T字路交差点での左折車同士や右折車と左折車の事故の過失割合

T字路交差点の事故類型

T字路交差点で発生する事故にどのようなものがあるのか、そのすべての類型を以下に挙げる。

①突き当たり路からの左折車と右方交差道路からの直進車

 
 
②突き当たり路からの左折車と左方交差道路からの直進車

 
 
③突き当たり路からの右折車と右方交差道路からの直進車

 
 
④突き当たり路からの右折車と左方交差道路からの直進車

 
 
⑤突き当たり路からの左折車と右方交差道路からの左折車

 
 
⑥突き当たり路からの左折車と左方交差道路からの右折車

 
 
⑦突き当たり路からの右折車と右方交差道路からの左折車

 
 
⑧突き当たり路からの右折車と左方交差道路からの右折車

 
 
以上の8類型である。

判例タイムズ未掲載の事故類型

ところが、判タではそのうちの①②③④⑧しか載っていない。つまり、⑤⑥⑦が完全に抜けているのである。(判例タイムズ掲載の事故については下にその箇所を貼り付けたが、詳細についてはネット検索すればすぐにいくつも見つかるので、そちらで確認してほしい)。

hannta01

hannta02

これはどうしたことだろうか。

判タで出ているのは交点が生じる事故だけ

その理由は、図に両車両の通常の進路軌道を描いていただくとわかりやすい。前者については、必ず交差する。すなわち、どちらかに優先劣後の関係をつけないと必ず交差(衝突)するわけである。たとえばこの図をみたらわかるだろう。
koutenn
koutenn02

しかし、後者については、通常の進路軌道を走行している限り決して交差せず、衝突しない。本来は衝突しようのない事故なのだ。このような事故を「交点の生じない事故」と呼んでいる。判タに掲載されている事故は、交点が生じる事故に限られる。

交点の生じない事故

「交点の生じない事故」は判タの「過失認定本」に載っていないため、別の事故類型に属することになる。したがって判タの適用ももちろん許されない。これらは通常の進路軌道を走行している限り決してクロス(衝突)しない事故であり、これが衝突するということはどちらかが相手車線上に進入したことが原因である。

さて、これらの前提知識から以下の相談に対してどう答えるか。

(相談)

T字路交差点で、相手車は突き当たり路から左折し、当方は直線路から突き当たり路へ右折し、衝突した。自車側は優先道路だった。ところが、判例タイムズの過失割合本にはこのような事故形態が載っていない。過失割合はどうなるのか。

(回答)

本件事故は判タの過失割合本が掲げているような典型事故に該当せず、その意味で非典型事故である。すなわち、今回のケースは⑥に該当し、したがって両車両は交点が生じないため、両車両間に優先劣後の関係は原則として生じない。

優先劣後の関係が必要になるのは、通常の進路軌道を走行していると必ずクロスしてしまう関係にある場合だ。クロスするからこそどちらかを優先させ、どちらかを劣後させる。しかし、「交点が生じない事故」は通常に運転している限りクロスが生じないのだから、そもそも双方に優先劣後の関係を作る必要がない。繰り返すが、双方の車が双方の車線内を走行している限り、双方は決してクロスすることがないからだ。

ということは、「交点が生じない事故」の場合、相談者側が優先道路を走行していたという事情は、そのことで相手に対する優位性を主張できる理由に原則としてならないということだ。この主張については反対意見もある。優先道路側に優先性を認める見解である。しかし、その理由がはっきりしない。優先道路だから優先なのだというトートロジに陥っているだけで、どうして優先・劣後の関係をつくり出す必要があったのかについて、ぼくがこれまで見た範囲では明確に答えようとしていない。繰り返すが、優先・劣後の関係が必要なのは、そのままだとぶつかってしまうから、ぶつからないようにするために、その間に優劣をつくり出す必要があるからだ。そのままだとぶつかりようもない関係にまで優先道路であることを理由に優先性ありとするのはおかしい。たとえばこんな事故だったらどうだろう。黄色車が内回り右折をして赤色車と衝突したばあい、黄色車が優先道路側だから、過失が小さいなんてありえないだろう。
 
koutenn009
 
どちらが正解なのかは判例の検討を要するので後述したい。

ここまで読まれてお気づきになられた方がいるかもしれない。そう。「交点が生じない事故」は他にもあるのだ。すなわち、②も交点が生じないのである。

T字路交差点事故のまとめ

以上を整理すると以下のようになる。

判タの取り上げているT字路交差点における典型事故は①③④⑧だけである。それ以外の②⑤⑥⑦は「交点が生じない事故」ということになり、判タの想定外の事故であり非典型事故である。判例も、②⑤⑥⑦については判タの適用を除外している。

では、このようなケースだと具体的にどのような過失割合になるのか。ネットで調べてみたところ、②については判タの適用があるなどと間違った解説をしている例がほとんどだった。⑤⑥⑦については言及さえされていなかった。結論は判例を調べるしかないが、以下がその結果である。

交点が生じない事故の判例

②のケースについて。

突き当たり路から左折したバスに左方交差道路(優先道路かどうかは不明)を直進してきた原付が衝突した事故について原付側に50センチのセンターオーバーがあったことを理由に50対50の過失割合と認定した例(千葉地裁昭和56年12日判決)。

直進側が優先道路であることから判タのT字路交差点の基本10対90の主張ということになるが、判タの適用を退け、直進側の過失100とした平成5年3月22日東京本部裁定例がある。このケースは、直進車側に追い越しのため右側はみ出し禁止道路ではみ出して先行車の追い越しを行い、その結果、突き当たり路からの左折車と衝突した事例である。

では、今回の⑥に該当する右折車と左折車の場合はどうなるか。このケースはどちらが相手車線に進入したかがはっきりしないことが多い。参考にした事例が一つなのではっきりしたことはいえないが、このような場合の判例の態度としては、50対50を基本にして、速度や車体の幅などを勘案して過失割合を決定しているようにみえる。

(補足)
調べた参考例が少ないため、調べてさらに判例を追加予定。何年も前に書いた文章に若干の加筆を行っただけなので、判例を追加したうえで、さらに加筆できたらと思う。また、交点が生じないとかいうのは一般的な用語ではないため(事故鑑定人の林洋氏など一部が唱えているだけである)、批判もあるだろうし、ぼく自身も考えが固まっているわけではない。おかしいと思うのでしたら、建設的批判をお願いいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市大聖寺弓町18 グランコート2F
電話番号:090-1314-0234

元保険調査員2名から始めた共同事務所。調査員時代の取り扱い件数は後遺障害2000件、交通事故5000件。概数ですが、実際はもっとあるかと思います。以前公開していた事務所の詳細や個人名は有料業務を行っていないので伏せることにしました(今更な気もしますが)。したがって、事故被害者の方も匿名で問合せていただいてもかまいません。ただし、電話番号非開示は一切うけつけません。

電話での問合せについては、事故被害者の方は匿名でけっこうなのですが、交通事故で「食っている」プロの方からの問合せについては、せめて名前と現住所をお知らせください。

後遺障害をふくめた交通事故に関する相談や記事に関する質問・感想等、気軽にご連絡ください。可能な範囲でお答えします。ただし、根拠を示さない批判や記事の削除要求は論外です。

最初、事業をやるつもりで立ち上げてみた当事務所。しかし、いろんな制約があることがわかり、当初の考えが甘すぎた。そのため、現状、有料業務は一切行っていません。仕事を別にしているので、とりあえずあくせくするつもりはない。これまでの経験と知識とを困っている事故被害者のために生かしてみたい。報酬さえ請求しなければ、いろんな制約からも解放される。

カネはいりません。その代わりといったらなんですが、自由にものを言わせていただく。この開放感が実にすばらしい。事業として成功するかどうかよりも、ぼくにとってこの開放感のほうがよほど大切なことです。しばらくは(ずうっとかも)このままボランティアでもいいかなあとまで思うに至りました。そのため、「料金表」も公開の必要がなくなり、閉鎖しました。「事務所の詳細」についても必要ないでしょう。事務所の所在地と電話番号(携帯ですが)は残すことにいたしました。

有料でないこととの引き換え条件として、持ち込まれた事故情報の2次使用をお許しください。2次使用といっても当サイトの記事として使うのみです。たとえば質問に対する回答というような記事です。個人名および個人名が特定されるような使い方は一切しません。

当サイトは中国語でも対応可能です。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。後遺障害に関する豊富な医療調査経験と中国語対応が可能なところがうちの強みです。電話がつながらなかったら、折り返しこちらから電話することがないため、時間をおいてまたお架けください。電話代だけは申し訳ありませんがそちらで負担してください。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

【当サイトご利用上の注意】
当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る