頚椎前方固定術後の変性画像と固定術の後遺障害

上のレントゲン画像は頚椎に前方固定術を施行したものである。頚椎の3番から5番まで(で示した間)が固定されているので、その部分は可動できない。そのため、固定後にその両端に過度の負担がかかるため変性が進みやすいといわれている。

同部位のMRI画像も示すと変性のていどがわかりやすい。
 
koteijutu02
 
で示したC2/3とC5/6の椎間板、とりわけ後者の変性がひどく進んでいることが容易にわかる。これくらい進むと、転倒したり、ちょっとした軽微な事故にあっても脊髄症状を呈することになる可能性大であるといえそうだ。そうなると、賠償実務上でいうところの素因減額による割合認定となる。

ところで、頚椎前方固定術について否定的な有名な研究がいくつもある。その中の代表例の、結論部分だけ紹介したい。

①外傷性頚部症候群の10例に対する前方固定術の長期成績を報告した。

②全例とも神経学的な責任高位診断が不可能であった。

③長期成績ではexcellentはなく、good、fair、poorがそれぞれ1例、4例、5例で満足すべきものではなかった。就業状況もきわめて不良であった。

④外傷性頚部症候群に対して椎間板、選択的神経根造影およびブロック時の症状の再現、軽快を根拠に前方固定術を行うことは臨床的にほとんど無効と思われた。

【「外傷性頚部症候群に対する前方固定術」(奥山幸一郎、阿部栄二)】
 
0456

 
ほかにも、Orthopaedics22では、前方固定術について、「有用であるというevidenceはなく、むしろ禁忌と考えるべきである」(村上英樹ほか論文)として、受けるべきでないとさえしている。
 
or2202
 
もちろん、有用だという意見もあるのかもしれないし、現に脊椎前方固定術はよく行われている。

固定術をうけるかどうか慎重にとしか言いようがない

以前ぼくに相談されていた方の中に、この固定術をやろうとされていた方がおられた。後遺障害業務を専門にする士業の方から、固定術が後遺障害獲得のための要件になっているため積極的に勧められていたし、自分も手術を受けるつもりなのだが、後遺障害に該当するのかどうか、ぼくに相談してきたのだった。たしかに後遺障害の要件になっているし、手術をすることによって短期的には症状が軽減されることもよく知られている。中にはウソみたいに痛みが消失するという話もネットで調べるといくつも見つけることができる。

しかし、長期的には、手術した例と、せずに保存した例とでは有意差がないという研究結果がいくつもあることもかなり知られた事実なので、そのことをぼくは相談者に告げないわけにいかなかった。手術をしたばっかりに車椅子生活になったという例も聞いたことがある。大して症状もないのに手術される例もあるということだ。なんとか耐えられそうなら受けないという選択も考慮すべきだとぼくは説明した。

が、相談者本人は、生活にも支障があるほどに痛いらしくて、ぼくの説明などウワの空だった。現に苦しんでいる人にむかって、手術はよほど注意したほうがいいと言っても、お前にオレの苦しみがわかるのかよと言われそうで、それ以上にぼくは何も言えなかった。最後はやはり自己責任ということにならざるをえない。

脊椎固定術を受けたときの後遺障害

11級7号 脊柱に変形を残すもの
①脊椎圧迫骨折が存在し、それが画像で確認できる
②脊椎固定術が行われた(移植した骨が脊椎に吸収された場合を除きます)
③3個以上の脊椎について椎弓形成術を受けた

 
なお、「①画像によって確認できる」とは、画像で確認できればどんな微細なものでもいいというわけではなくて、わずかに脊椎の奇形が見られる程度だったり、「各脊椎の横突起・棘突起の局部的欠損や変形程度では「脊柱に変形を残すもの」とみなされず認定の対象にならない」(「後遺障害等級認定と裁判実務」P429)。また②は、人工骨でも脊椎に吸収される種類のものがあることに注意したい。


 

6級 「脊柱に著しい運動障害を残すもの」
次のいずれかにより頚部および胸腰部が強直したものをいいます。

頚椎および胸腰椎のそれぞれに脊椎圧迫骨折等が存しており、そのことがエックス線写真等により確認できるもの

頚椎および胸腰椎のそれぞれに脊椎固定術が行われたもの

項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの

 

8級「脊柱に運動障害を残すもの」
(a) 次のいずれかにより、頚部および胸腰部の可動域が参考可動域角度の1/2以下に制限されたもの

頚椎または胸腰椎に脊椎圧迫骨折等を残しており、そのことがエックス線写真等に
より確認できるもの

頚椎または胸腰椎に脊椎固定術が行われたもの

項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市
電話番号:090-1314-0234

電話・メールをされる前に、「お問い合わせ」欄を読んでくださいね。

当事務所の立場

突然、交通事故にあわれた被害者は、怪我をされたり、車を破損などされたりして大変なことです。その損害の賠償をしてもらうために、これから、加害者そして加害者側の損保担当者を相手に示談交渉を進めなければならなくなります。しかし、交通事故は人生でそう何度も経験するわけではありません。なにをどのようにしたらいいのか途方に暮れてしまうのがふつうです。

ところが、事故被害者がまず相手にするのが加害者であり、そして、実際は加害者側損保の担当者です。損保の担当者はそのことで生計を立てているいわばプロであり、百戦錬磨で鍛えた知識と経験があります。かたや、知識も経験もほとんどない事故被害者。そんな素人がプロ相手にどのように交渉していったらいいのでしょうか。

交通事故に詳しい弁護士が知人にいるような幸運な方は別にして、たいていの方は途方に暮れてしまうことでしょう。一昔前は、素人とプロの交渉ごとということにふつうはなって、プロの思い描くストーリーどおりに押し切られるのがふつうでした。しかし、ネットが発達した現在、示談交渉を進める上での情報がネットを検索すればあふれかえっています。が、その情報は正しいものもあれば正しくないものもある。玉石混淆です。それらの情報に接した事故被害者にとって、どの情報が正しくて信頼できるのかがまずわかりづらいし、自分だけでは手に負えなくて、調査や交渉ごとをだれかに任せることも時に必要になってきます。が、ネット上には、われこそは事故被害者のためだと謳っているものばかりなので、実際にいったいだれを信頼したらいいのかわかりません。

知識とは中立なものであること

ここで注意してほしいのは、情報の正確さもさることながら、その情報(知識)そのものが中立なことです。

昔、東大卒が多い自民党が間違えるはずがないと豪語している自民党支持者に会ったことがあります。ぼくは苦笑するしかありませんでした。たしかに東大卒は勉強をいっぱいしているわけだから、その知識量も多くかつ正確だといえるかもしれません。ただ、知識それ自体はあくまで中立なものであり、どちらにも役に立つ武器なのです。したがって、その正確でたくさんの知識をどちらの側に使うかにある。わかりやすいたとえ話をしてみましょう。

知識は刀という武器と同じ

hitininnno
その昔、武士という職業が存在しました。この武士は帯刀を許された職業のことであり、刀の専門家です。殿様を頂点にして、殿様に雇用され、殿様を守るために武器である刀の技術を日夜みがいていた。

この武器である刀自体は殿様を守るためにも使えるし、農民に加勢して殿様に刃向かうためにも使えます。しかし、悲しいかな、現実は殿様を守るために使われた例が圧倒的に多く、農民に加勢するために使われた例など不幸にしてきわめて少なかった。ごく稀に後者のような武士が現れますが、こういう武士こそ庶民にとっての英雄であり、「七人の侍」はまさにそのようなタイプの武士たちでした。

利益が一致しているか相反しているかが重要

したがって、問題はその使い手自身にあります。使い手がどちらの側に立つかで知識もそれぞれの側の武器になる。そして、その使い手がどちらの側に立つかは双方の利益が一致するか相反するかでふつうは決まってきます。

この、肝心要のことを説明したサイトが皆無といっていいほどにみあたらないのは不思議なことです(というか、あえて否定しているサイトさえいくらでもみつかるくらいです)。

記事を読んでいただければたちどころにわかることですが、当事務所は「立場」を鮮明にしております。あえて鮮明にしているのは、人間や社会に対する見方は、その人自身の立場から自由にはならないからです。中立を装うことは考察を浅くし、論旨を不明確にする。「立場」のない「立場」などありようがない。当事務所の立場は、ぼく自身が社会的弱者であるため、弱者の立場に徹することです。ぼくのような弱虫は「七人の侍」のようには決してなれないけれど、せめてその心意気だけでも真似して、社会的強者に阿らないようにしたい。そういう気持ちで当サイトをたちあげました。よろしくです。

【当サイトご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る