追突か逆突か

ドライブレコーダーをつけておけばよいと今さら言われても

追突か逆突か。Aさんいわく。車を停めていたら、後続車のB車に追突された。Bさんいわく、いや違う。こちらが停止していたら、前にいたA車がバックしてきて、逆突された。どっちが本当なのか、こんな調査をぼくも何度かやったことがある。事故状況はこのように両者まったく正反対なのだから、両者の主張をどれほど仔細に聞いてもいつまでいっても平行線である。決定打にならない。

こういう場合どちらの主張が正しいのかをどのようにして見分けるのか。その見分け方がネットに載っていないか調べていたら、そういうときに備えてドライブレコーダーを設置しておくべしとアドバイスしているサイトがあった。最初からドライブレコーダーを設置していたらそもそも追突か逆突かで紛糾しないわけだから、こういうのって、ただの余計なお世話じゃないかと思った。ドライブレコーダーがあれば問題にならなかったわけだし、なかったから問題になっているわけだから、追突か逆突かで現に困っている人に対しては有効なアドバイスにならない。

精査して解決したとも書いてあったのだけれど、どんなふうに精査したのか、そこがいちばん知りたいわけである。ぼくもそこが知りたかった。ところが、肝心要のことが何も書かれていなかった。別に、伏せるほどのノウハウでもないと思うのだけれど。

技術アジャスターの話だと消去法をとるらしい

追突事故か逆突事故かの判断は、一般的にいって難しい。こうしたばあい技術アジャスターはどのようにして判断しているのか。ぼくはこの調査にとりかかる前に、ちょっとそのことに詳しい知り合いに聞いてみたことがある。そしたら、追突なのか逆突なのか、どちらかの可能性を否定する、いわゆる消去法をとるということだった。なるほどね。さすが、餅は餅屋だ。すなわち、逆突されたと主張する側は、自車の追突の可能性を否定することで、相手側の逆突を証明するというやり方だ。追突されたと主張する側は、自車の逆突の可能性を否定することで、相手側の追突を証明するということになる。これなら、立証責任の負担が軽くなりそうだ。

具体的着眼点は

具体的着眼点は、ブレーキ痕やノーズダイブ(注1)からくる衝突位置以外に、ガラス破損の落下位置とかラジエータコアのかじり傷の有無(注2)、ステアリング・ハンドルの曲がり、運転者の負傷部位なども参考にしろということだった。ぼくの調査はこの着眼点で追突か逆突かがわかったことがあったけれど、ある種の条件下でないとこの手の着眼点は有効でない。

それでもわからない場合もある

すなわち、これらは比較的かなり大きな事故についてはいえる。しかし、比較的軽微な事故の場合、追突事故の場合に生じる運転者がハンドルにぶつかることによって生じるステアリング・ハンドルの曲がりや運転者の負傷部位というのはあまり期待できそうにない。またラジエータコア内のかじり傷についても、かなりの衝撃が加わった事故でないとラジエータにまで被害が波及しないし、ファンのかじり痕が残っているかどうかでその車のエンジンがかかっていたかどうかを証明するのだが、たとえば信号待ちの停止中の事故だったら、一時停止するごとにエンジンを切るようなことはやらないわけだから、この場合も参考にならない。ノーズダイブだって、急制動していないと起きない。

(注1)

ノーズダイブ
急ブレーキを踏むと、車の重心はサスペンションばねより高い位置にあるので、車体は慣性のために前方へピッチング回転し、フロントサスペンションは縮み、リヤサスペンションは伸びて、過渡的に前かがみの状態になる。このことをノーズダイブnose diveという。

 

(注2)

ラジエータコア内のかじり傷
車は、機構上、作動中に動く部分と、固定静止している部分がある。作動中に衝突したときと、静止中に衝突したときとでは、破損状況が異なることになる。

たとえば、ラジエータ・コアとクーリング・ファンとの関係では、エンジンが作動中にはファンが回っており、衝突によって、その両者が接触すれば、ファンの回転によって円形のかじり傷が生じる。その反対に、エンジンが作動していないときは、ファン・ボスによる損傷となる。

最近の車は金属製のファンではなく、プラスチック製なので、ラジエータ・コアにはあまり鮮明な円形の痕跡を残さないが、このような場合でも、ファンの縁にガサガサしたささくれが認められる。また、サーモ・カップリング(スリップ・ファン)では、かじり傷がほとんど付かないことにも注意されたし。

なお、ここまでの記述はやや古い資料をもとに書いている。たとえばラジエータ・コアはかつては金属製だったが現在はアルミ製なので、その点の修正が必要である。要は、作動中に動く部分と、固定静止している部分があるから、そこに目をつけろということだ。

破損状況でわかることもある

このような条件に左右されないやり方、左右されないといってしまうと言い過ぎになるので、左右されにくいやり方もある。損保の技術アジャスターの研修機関である自研センターというところで、この追突か逆突かを、車の破損状況から見分ける方法について講師の先生がおっしゃっていた。でも、ぼくにはちょっとむずかしくてあまり理解できたとはいえない。講師が例に出した事例については理解できたつもりだが、応用がきかないというか、その自信がないのである。テキストがあるので、車の修理の専門家に相談しながらなら、ぼくでもなんとか対応できるかもしれないが、正直にいうと、実地不足なのだ。この道の専門家にかかると、車の破損状況を一目見るだけでわかるらしい。

以上、技術アジャスターのお話でした。

餅は餅屋

ノウハウの一部についてご紹介した。でも、しょせんは机上のこと、経験のない人がぼくのこの1文を読んで実際にできるかといったら、かなりあやしいと、ぼくは思う。その結果、追突か逆突かわからなくて、痛みわけの判断をされてしまうにちがいない。

餅は餅屋。何事においても、それぞれの専門家にまかせるのが一番である。調査なら調査経験の豊富な人にとぼくは思うのだけれど、まだまだこのことの重要性が認知されておらず、調査員の地位はきわめて低い。それで、事故被害者はすごく損をしていると思う。
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市
電話番号:090-1314-0234

電話・メールをされる前に、「お問い合わせ」欄を読んでくださいね。

当事務所の立場

突然、交通事故にあわれた被害者は、怪我をされたり、車を破損などされたりして大変なことです。その損害の賠償をしてもらうために、これから、加害者そして加害者側の損保担当者を相手に示談交渉を進めなければならなくなります。しかし、交通事故は人生でそう何度も経験するわけではありません。なにをどのようにしたらいいのか途方に暮れてしまうのがふつうです。

ところが、事故被害者がまず相手にするのが加害者であり、そして、実際は加害者側損保の担当者です。損保の担当者はそのことで生計を立てているいわばプロであり、百戦錬磨で鍛えた知識と経験があります。かたや、知識も経験もほとんどない事故被害者。そんな素人がプロ相手にどのように交渉していったらいいのでしょうか。

交通事故に詳しい弁護士が知人にいるような幸運な方は別にして、たいていの方は途方に暮れてしまうことでしょう。一昔前は、素人とプロの交渉ごとということにふつうはなって、プロの思い描くストーリーどおりに押し切られるのがふつうでした。しかし、ネットが発達した現在、示談交渉を進める上での情報がネットを検索すればあふれかえっています。が、その情報は正しいものもあれば正しくないものもある。玉石混淆です。それらの情報に接した事故被害者にとって、どの情報が正しくて信頼できるのかがまずわかりづらいし、自分だけでは手に負えなくて、調査や交渉ごとをだれかに任せることも時に必要になってきます。が、ネット上には、われこそは事故被害者のためだと謳っているものばかりなので、実際にいったいだれを信頼したらいいのかわかりません。

知識とは中立なものであること

ここで注意してほしいのは、情報の正確さもさることながら、その情報(知識)そのものが中立なことです。

昔、東大卒が多い自民党が間違えるはずがないと豪語している自民党支持者に会ったことがあります。ぼくは苦笑するしかありませんでした。たしかに東大卒は勉強をいっぱいしているわけだから、その知識量も多くかつ正確だといえるかもしれません。ただ、知識それ自体はあくまで中立なものであり、どちらにも役に立つ武器なのです。したがって、その正確でたくさんの知識をどちらの側に使うかにある。わかりやすいたとえ話をしてみましょう。

知識は刀という武器と同じ

hitininnno
その昔、武士という職業が存在しました。この武士は帯刀を許された職業のことであり、刀の専門家です。殿様を頂点にして、殿様に雇用され、殿様を守るために武器である刀の技術を日夜みがいていた。

この武器である刀自体は殿様を守るためにも使えるし、農民に加勢して殿様に刃向かうためにも使えます。しかし、悲しいかな、現実は殿様を守るために使われた例が圧倒的に多く、農民に加勢するために使われた例など不幸にしてきわめて少なかった。ごく稀に後者のような武士が現れますが、こういう武士こそ庶民にとっての英雄であり、「七人の侍」はまさにそのようなタイプの武士たちでした。

利益が一致しているか相反しているかが重要

したがって、問題はその使い手自身にあります。使い手がどちらの側に立つかで知識もそれぞれの側の武器になる。そして、その使い手がどちらの側に立つかは双方の利益が一致するか相反するかでふつうは決まってきます。

この、肝心要のことを説明したサイトが皆無といっていいほどにみあたらないのは不思議なことです(というか、あえて否定しているサイトさえいくらでもみつかるくらいです)。

記事を読んでいただければたちどころにわかることですが、当事務所は「立場」を鮮明にしております。あえて鮮明にしているのは、人間や社会に対する見方は、その人自身の立場から自由にはならないからです。中立を装うことは考察を浅くし、論旨を不明確にし、自己を無責任な立場に置くことになる。「立場」のない「立場」などありようがない。当事務所の立場は、ぼく自身が社会的弱者であるため、弱者の立場に徹することです。ぼくのような弱虫は「七人の侍」のようには決してなれないけれど、せめてその心意気だけでも真似して、社会的強者に阿らないようにしたい。そういう気持ちで当サイトをたちあげました。丸山真男のことばを最後に引用しておきます。

丸山真男から

ゲーテは「行動者は常に非良心的である」といっておりますが、私たちが観照者、テオリア(見る)の立場に立つ限り、この言葉には永遠の真実があると思います。つまり完全にわかっていないものをわかったとして行動するという意味でも、また対立する立場の双方に得点と失点があるのに、決断として一方に与するという意味でも、非良心的です。にもかかわらず私たちが生きていく限りにおいて、日々無数の問題について現に決断を下しているし、また下さざるを得ない。純粋に観照者の立場、純粋にテオリアの立場に立てるものは神だけであります。その意味では神だけが完全に良心的であります。

私たちの社会というものは、私たちの無数の行動の網と申しますか、行動の組合せから成り立っております。社会がこうして私たちの行動関連から成り立つ限りにおいて、私たちは行動あるいは非行動を通じて他人に、つまり社会に責任を負っています。その意味では純粋に「見る」立場、ゲーテの言う意味での完全に良心な立場というものは、完全に無責任な立場ということになります。

したがってこの点でも神だけが、完全に無責任でありうるわけであります。認識することと決断することとの矛盾中に生きることが、私たち神でない人間の宿命であります。私たちが人間らしく生きることは、この宿命を積極的に引き受け、その結果に責任を取ることだと思います。この宿命を自覚する必要は行動関連が異常に複雑になった現代においていよいよ痛切になってきたのです。

世のなかには一方では、認識の過程の無限性に目をふさぎ、理論の仮説性を忘れる独断主義者もいれば、またそもそも認識の意味自体を頭から蔑視する肉体的行動主義者がいます。しかし他方その半面では、物事はそう簡単にはイエスかノーかきめられないのだ、もっとよく研究してからでなければなんともいえないという名目の下に、いつも決断を回避することが学者らしい態度だという考え方がかなり強い。

あるいは対立する政治的争点に対して、あれももっとも、これももっとも、逆にそれを裏返しとして、あれもいけない、これもいけないということで、結局具体的な争点に対して明瞭な方向性を打ち出すことを避ける態度をもって、良識的であるとか、不偏不党であるとか考える評論家やジャーナリストもかなりいるようであります。

たびたびゲーテの言葉を引いて恐縮ですが、ゲーテはこういうことをいっています。「自分は公正であることを約束できるけれども、不偏不党であるということは約束できない。」今申しましたような世上いわゆる良識者は対立者に対してフェアであるということを、どっちつかずということと混同しているのではないでしょうか。
「現代政治の思想と行動」丸山真男 P452-454

【当サイトご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

なお、当サイトは中国語でも対応可能である。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る