簡裁交通事故訴訟。軽微物損事故は立証が大変だ

簡裁での交通事故訴訟が急増

交通事故訴訟、10年で5倍に…弁護士保険利用
交通事故の損害賠償請求訴訟が全国の簡易裁判所で急増し、昨年の提訴件数は10年前の5倍の1万5428件に上ったことが、最高裁の調査でわかった。 

任意の自動車保険に弁護士保険を付ける特約が普及し、被害額の少ない物損事故でも弁護士を依頼して訴訟で争うケースが増えたことが原因。弁護士が報酬額を引き上げるために審理を長引かせているとの指摘も出ており、日本弁護士連合会は実態把握に乗り出した。

弁護士保険は2000年、日弁連と損害保険各社が協力して商品化した。事故の当事者が示談や訴訟の対応を弁護士に依頼した場合、その費用が300万円程度まで保険金で賄われる。契約数は12年度で約1978万件。重大事故で保険加入者を保護する目的で導入された側面があるが、被害が軽微な物損事故で使われているのが実態だ。

2014年10月25日 04時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

ちょっと前の記事だけれども、簡裁管轄の訴額140万円以内の物損事故の訴えが急増したという報道である。

軽微物損事故を訴訟で争うことの困難さ

このことに関してどういう意見があるのか、「交通事故訴訟、10年で5倍に」でネット検索したら、弁護士によって書かれた記事がいくつもヒットした。検索画面で表示されたトップ面および第2面の記事をすべて拝見したが、その中で興味深い記事がみつかった。それは、軽微物損事故を訴訟で争うことの困難さに言及した「交通事故訴訟急増とのニュースに違和感」という、小松弁護士が書かれた記事である。以下に引用したい。

「被害が軽微な物損事故」だと簡単に処理できるのではと一般の方は考えると思われますが、実は、この「被害が軽微な物損事故」が、極めて難しい事件で、本気でその実態解明をしようとしたら大変な手間暇がかかり、挙げ句に立証できないと言うのが殆どです。人損事件は加害者側に無過失の立証責任がありますが、物損事故は被害者側に加害者の過失立証責任があるところ、軽微な物損事故は、警察も、当事者間で話し合いをして下さいと言って実況見分などしません。ですから被害者側で現場の実況見分調書等を作成しなければなりません。

これが大変な作業です。仮に被害者側主張実況見分調書ができたとしても、それが正しいとする第三者目撃証言等裏付け証拠が必要ですが、殆どの場合これを準備することはできません。従って被害者側の立証ができるかというと殆ど不可能です。ですから私は、軽微な物損事故については立証可能性を吟味して、裁判になっても先ず無理なので、不満があっても話し合いで解決した方が宜しいですとアドバイスするのが殆どです。

 
調査員時代、ぼくも多くの軽微物損事故を扱った。物損事故だと実況見分がされていないのがふつうで、ときには現場臨場さえしていないから、かんたんに書かれた事故報告書を見るだけでは調査としてはぜんぜん足りなかった。そのため、担当の警察官から事故の当事者がどんなことを話していたのかをうまく聞きだす必要があった。一度、事故証明書に書いてあるようなことしか話さない担当官をつかまえて、ふだんぼくは警察に協力しているのに、なんなんだお前は・・・と、その担当官と大ゲンカになったこともあった。

加害者側からの調査のメリット

ぼくのようにほぼ毎日警察署に出向いていたからこそ少しは話してくれたけれども、弁護士がふだん行かない警察署交通課に行き、顔見知りでもない警察官から、事故当事者の話を聞きだすのは至難のワザだろう。

加えてもっと困難な問題がある。ぼくは加害者側の人間として被害者と向き合った。被害者は示談が首尾よく進み、損害賠償されることをなによりも願っている。だから、必ずしも加害者側の依頼だからという理由でぼくを敵視しない。加害者側のぼくに、賠償金の支払手続きをうまくやってほしいという期待・願望が被害者にあるからである。だから、明らかに非協力的というのはきわめて少なかった。被害者にとってもメリットが期待されているわけである。警察の協力が得られなかったとしても、被害者からの情報収集が可能だったのである。

被害者側からの調査の困難さ

しかし、被害者側からの調査だったらどうなるか。被害者の相手である加害者が情報の提供に協力してくれるだろうか。加害者にはメリットがないのである。メリットがないどころか、デメリットさえ予想できるのである。

先に紹介したサイトは、事故被害者側の依頼しか受けない小松弁護士の記事である。「物損事故は被害者側に加害者の過失立証責任がある」こと、その立証がどれほど大変なことなのか、ぼくもそのことで毎日苦労しっぱなしだったので、少しはわかる気がした。

さらにこんな経験もした。ある人の依頼で法律事務所に同行したことがある。軽微物損事故における過失割合が争点だった。弁護士費用特約があったので依頼者の持ち出しがないことから、軽微物損事故だったが、必要があれば依頼者は裁判でも争うつもりだった。ところが、そのときお会いした弁護士は、裁判で決着をつけると言う。ただし、保険会社から弁護士費用が出ると言ってもたいして出ないんですよ。したがって、現場の確認は対費用効果からするつもりはありませんとはっきりおっしゃった。現場確認までしていたら足が出るというのである。googleの地図という便利なものがあるので現場確認はいらないのだそうだ(注)。

(注)

過失割合が争点になっていても現場確認をgoogleで済ませることができる事例もないわけではないので、すべて、必ず現場確認が必要というつもりではありません。ただ、当該相談例は現場確認を怠ってはならないものだとぼくは思いました。

 
事務所経営上の問題についてぼくは知りようがないが、立証責任がこちらにあり、ただでさえ情報が少ないのに、客観的情報源である現場確認を怠るというのでは最初から白旗を揚げて降参しているのも同じではないか。せめて、調査会社に依頼する考えはないのでしょうかと聞いたが、それもないという。それだったら、最初から受けなければいいのでは・・・と思った。現場の確認さえしないのだったら、小松弁護士のアドバイスにあるような、「不満があっても話し合いで解決した方が宜しいです」と言っていただいたほうがよほど良心的だと思う。

簡裁交通事故訴訟実務について

裁判とか訴訟とかという難しい話はぼくにはさっぱりわからないので、「判例をよむ 簡裁交通事故損害賠償訴訟の実務」から、重要だと思われたことを要約しておきたい。

①簡裁には、第1審訴訟事件を訴額に応じて分担する役割と、簡易、迅速な小額裁判所としての役割とがあるとされ、後者については通常訴訟(140万円以下)と小額訴訟(60万円以下)がある。したがって、交通事故訴訟としては「軽微物損事件」がその特徴である。

②「物損請求事件」は、事故態様や過失割合、損害額が争われることが圧倒的に多く、他方で客観的な証拠が乏しいため、裁判所の認定が困難なことが少なくない。

③簡裁では準備書面が不要なのが原則(民訴法276条)なのだが、実務上は準備書面が使われることが圧倒的に多い。

④続行期日における準備書面の陳述擬制が可能なこと(民訴法276条3項)。

⑤物損請求事件では証拠である書類の取調べが重要であるため、理論上、書証の写しは省略可能であっても、実務上は省略できない。

⑥司法委員の活用。交通事故業務に精通している人(損保関係者など)がいいのだが少なく、特に地方では該当者がほとんどいないのが現状である。車の運転を経験していればいいくらいの条件で司法委員になっている。

⑦集中証拠調べ(民訴法182条)は、1期日で済ませる。物損請求事件の対象となる事案では、人証は原則として当事者双方で2人、例外的に多くて3、4人(双方本人と証人1人か、多くて2人)であろうし、原則として、証拠調べの調書を作成しないから可能である。

⑧簡裁は調書判決ができるばあいがあるが(民訴法254条1項)、原告に問題があるばあいがあること(損害請求額が不当に高いとか、自分の過失を過小に評価したり無過失を主張しているなど)から、調書判決のできる事件は、理論上はともかく実際は少ない。

裁判で一般的に必要になる書証一覧表

■発生日時について
交通事故証明書

■事故現場
事故発生状況説明書
捜査関係資料(実況見分調書等)
現場の地図
現場の写真(カラー写真であること)

■車両の特定
自動車の登録事項等証明書(車検証)

■損傷の状況及び時価額
保険会社または調査会社が作成した事故状況報告書
事故後の車両(全体)のカラー写真
損傷部位のカラー写真
修理見積書・修理明細書・領収書
代車使用料の領収書・見積書
レッドブック等中古市場価格を証する書面

■客観的証拠書類
ドライブレコーダーやタコメーター
信号サイクル表

■人身損害関係書類
診断書
診断明細書
交通費内訳書
休業損害証明書

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市大聖寺弓町18 グランコート2F
電話番号:090-1314-0234

当事務所の立場

突然、交通事故にあわれた被害者は、怪我をされたり、車を破損などされたりして大変なことです。その損害の賠償をしてもらうために、これから、加害者そして加害者側の損保担当者を相手に示談交渉を進めなければならなくなります。しかし、交通事故は人生でそう何度も経験するわけではありません。なにをどのようにしたらいいのか途方に暮れてしまうのがふつうです。

ところが、事故被害者がまず相手にするのが加害者であり、そして、実際は加害者側損保の担当者です。損保の担当者はそのことで生計を立てているいわばプロであり、百戦錬磨で鍛えた知識と経験があります。かたや、知識も経験もほとんどない事故被害者。そんな素人がプロ相手にどのように交渉していったらいいのでしょうか。

交通事故に詳しい弁護士が知人にいるような幸運な方は別にして、たいていの方は途方に暮れてしまうことでしょう。一昔前は、素人とプロの交渉ごとということにふつうはなって、プロの思い描くストーリーどおりに押し切られるのがふつうでした。しかし、ネットが発達した現在、示談交渉を進める上での情報がネットを検索すればあふれかえっています。が、その情報は正しいものもあれば正しくないものもある。玉石混淆です。それらの情報に接した事故被害者にとって、どの情報が正しくて信頼できるのかがまずわかりづらいし、自分だけでは手に負えなくて、調査や交渉ごとをだれかに任せることも時に必要になってきます。が、ネット上には、われこそは事故被害者のためだと謳っているものばかりなので、実際にいったいだれを信頼したらいいのかわかりません。

知識とは中立なものであること

ここで注意してほしいのは、情報の正確さもさることながら、その情報(知識)そのものが中立なことです。

昔、東大卒が多い自民党が間違えるはずがないと豪語している自民党支持者に会ったことがあります。ぼくは苦笑するしかありませんでした。たしかに東大卒は勉強をいっぱいしているわけだから、その知識量も多くかつ正確だといえるかもしれません。ただ、知識それ自体はあくまで中立なものであり、どちらにも役に立つ武器なのです。したがって、その正確でたくさんの知識をどちらの側に使うかにある。わかりやすいたとえ話をしてみましょう。

知識は刀という武器と同じ

hitininnno
その昔、武士という職業が存在しました。この武士は帯刀を許された職業のことであり、刀の専門家です。殿様を頂点にして、殿様に雇用され、殿様を守るために武器である刀の技術を日夜みがいていた。

この武器である刀自体は殿様を守るためにも使えるし、農民に加勢して殿様に刃向かうためにも使えます。しかし、悲しいかな、現実は殿様を守るために使われた例が圧倒的に多く、農民に加勢するために使われた例など不幸にしてきわめて少なかった。ごく稀に後者のような武士が現れますが、こういう武士こそ庶民にとっての英雄であり、「七人の侍」はまさにそのようなタイプの武士たちでした。

利益が一致しているか相反しているかが重要

したがって、問題はその使い手自身にあります。使い手がどちらの側に立つかで知識もそれぞれの側の武器になる。そして、その使い手がどちらの側に立つかは双方の利益が一致するか相反するかでふつうは決まってきます。

この、肝心要のことを説明したサイトが皆無といっていいほどにみあたらないのは不思議なことです(というか、あえて否定しているサイトさえいくらでもみつかるくらいです)。

記事を読んでいただければたちどころにわかることですが、当事務所は「立場」を鮮明にしております。あえて鮮明にしているのは、人間や社会に対する見方は、その人自身の立場から自由にはならないからです。中立を装うことは考察を浅くし、論旨を不明確にする。「立場」のない「立場」などありようがない。当事務所の立場は、ぼく自身が社会的弱者であるため、弱者の立場に徹することです。ぼくのような弱虫は「七人の侍」のようには決してなれないけれど、せめてその心意気だけでも真似して、社会的強者に阿らないようにしたい。そういう気持ちで当サイトをたちあげました。よろしくです。

【当サイトご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る