交通事故診療ハンドブック最新版を読んで、リサーチの名誉のためにも一言言いたい

改訂版を買った理由

2日前に本が届いた。「”Q&Aハンドブック交通事故診療」。

初版は持っているから、最新版に買い換えたことになる。ぼくのような貧乏人には5000円以上もする本の出費はかなり痛い。少々改定されても買う気になれない。というか、買えない。それでも買う気になったのはページ数が130ページも増えたこと。初版発行日が2004年5月22日なのでそれから12年近く経っていることが、その理由である。実際に、具体的にどこがどう変わったのかについてはこれから調べてみるが、パラパラ見た印象からいうと、目次はまったく変わったが、その内容は劇的に変わったという印象はない。

初版については別サイトで不満たらたらのことをかつて書いた。誤字・脱字が多かったこと。文章として意味が通らないところが何箇所もあったこと。さらに、医者による偏見本だということ。したがって、医者がどうなふうに思っているのか、それを知るには格好の本だといえよう。その偏見の例としてかつてあげたところを含めて、最新版ではどうなっているのか。何も変わっていなかった。反省なき日本民族みたいなものだ。

リサーチにかかわる記載についての不満

たとえば、リサーチにかかわって、こう書いてある。

リサーチの問題点

・・・例を挙げますと、最近は少なくなっていますが、患者の家に上がり何時間でも居座ったり、患者の職場に押しかける、また医療機関の受付や待合い室で医者を罵る、診断室の中で居座り医師が自分の要求(健保切替え、単価の切下げ、治療の打切り等)を承諾するまで動かない、面会時間外に病室に入りこみ患者を脅迫する等、犯罪すれすれのことを行うことがあります。

また、リサーチが承諾しなければ損保会社からお金は出ないと断言したり、自分が損保会社から全権を委任されているなどと言います。

法律や保険手続きを知らない者からすれば、強制保険まで彼らの言うことをきかなければ使えないかのように錯覚します。(P180-181)

12年前の記載と一文字も違わない。そのままコピーしただけかのようである。つまり、12年前も「最近は少なくなっています」とあるのだが、この本の「最近」とはいつまでをいうのだろうか。

細かいことかもしれないし、大意として今も事実としてあっているのなら、ぼくも目くじらを立てない。しかし、ここに書いてあることはいずれも全部事実に反する。ここであげられているようなことをぼくはまったく知らない。もしこういうことをやっていたなら、即病院出入り禁止になるだろう。

医師にとってリサーチは「へ」みたいな存在だということ

実を言うと、ぼくはその「病院出入り禁止」に1度だけくらったことがある。会社に行ったら、上司に呼び出されて、

弱ったよ。あの病院、出入り禁止になっているぞ、何やらかしたんだ。

いや、そう言われてもぼくには何も身に覚えがありません。だいいち、その病院には最近行っていないし・・・。どの先生のクレームなんでしょうか。

整形のN先生。なにやらかしたのか正直に言えよ。

いや、そう言われても。顔も思い出せないくらいで。(ネットで調べて)この先生ならなんとなく覚えていますが、・・・トラブルになった記憶がないですね。

あんたがそう思っているだけだろ。先生は敷居が高いんだから、ちょっとしたことでもトラブルになる。とにかく出入り禁止。あそこの案件はあなたに渡せない。

いつまでですか。

無制限。整形以外もダメ。全社員出入り禁止になっていないのが不幸中の幸いだった。

1年後くらいに出入り禁止は解除された。念のために言っておくが、あとにもさきにも出入り禁止はこの1回のみである。ぼくたち調査員にとって、医師とトラブルを起こすことがどれほどのことなのかわかっていただけただろうか。死活問題にもなりかねないのである。

医師がまったく優位な立場にあることが分かっていただけたかと思う。医師にとって調査員は「へ」みたいな存在である。だから、引用した記載はありえないくらいのことなのである。ウソだとは言わない。調査機関もたくさんあるから、中にはそういうのもあるだろう。しかし、あくまで例外だ。例外中のさらに例外だろう。引用文にも「少なくなって」と書いているのだから、そういうめったにない例を持ち出して一般化をするのはどうかと思う。

針小棒大

ぼくは多くの医師と面談してきた。中にはひどい例もある。ある公立病院の医師。面談を始めたとき、いきなりこう言った。

面談料って、ぼくにもらえないのだろうか。はっきり言って、こういうのはぼくの本来の業務じゃないし、本来ならやりたくない。それをあえてやっているわけだから、面談料はぼくがいただいたっていいんじゃないか。

ぼくは病院とその医師に二重に面談料をお支払いした。断ってヘソでも曲げられたら、仕事にならないからである。

医師の事情についてはよくは知らない。面談に応じた医師が直接面談料をいただきたいというのも心情として理解できなくもない。しかし、これはいけないことだろう。そして、こういうことがあったからといって、医者というのはお金を要求するものだと、例外を一般化したらどうだろうか。針小棒大。それはやはりやってはいけないことだろう。

改訂版なのだから、そこくらいは改定してくださいな。リサーチの名誉のためにも。ぼくの側も損保側にいたことによる偏見があるだろうから、強く言えるかどうかわからないが。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市
電話番号:090-1314-0234

電話・メールをされる前に、「お問い合わせ」欄を読んでくださいね。

当事務所の立場

突然、交通事故にあわれた被害者は、怪我をされたり、車を破損などされたりして大変なことです。その損害の賠償をしてもらうために、これから、加害者そして加害者側の損保担当者を相手に示談交渉を進めなければならなくなります。しかし、交通事故は人生でそう何度も経験するわけではありません。なにをどのようにしたらいいのか途方に暮れてしまうのがふつうです。

ところが、事故被害者がまず相手にするのが加害者であり、そして、実際は加害者側損保の担当者です。損保の担当者はそのことで生計を立てているいわばプロであり、百戦錬磨で鍛えた知識と経験があります。かたや、知識も経験もほとんどない事故被害者。そんな素人がプロ相手にどのように交渉していったらいいのでしょうか。

交通事故に詳しい弁護士が知人にいるような幸運な方は別にして、たいていの方は途方に暮れてしまうことでしょう。一昔前は、素人とプロの交渉ごとということにふつうはなって、プロの思い描くストーリーどおりに押し切られるのがふつうでした。しかし、ネットが発達した現在、示談交渉を進める上での情報がネットを検索すればあふれかえっています。が、その情報は正しいものもあれば正しくないものもある。玉石混淆です。それらの情報に接した事故被害者にとって、どの情報が正しくて信頼できるのかがまずわかりづらいし、自分だけでは手に負えなくて、調査や交渉ごとをだれかに任せることも時に必要になってきます。が、ネット上には、われこそは事故被害者のためだと謳っているものばかりなので、実際にいったいだれを信頼したらいいのかわかりません。

知識とは中立なものであること

ここで注意してほしいのは、情報の正確さもさることながら、その情報(知識)そのものが中立なことです。

昔、東大卒が多い自民党が間違えるはずがないと豪語している自民党支持者に会ったことがあります。ぼくは苦笑するしかありませんでした。たしかに東大卒は勉強をいっぱいしているわけだから、その知識量も多くかつ正確だといえるかもしれません。ただ、知識それ自体はあくまで中立なものであり、どちらにも役に立つ武器なのです。したがって、その正確でたくさんの知識をどちらの側に使うかにある。わかりやすいたとえ話をしてみましょう。

知識は刀という武器と同じ

hitininnno
その昔、武士という職業が存在しました。この武士は帯刀を許された職業のことであり、刀の専門家です。殿様を頂点にして、殿様に雇用され、殿様を守るために武器である刀の技術を日夜みがいていた。

この武器である刀自体は殿様を守るためにも使えるし、農民に加勢して殿様に刃向かうためにも使えます。しかし、悲しいかな、現実は殿様を守るために使われた例が圧倒的に多く、農民に加勢するために使われた例など不幸にしてきわめて少なかった。ごく稀に後者のような武士が現れますが、こういう武士こそ庶民にとっての英雄であり、「七人の侍」はまさにそのようなタイプの武士たちでした。

利益が一致しているか相反しているかが重要

したがって、問題はその使い手自身にあります。使い手がどちらの側に立つかで知識もそれぞれの側の武器になる。そして、その使い手がどちらの側に立つかは双方の利益が一致するか相反するかでふつうは決まってきます。

この、肝心要のことを説明したサイトが皆無といっていいほどにみあたらないのは不思議なことです(というか、あえて否定しているサイトさえいくらでもみつかるくらいです)。

記事を読んでいただければたちどころにわかることですが、当事務所は「立場」を鮮明にしております。あえて鮮明にしているのは、人間や社会に対する見方は、その人自身の立場から自由にはならないからです。中立を装うことは考察を浅くし、論旨を不明確にする。「立場」のない「立場」などありようがない。当事務所の立場は、ぼく自身が社会的弱者であるため、弱者の立場に徹することです。ぼくのような弱虫は「七人の侍」のようには決してなれないけれど、せめてその心意気だけでも真似して、社会的強者に阿らないようにしたい。そういう気持ちで当サイトをたちあげました。よろしくです。

【当サイトご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る