場内の事故」は典型事故化されたが・・・

以下の記事は、判例タイムズ「過失相殺率の認定基準」全訂5版が出る前に書いた記事である。それまではいわゆる非典型事故だった「駐車場内の事故」が、全訂5版に新たに「駐車場内の事故」が加わったため、典型事故化された。そのため当記事の存在意義を喪失し、その役割は終えたものだと思っていたが、必ずしもそうではなかった。全訂5版が出てから以降も、駐車場の事故について損保はあいもかわらず50対50の主張をしていることがわかったこと、そのためか、当記事のアクセス数が依然として高いことから、旧ブログにあったものをここに再録することにした。

損保の不可解な行動

損保の行動には一見すると不可解なものがいくつか存在します。たとえば「損保は代車をなぜ認めたがらないのか」という記事をかつて書いたことありますが、そこでは、損保の「過失があると代車代は発生しない」は本質を糊塗するためのカモフラージュに過ぎず、損保が何を敬遠したがっているのかがはっきり見えたはずです。

この種の「一見不可解な行動」は他にもいくつかあります。今回とりあげる「損保は駐車場の事故だとどうして50対50で処理したがるのか」も、そのひとつです。どうして不可解なのかについてまずは論じてみましょう。

過失割合50対50の典型的なケース

過失割合が50:50になる事故とは、いったいどういうものがあるのかご存知でしょうか。ひとつは信号のある交差点の出会い頭衝突事故で双方青・青主張の場合です。双方が青・青ということはありえず、どちらかが勘違いしているかウソをついているかです。このようなケースだと、通常は目撃者がいなければ結局どちらが青でどちらが赤なのかはわかりません。そのときは仕方ないので50:50で処理するしかありません。もう1つが道路のセンター付近での対向車同士の衝突事故です。これもどちらがセンターを越えたのかわからない場合があります。この場合もわからないのでやはり50:50で処理するしかありません。

理屈に合わない駐車場内の過失割合

50:50で処理する場合がもう1つあって、それは駐車場内の事故です。これはわからないことを理由にしての50:50ではありません。理由は道交法の適用がないからというのが損保の決まって持ち出す理由です。でも、判例では駐車場の事故であっても不特定多数の者が通行可能なら道交法の適用を受けるとしているし、仮に道交法の適用をうけないケースだったとしても、だからどうして50:50になるのかさっぱりわかりません。現に、判例では道交法の適用がなくても不法行為法により過失の大・小で解決しています。道交法の適用を受けないことを理由に50:50を基本とした判例などもちろん皆無でした。

特記

たとえば東京三弁護士会交通事故処理委員会が出版した「寄与度と非典型過失相殺―判例分析」では、「過失相殺基準」(判例タイムズの基準本のこと)が「適用」されない駐車場における事故の過失相殺率・過失割合を決定するにあたって、注意義務違反ないし不注意の程度や駐車場管理者の設定した通行方法の指示・遵守事項違反の有無を斟酌することはもちろん、優者の危険負担や幼児・児童・高齢者・障害者等の要保護者修正等も斟酌事由として考慮されるべきであろう」としている。


 
ああ、それなのにどうして、損保は50:50にこだわるのか。インターネットで「駐車場内の事故 過失割合 50」で検索するとその具体例が出るわ出るわ。以下がその検索結果です。特徴だけ拾いましたので、まずは見てください。

50対50の例

(1)駐車場内の交差点内出合い頭事故。広路・狭路。右側面、正面。 相談者側はバイクで広路側。相手自動車。相手損保より50対50主張される。

 

(2)駐車場内の通路上の事故。停止車と後退車。車対車。 相手損保より50対50と主張される。

 

(3)通路側走行車と駐車スペースからの発進車の事故。右側面対正面。50対50。双方同じ損保。

 

(4)交差点の出会い頭事故。相手側に停止線あり。双方同じ損保。50対50を主張される。公道でないから。

 

(5)T字路交差点での出会い頭事故。直線側が相談者。相手損保は契約者が50対50を主張している。自分の損保はそのためそれで示談するしかないとする。→「相手が修理しないことになったので、私はもう対応できない。今後は相手の保険会社と直接話してもらうことになる。保険会社対個人ではこれ以上は難しい。あまりゴネると相手の保険会社が支払いを拒否することもありますよ」。

 

(6)通路で停止中、 駐車スペースからの相手バック車との事故。相手より停止中でなかったとの主張あり 自損保より駐車場だから50対50を主張される。

 

(7)通路停止対駐車スペースからのバック車の事故。相手損保50対50主張。

 

(8)通路徐行車対駐車スペースからのバック車と事故。相手損保50対50主張。

 

(9)駐車スペースからの左折停止車と通路バック車の事故。相手損保より50対50を主張される。

 

(10)駐車スペースにはいるためのバック車と横スペースからのバック発進車との事故。相手損保より50対50を主張。道交法の適用がないから。

 
駐車場内の事故だからといって、全部が全部、損保は50:50を主張しているわけではありません。上に挙げた例は10例にすぎないし、もっと多くの例を集めればあるいはそこに法則性というか一般化もあるいは可能かもしれませんが、わずか10例とはいえ、ある種の傾向はうかがえそうです。そのことについてだれか論じていないだろうかとインターネットで検索してみたのですが、道交法の適用を受けないからといって50:50で処理するのはおかしいと疑問を呈するものはいくつかあったものの、じゃ、にもかかわらず、損保はどうして50:50にこだわるのか。その疑問に答えたものはひとつも見つかりませんでした。ていうか、そういう疑問さえ思いつかないようです。

ぼくの妄想

繰り返します。損保はどうして50:50にこだわるのか。ここから以下はぼくの推測です。損保にとっては50:50で処理しても損には全然ならないからなのではないでしょうか。むしろ得する。そんなはずがないと思われるかもしれませんが。

たしかに一つ一つの事故で考えるのなら、過失は小さいほうがいいに決まっているし、逆に過失が大きいのは損です。しかし、1つの事故としてそうはいえても、100件ならどうか、1000件ならどうか、10000件ならどうか。・・・

損保の立場になって考えてみたとき、保険契約者は加害者になることもあるし、被害者になることもあります。結局のところ事故件数が増えれば増えるほど、その加害者・被害者の割合は50:50の同率に限りなく近づいていくし、したがって、過失割合もまた50:50に限りなく近づき、収斂していくことになります。

つまりは、損保は一律に50:50で処理できるのなら、過失割合を決めるための余分な人件費もいらないし、過失割合の争いについて保険調査会社への調査費用もかかりません。もし可能なら全案件を50:50で処理できることが理想ということになります。しかし、駐車場以外の事故だと道交法の適用がないなんて屁理屈は使えません。第一、過失の大小が明白なケースまで50:50では事故被害者が納得しないでしょう。

ただ、これには大きな前提条件が必要になります。相手損保も自分の加入する損保と同じならその必要はありませんが、通常は相手側の損保は自分の加入している損保と同じではありません。そのため、相手損保もまた駐車場内の事故は50:50で処理するという暗黙の了解というか、足並みをそろえてもらわないとダメなことです。

損保が駐車場の事故を50:50で処理したがるのはたぶんこういった理由なのではないかとぼくは強く疑っています。駐車場内の事故は比較的軽微な事故が多いですし、通常の事故と比べて、過失割合をどうするかなど処理にテマヒマがかかります。駐車場内の事故は査定泣かせの事故なんですね。それなら、いっそのこと50:50で処理してしまえ。・・・とぼくは考えているのですが、うがちすぎでしょうか。お前の妄想だと言われたらそれまでですが、だったらそれ以外の納得できる理由をどなたかご教示していただけると大変ありがたいです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市
電話番号:090-1314-0234

電話・メールをされる前に、「お問い合わせ」欄を読んでくださいね。

当事務所の立場

突然、交通事故にあわれた被害者は、怪我をされたり、車を破損などされたりして大変なことです。その損害の賠償をしてもらうために、これから、加害者そして加害者側の損保担当者を相手に示談交渉を進めなければならなくなります。しかし、交通事故は人生でそう何度も経験するわけではありません。なにをどのようにしたらいいのか途方に暮れてしまうのがふつうです。

ところが、事故被害者がまず相手にするのが加害者であり、そして、実際は加害者側損保の担当者です。損保の担当者はそのことで生計を立てているいわばプロであり、百戦錬磨で鍛えた知識と経験があります。かたや、知識も経験もほとんどない事故被害者。そんな素人がプロ相手にどのように交渉していったらいいのでしょうか。

交通事故に詳しい弁護士が知人にいるような幸運な方は別にして、たいていの方は途方に暮れてしまうことでしょう。一昔前は、素人とプロの交渉ごとということにふつうはなって、プロの思い描くストーリーどおりに押し切られるのがふつうでした。しかし、ネットが発達した現在、示談交渉を進める上での情報がネットを検索すればあふれかえっています。が、その情報は正しいものもあれば正しくないものもある。玉石混淆です。それらの情報に接した事故被害者にとって、どの情報が正しくて信頼できるのかがまずわかりづらいし、自分だけでは手に負えなくて、調査や交渉ごとをだれかに任せることも時に必要になってきます。が、ネット上には、われこそは事故被害者のためだと謳っているものばかりなので、実際にいったいだれを信頼したらいいのかわかりません。

知識とは中立なものであること

ここで注意してほしいのは、情報の正確さもさることながら、その情報(知識)そのものが中立なことです。

昔、東大卒が多い自民党が間違えるはずがないと豪語している自民党支持者に会ったことがあります。ぼくは苦笑するしかありませんでした。たしかに東大卒は勉強をいっぱいしているわけだから、その知識量も多くかつ正確だといえるかもしれません。ただ、知識それ自体はあくまで中立なものであり、どちらにも役に立つ武器なのです。したがって、その正確でたくさんの知識をどちらの側に使うかにある。わかりやすいたとえ話をしてみましょう。

知識は刀という武器と同じ

hitininnno
その昔、武士という職業が存在しました。この武士は帯刀を許された職業のことであり、刀の専門家です。殿様を頂点にして、殿様に雇用され、殿様を守るために武器である刀の技術を日夜みがいていた。

この武器である刀自体は殿様を守るためにも使えるし、農民に加勢して殿様に刃向かうためにも使えます。しかし、悲しいかな、現実は殿様を守るために使われた例が圧倒的に多く、農民に加勢するために使われた例など不幸にしてきわめて少なかった。ごく稀に後者のような武士が現れますが、こういう武士こそ庶民にとっての英雄であり、「七人の侍」はまさにそのようなタイプの武士たちでした。

利益が一致しているか相反しているかが重要

したがって、問題はその使い手自身にあります。使い手がどちらの側に立つかで知識もそれぞれの側の武器になる。そして、その使い手がどちらの側に立つかは双方の利益が一致するか相反するかでふつうは決まってきます。

この、肝心要のことを説明したサイトが皆無といっていいほどにみあたらないのは不思議なことです(というか、あえて否定しているサイトさえいくらでもみつかるくらいです)。

記事を読んでいただければたちどころにわかることですが、当事務所は「立場」を鮮明にしております。あえて鮮明にしているのは、人間や社会に対する見方は、その人自身の立場から自由にはならないからです。中立を装うことは考察を浅くし、論旨を不明確にし、自己を無責任な立場に置くことになる。「立場」のない「立場」などありようがない。当事務所の立場は、ぼく自身が社会的弱者であるため、弱者の立場に徹することです。ぼくのような弱虫は「七人の侍」のようには決してなれないけれど、せめてその心意気だけでも真似して、社会的強者に阿らないようにしたい。そういう気持ちで当サイトをたちあげました。丸山真男のことばを最後に引用しておきます。

丸山真男から

ゲーテは「行動者は常に非良心的である」といっておりますが、私たちが観照者、テオリア(見る)の立場に立つ限り、この言葉には永遠の真実があると思います。つまり完全にわかっていないものをわかったとして行動するという意味でも、また対立する立場の双方に得点と失点があるのに、決断として一方に与するという意味でも、非良心的です。にもかかわらず私たちが生きていく限りにおいて、日々無数の問題について現に決断を下しているし、また下さざるを得ない。純粋に観照者の立場、純粋にテオリアの立場に立てるものは神だけであります。その意味では神だけが完全に良心的であります。

私たちの社会というものは、私たちの無数の行動の網と申しますか、行動の組合せから成り立っております。社会がこうして私たちの行動関連から成り立つ限りにおいて、私たちは行動あるいは非行動を通じて他人に、つまり社会に責任を負っています。その意味では純粋に「見る」立場、ゲーテの言う意味での完全に良心な立場というものは、完全に無責任な立場ということになります。

したがってこの点でも神だけが、完全に無責任でありうるわけであります。認識することと決断することとの矛盾中に生きることが、私たち神でない人間の宿命であります。私たちが人間らしく生きることは、この宿命を積極的に引き受け、その結果に責任を取ることだと思います。この宿命を自覚する必要は行動関連が異常に複雑になった現代においていよいよ痛切になってきたのです。

世のなかには一方では、認識の過程の無限性に目をふさぎ、理論の仮説性を忘れる独断主義者もいれば、またそもそも認識の意味自体を頭から蔑視する肉体的行動主義者がいます。しかし他方その半面では、物事はそう簡単にはイエスかノーかきめられないのだ、もっとよく研究してからでなければなんともいえないという名目の下に、いつも決断を回避することが学者らしい態度だという考え方がかなり強い。

あるいは対立する政治的争点に対して、あれももっとも、これももっとも、逆にそれを裏返しとして、あれもいけない、これもいけないということで、結局具体的な争点に対して明瞭な方向性を打ち出すことを避ける態度をもって、良識的であるとか、不偏不党であるとか考える評論家やジャーナリストもかなりいるようであります。

たびたびゲーテの言葉を引いて恐縮ですが、ゲーテはこういうことをいっています。「自分は公正であることを約束できるけれども、不偏不党であるということは約束できない。」今申しましたような世上いわゆる良識者は対立者に対してフェアであるということを、どっちつかずということと混同しているのではないでしょうか。
「現代政治の思想と行動」丸山真男 P452-454

【当サイトご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

なお、当サイトは中国語でも対応可能である。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る