停止待機中だと主張した場合の判例と過失割合

停止待機中の車にぶつかったとき

前回の相談者の話のつづきなのだけれど、この件にかぎらず、停止待機中の車に相手車がぶつかってきたということで、停止車側が自分のほうは過失ゼロ主張するのに対し、相手側は停止中でなかった、動いていたと主張したり、仮に停止中だったとしてもいわゆる直前停止だった、あるいは完璧な停止中だったといえども回避余地があったはずだなどと主張して紛争になることがすごく多い。

停止中だったからと言って必ず過失ゼロになるわけではない

動いていたか停止していたか。停止していたとし、3秒だとか中には10秒内だったからそれは「直前停止」にあたるとして、停止であることを認めない見解もある。いったい、衝突前に何秒の停止だったら、それは停止とはいえなくなるのか。そもそも、3秒とか10秒とかで一刀両断に決められるものなのか。完璧に停止した車両への衝突事故についても、停止位置がまずかったり、回避余地があったとしてゼロ主張を認めないケースもある。

調査員を悩ませる事故のひとつである

ぼくもこの種の事故調査をたくさんやって、これらのことで頭を悩ませた。当記事では、このような場合、判例はどう判断しているのか。いろんなケースがあるだろうけれど、解決に資すると思われた判例をいくつかご紹介してみることで、現に紛争中の事故の解決に少しでも役立てられたらと考え、記事にした。

判例紹介

岡山地裁倉敷支部 昭和46年6月10日判決
方向転換のため途中停車中の後続車に衝突した事故につき、後続車も停車中とはいえ、前方車両の動静に注視すべき注意義務を怠ったとして、10%の過失相殺を認めた。フェリー乗り場で自動車が順々に列を作って停車している場所にて、後方の確認不十分なまま方向転換させようとして警告音を鳴らしバックランプを点滅させながら左右のバックミラーで確認した上で運転席窓から顔を出してバックした被告大型トラックに対して、死角にはいっていた5メートル後方の原告車にぶつかったもの。

 
【感想】被告の後方確認不足が事故原因の大半だけれど、原告も5メートルもあったのだから、クラクションを鳴らすなりの行動がとれったってことなのかなあ。回避余地がまったくなかったとは言えないということで、停車中といえども原告のゼロ主張を認めなかった。
 

津地裁四日市支部 昭和49年9月18日判決
片側2車線の中央分離帯に乗り上げた貨物自動車を救出するため、第2車線に停車していた貨物自動車に被害車が追突した事故。救出作業中だったとはいえ、後続車に対する注意と誘導措置についてまったく過失がなかったとはいえない(誘導位置不適切)として、酩酊状態の被害車運転者に90%の過失相殺、運転者とともに飲酒していた同乗者についても、30%の過失相殺を認めた事例。

 

千葉地裁 昭和53年10月23日判決
センターラインのない道路の中央付近に停車していたブロドーザーに原告車が衝突した事故。前方注視義務を著しく欠いていた原告に90%の過失相殺を認めた事例。

認定事実によれば、本件事故当時は夜間で小雨が降っていたとはいえ、事故現場は見通しのきく平坦・直線区間であることから判断して、原告において通常の注意義務をもって前方を注視してさえいれば、相当の距離をおいた手前から被告車の存在に気づくはずであった。しかし、路上にいた訴外Aの停止を求める合図にも気づかず、衝突寸前まで気づくことがなかった。

 

東京地裁 昭和55年7月25日判決
路外から車道に右折しようとしたA車に右方からの直進してきたB車が衝突した事例。Aは、右折進入する際に、B車を認めながら通過するのを待ちきれず右折を開始したが、ぶつかると判断して、途中で相手車線上で停止したものの衝突した。不適切な車道進入をしたAに、30%の過失相殺を認めた。

 
エェ、30%?? 判決文が長くて、こっちの根気もなくなった。あとまわしにして・・・
 

京都地裁 昭和56年7月27日判決
西側道路外のガレージから道路に進入、反対車線に進入すべく中央線付近に至った加害車(普通貨物車)に、北進中の被害車(自動二輪)が衝突した事故。制限速度を20キロ超過し、前方不注視等の過失があった被害者に60%の過失相殺を認めた事例。

 

仙台高裁 昭和56年10月12日判決
夜間、暗いT字路交差点において右折のため一時停止中のトラクターと対向直進の自動二輪車とが衝突した事故。トラクターを中央線から約1m35cmほど対向車線【幅員約3m)内にはみ出して一時停止させていた運転者は無過失とはいえないとして、自賠法3条による免責を認めなかったが、制限速度を約5キロ超過した速度で中央線寄りを走行し、加害車の発見が遅れたため避譲措置など回避措置をとらなかった被害者に50%の過失相殺を認めた事例。

 

大阪地裁 昭和58年10月28日判決
左方に駐停車中の車両との衝突を避けるため、中央分離線を約30センチ対向車線上へはみ出して進行し、信号待ちのため、交差点手前で先行車につづいて右後部を中央分離線よりやや対向車線上へはみ出し、左斜めとなった状態で停止したA車の右後部に、交差点を左折して左方に駐停車中の車両との衝突を避けるべく、中央分離線寄りを走行中のB車の右前部が衝突した事故。A車運転者に運転操作ミス、対向車進路妨害による25%の過失を認め、B車側に、ハンドル操作を誤るなどの安全運転義務違反により75%の過失相殺をした。

 

大阪地裁 昭和63年5月31日判決
Aが所有し、これを車検のためB会社に預け、その従業員であるCに試乗させていた甲車(普通貨物車)が路外から通行車両で混雑していた道路に進入、左折しようとして道路外側線手前まで進入した後、道路に進入、同所に約12秒間停止していたところ、直進してきた乙車(原付)が衝突した事故。Aは甲車を自己のために運行の用に供していたものというべきであるから、自賠法3条に基づく責任ありとしたが、前方注視等を怠った乙車運転者に70%の過失相殺を認めた事例。

 
順次、判例を追加するつもり。
 

【16・11・03追記】
表題を「停止待機中にぶつけられたと主張する車の判例」から上記にあらためた。
 
【16・11・09追記】
判例を5つ追加した。
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市大聖寺弓町18 グランコート2F
電話番号:090-1314-0234

元保険調査員2名から始めた共同事務所。調査員時代の取り扱い件数は後遺障害2000件、交通事故5000件。概数ですが、実際はもっとあるかと思います。以前公開していた事務所の詳細や個人名は有料業務を行っていないので伏せることにしました(今更な気もしますが)。したがって、事故被害者の方も匿名で問合せていただいてもかまいません。ただし、電話番号非開示は一切うけつけません。

電話での問合せについては、事故被害者の方は匿名でけっこうなのですが、交通事故で「食っている」プロの方からの問合せについては、せめて名前と現住所をお知らせください。

後遺障害をふくめた交通事故に関する相談や記事に関する質問・感想等、気軽にご連絡ください。可能な範囲でお答えします。ただし、根拠を示さない批判や記事の削除要求は論外です。

最初、事業をやるつもりで立ち上げてみた当事務所。しかし、いろんな制約があることがわかり、当初の考えが甘すぎた。そのため、現状、有料業務は一切行っていません。仕事を別にしているので、とりあえずあくせくするつもりはない。これまでの経験と知識とを困っている事故被害者のために生かしてみたい。報酬さえ請求しなければ、いろんな制約からも解放される。

カネはいりません。その代わりといったらなんですが、自由にものを言わせていただく。この開放感が実にすばらしい。事業として成功するかどうかよりも、ぼくにとってこの開放感のほうがよほど大切なことです。しばらくは(ずうっとかも)このままボランティアでもいいかなあとまで思うに至りました。そのため、「料金表」も公開の必要がなくなり、閉鎖しました。「事務所の詳細」についても必要ないでしょう。事務所の所在地と電話番号(携帯ですが)は残すことにいたしました。

有料でないこととの引き換え条件として、持ち込まれた事故情報の2次使用をお許しください。2次使用といっても当サイトの記事として使うのみです。たとえば質問に対する回答というような記事です。個人名および個人名が特定されるような使い方は一切しません。

当サイトは中国語でも対応可能です。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。後遺障害に関する豊富な医療調査経験と中国語対応が可能なところがうちの強みです。電話がつながらなかったら、折り返しこちらから電話することがないため、時間をおいてまたお架けください。電話代だけは申し訳ありませんがそちらで負担してください。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

【当サイトご利用上の注意】
当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る