ムカデにびっくりして、痛みを知る

ムカデにびっくりして

痛みを知る (いのちの科学を語る)/東方出版

ぼくの部屋はまるでゴミ屋敷みたいである。ゴミもあるにはあるが、ゴミよりも本のほうがずうと多い。本で部屋が埋め尽くされていて、足の置き場がないくらいだ。本当は整理すればいいのだけれど、整理して本を積み上げてしまうと、部屋の局所にその重さが集中してしまい、床が抜け落ちるかもしれない。それで、本の整理はやめることにして、ただあっちこっちに放り出してある。

先日、その部屋で寝ていたら、太ももの下になんかがいて、ムズムズする。直感的にムカデではと思ったので、飛び上がったらやはり大きめのムカデで、飛び上がったあとの着地点が本の山だったため、本の角に腹部をしこたま打ち付けて、横っ腹に5センチほどケガをし出血してしまった。

その本の山から見つけたのが「痛みを知る」という題名の本だった。昔買ったままでまだ読んでいなかったが、腹部がズキズキ痛むこともあって、「痛みを知る」をようやく読む気になった。

痛みはどうして起こるのか

交通事故で怪我をする。たとえば骨折したとしよう。半年たっても痛みが治まらず継続したとしよう。後遺障害申請である。ところが、法律上の根拠もないのに、自賠責実務では、後遺障害に認定されるための他覚的所見を要求する。骨折なら画像所見だけでなく、それにプラスして、関節内の不整があるとか、癒合不全があるとかが要求される。逆に、不整とか癒合不全とかがなくても、痛みのためひどく苦しんでいる事故被害者をぼくはこの目でたくさん見てきた。しかし、他覚的所見がないために、後遺障害認定が却下されることがほとんどだ。

無症候性ヘルニアの存在

たとえばまた、椎間板ヘルニアについてはどうだろうか。椎間板ヘルニアとは椎骨と椎骨の間にある椎間板が突出し、それが神経を圧迫する傷病のことである。その結果、痛みやしびれが発生すると言われている。だから、痛みやしびれなどの自覚症状と、自覚症状に一致した他覚的所見である画像上でのヘルニア「突出」所見があることが後遺障害の認定基準になっている。「腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン」という本をみると、

腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン策定委員会提唱の診断基準(P1)では、

1 腰・下肢痛を有する(主に片側,ないしは片側優位)
2 安静時にも症状を有する
3 SLRテストは70°以下陽性(ただし高齢者では絶対条件ではない)
4 MRlなど画像所見で椎間板の突出がみられ,脊柱管狭窄所見を合併していない
5 症状と画像所見とが一致する

 

となっている。

腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン/南江堂

椎間板が突出し、それが神経を圧迫して痛みや神経症状を呈するということなのだから、理屈の上では、その突出部分を取り除けばそれらの症状も消失するだろうということになる。そのための摘出手術になることも多い。しかし、不思議なことに、突出所見があるにもかかわらず症状のないケース、いわゆる無症候性ヘルニアが存在することはよく知られている。先のガイドラインでも「腰痛や下肢痛の既往がまったくない67人を対象としたコホート研究では、MRI上60歳未満の20%、60歳以上の36%に無症候性のヘルニアの所見を認めた」(P47)とあった。

にもかかわらず、某後遺障害専門家は、画像所見があると症状も必ずあるなどとネットで書いていた。コメントしようかとも思ったが、過去にそういうことをやったことがあって、たいていはよけいなお世話だった。立派な資格の持ち主ほど自分の間違いを認めたがらないのだ。逆に恨まれでもしたら大変である。だからそういうときは、ぼくも懲りたので大人の対応をすることにしている。そのままほったらかしにしておくってことだ(当サイトは子供の対応でかまいません。すなわち間違いの指摘・批判は大歓迎です)。

後遺障害認定実務への疑問

さて、質問だ。骨折で、不整とか癒合不全とかがあるとどうして痛みが永続するといえるのか。また、椎間板ヘルニアで、椎間板が突出し、それが神経を圧迫していると、どうして痛みや神経症状を呈するといえるのか。いや、そういう所見がなかったら、現に、痛みの症状で苦しんでいるにもかかわらず、どうして救われないのか。ぼくにはわからんことばかりだ。

この本はそのなぞ解きをしてくれる本だ―――と言ったらいいすぎだが、痛みについての解明で別の視点を与えてくれる良書である。なお、著者の熊澤孝朗は痛みについての第一人者で、その代表作である「ペイン臨床痛み学テキスト」の一部を、googleのブックスで読むことができる。

ムカデはどこにいったんだか・・・

最後になったが、ムカデは逃げ足が速く、どこに隠れたのか見つからなかった。というか、探すのをすぐにあきらめた。年に数回、ムカデは雨が降った日の夜なんかに部屋内に出没する。見た目はともかく、実際はおとなしい性質なので、こっちがちょっかいをしないかぎりかまれることはないらしい。現に、ぼくはかまれたことがない。が、かまれると腫れあがって相当に痛いらしい。

最近読んだほかの本

日本社会で生きるということ

エルサレムのアイヒマン

エスキモーの歌

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市
電話番号:090-1314-0234

当事務所の立場

突然、交通事故にあわれた被害者は、怪我をされたり、車を破損などされたりして大変なことです。その損害の賠償をしてもらうために、これから、加害者そして加害者側の損保担当者を相手に示談交渉を進めなければならなくなります。しかし、交通事故は人生でそう何度も経験するわけではありません。なにをどのようにしたらいいのか途方に暮れてしまうのがふつうです。

ところが、事故被害者がまず相手にするのが加害者であり、そして、実際は加害者側損保の担当者です。損保の担当者はそのことで生計を立てているいわばプロであり、百戦錬磨で鍛えた知識と経験があります。かたや、知識も経験もほとんどない事故被害者。そんな素人がプロ相手にどのように交渉していったらいいのでしょうか。

交通事故に詳しい弁護士が知人にいるような幸運な方は別にして、たいていの方は途方に暮れてしまうことでしょう。一昔前は、素人とプロの交渉ごとということにふつうはなって、プロの思い描くストーリーどおりに押し切られるのがふつうでした。しかし、ネットが発達した現在、示談交渉を進める上での情報がネットを検索すればあふれかえっています。が、その情報は正しいものもあれば正しくないものもある。玉石混淆です。それらの情報に接した事故被害者にとって、どの情報が正しくて信頼できるのかがまずわかりづらいし、自分だけでは手に負えなくて、調査や交渉ごとをだれかに任せることも時に必要になってきます。が、ネット上には、われこそは事故被害者のためだと謳っているものばかりなので、実際にいったいだれを信頼したらいいのかわかりません。

知識とは中立なものであること

ここで注意してほしいのは、情報の正確さもさることながら、その情報(知識)そのものが中立なことです。

昔、東大卒が多い自民党が間違えるはずがないと豪語している自民党支持者に会ったことがあります。ぼくは苦笑するしかありませんでした。たしかに東大卒は勉強をいっぱいしているわけだから、その知識量も多くかつ正確だといえるかもしれません。ただ、知識それ自体はあくまで中立なものであり、どちらにも役に立つ武器なのです。したがって、その正確でたくさんの知識をどちらの側に使うかにある。わかりやすいたとえ話をしてみましょう。

知識は刀という武器と同じ

hitininnno
その昔、武士という職業が存在しました。この武士は帯刀を許された職業のことであり、刀の専門家です。殿様を頂点にして、殿様に雇用され、殿様を守るために武器である刀の技術を日夜みがいていた。

この武器である刀自体は殿様を守るためにも使えるし、農民に加勢して殿様に刃向かうためにも使えます。しかし、悲しいかな、現実は殿様を守るために使われた例が圧倒的に多く、農民に加勢するために使われた例など不幸にしてきわめて少なかった。ごく稀に後者のような武士が現れますが、こういう武士こそ庶民にとっての英雄であり、「七人の侍」はまさにそのようなタイプの武士たちでした。

利益が一致しているか相反しているかが重要

したがって、問題はその使い手自身にあります。使い手がどちらの側に立つかで知識もそれぞれの側の武器になる。そして、その使い手がどちらの側に立つかは双方の利益が一致するか相反するかでふつうは決まってきます。

この、肝心要のことを説明したサイトが皆無といっていいほどにみあたらないのは不思議なことです(というか、あえて否定しているサイトさえいくらでもみつかるくらいです)。

記事を読んでいただければたちどころにわかることですが、当事務所は「立場」を鮮明にしております。あえて鮮明にしているのは、人間や社会に対する見方は、その人自身の立場から自由にはならないからです。中立を装うことは考察を浅くし、論旨を不明確にする。「立場」のない「立場」などありようがない。当事務所の立場は、ぼく自身が社会的弱者であるため、弱者の立場に徹することです。ぼくのような弱虫は「七人の侍」のようには決してなれないけれど、せめてその心意気だけでも真似して、社会的強者に阿らないようにしたい。そういう気持ちで当サイトをたちあげました。よろしくです。

【当サイトご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る