「欠陥車と企業犯罪」「英語で大学が亡びるとき」など、最近読んだ本の感想のいくつか

【lemon-carとは、欠陥車のこと】
損保の査定者や弁護士は、ぼくたち調査員を自分の「手足」だと思っている。考えるのは「頭脳」である自分たち。頭のよい自分たちだと思いたがっている。ジョーダンじゃない。保険調査は、指示されたことだけやっていてもよい成果はあげられない。査定者や弁護士以上に幅広い知識が要求されるのだ。したがって、保険調査にとって読書は欠かせない。

よい読書は、自分の見方を鍛えてくれる。自分の間違いを是正するきっかけを作ってくれる。自分の知らない世界の入口に立たせてくれる。

「欠陥車と企業犯罪」(伊藤正孝著)


 
昔読んだことがあった。欠陥車問題に興味があったからでなくて、著者の伊藤氏に興味というか、大好きなジャーナリストの1人だったので読んでいた。当時は保険調査という仕事に就くまえのことだったからかその内容をほとんど覚えておらず、改めて読み返したが、新鮮な驚きの連続だった。

アメリカのラルフネーダーなどが脚光をあび消費者運動が盛んだった1970年ころ、ユーザーユニオンという組織が欠陥車問題を大々的にとりあげ、メーカーと交渉していく。だが、そのメーカーと検察によってつぶされていく過程を、あのホンダN360の欠陥問題を軸にまとめている本である。

ユーザーユニオンとは改めて何だったのか。ネットで調べてみたところ、ウィキペディアで「ユーザーユニオン事件」としてとりあげられていた。ただし、あまりにひどいとりあげ方である。そこでは、ユーザーユニオンとはただのタカリ屋なのである。ソースは同じ伊藤氏の著書なのに、この本を素直に読めばそんなふうには決してならなかったはずである。もしぼくがとりあげていたら、これとは印象がまったく違う内容になっていたことだろう。こんな取り上げ方をされたら、著者である伊藤氏が存命なら、きっと怒り狂っていたに相違ない。

言うまでもないが、交通事故は、「(人-車-道)システムの欠陥によって起こる」(「路上 の運転と行動の科学」シャイナー著・P22)。保険調査では、そのうちの「人」だけが取り上げられ、「車」や「道」が取り上げられることはほとんどない。すっぽり抜け落ちているのである。この本でも同じようなことが書かれている。

新聞は熱心に交通事故キャンペーンをやってきた。しかし車の構造が原因の事故は、全部整備が悪かったとして、運転者のミスにしてきた。もともと自動車の性能や強度は、新聞社や警察にとって一種の聖域になっており、設計の悪い車がかつて指摘された例はない。

そうすると、警察も新聞も、無実の運転者を罪人におとしめたのではなかったのか? 朝日新聞社に入社以来、ずぅと警察を担当してきた私は、無数の交通事故の現場に立った。事故を起こした運転者の何人かが「ブレーキがきかなくなった」「ハンドルのぐあいがおかしかった」と訴えるのをみたことがある。交通警官は即座に冷たくいう。「機械が急に悪くなるものじゃない。きょう車に乗る前に点検したかね」。運転者はうなだれる。新聞記者も「人をはねておきながら、車のせいにするとはふといやつ」と、ことさら意地悪な質問を運転者に浴びせる・・・。(P70-)。

 
ぼく自身どうだったろうか。「車から急に火が出まして・・・」と事故の説明をする運転者がいたことを思い出した。ウソつけ、お前が火をつけたんだろうと、内心思いながら、ことさら意地悪な質問を運転者に浴びせていた。

しかし、たまたまそうだったのかもしれないが、この1件くらいしか思い出せない。メーカー側の味方をするつもりはないが、正直にいうと、交通事故を2000件くらい扱っているにもかかわらず、車の性能や強度に疑問を投げかける事故当事者にこれまでほとんど遭ったことがないのだ。過去はいざしらず、日本の車は優秀なのである。そのあたりは著者である伊藤氏の体験とはやや違うし、今でも日本の車は比較的優秀だろうとぼくは思っている。ただ、その根拠は・・・と問われれば、経験的なものだとしか答えられない。

伊藤氏によれば、欠陥車は技術上の問題で発生するのではなくて、経済性と安全性の均衡が破れるときに発生するとしている。ここはこの本のキモなので、引用したい。

技術者たちが経験を積み、自信をつけるにつれて、安全を値切るようになっていった。部品の工程と品質を落とせば、安全性は低下する。それでも事故につながらない程度まで、ぎりぎりの綱渡りをめざすのである。

たとえばエンジンを開発する場合、品質のいいのと悪いのと2種類用意する。両方とも実験をパスすれば、品質の悪い方が採用される。メーカーは「不必要に品質が良ければ、単価があがってかえってユーザーの不利益につながる」という。しかし、「不必要に」という判断は綱渡りの思想に支えられているのであり、一歩踏みはずせば墜死である(P202)。

 
ところで、今回に限らず、もともと、ウィキペディアにはいい印象がない。ぼくは、執筆・編集の個人責任が不明瞭であるウィキペディアに懐疑的なのである。細部に誤りが多く、ソースも示されないことが珍しくない。ソースが示されていても、今回のようにそのソース(伊藤氏の本)の言いたいことにはまったく触れず、ねじまげて、真逆の方向に持っていこうとする。仮にも「事典」と名乗っている以上、何よりも客観的な正確さと学術的な専門性が必要なはずである。当サイトでは、問題がないと判断した事項であっても、ウィキペディアからの引用は、批判的引用を別にして、今後一切やらないことに決めた。

再審無罪の母、ホンダ提訴…東住吉小6死亡火災【17・02・04追記】

2017年01月31日読売新聞

大阪市東住吉区で1995年に起きた小6女児死亡火災で殺人罪などに問われ、再審無罪が確定した女児の母親・青木恵子さん(53)が30日、火災の原因は自宅車庫にあった軽ワゴン車からのガソリン漏れとして、車を製造したホンダに約5000万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴した。

青木さんと当時の内縁の夫(51)は、自宅に放火し、青木さんの長女・めぐみさん(当時11歳)を殺害したとして無期懲役が確定したが、昨年8月に再審で無罪となった。再審判決は「200~300ミリ・リットル程度のガソリンが漏出した可能性はある」とし、自宅1階車庫にあった風呂の種火が引火した可能性も否定できないとした。

青木さん側は訴状で「軽ワゴン車には構造上の問題があった」と主張。一方、ホンダは昨年、リコールなどを求めた青木さん側に対し、「設計や製造に起因する不具合はない」と回答していた。

 
この記事のことが気になった。「日本のメーカーは優秀」だとしたてまえ、国土交通省の「自動車のリコール・不具合情報」で、たとえば「軽自動車・火災」で検索してみた。その結果、車両火災事故がいくつでもヒットした。たしかに「設計や製造に起因する不具合」は報告されていなかった。しかし、このあたりの立証はたとえ国土交通省であっても困難だろう。「優秀」だと、頭から決め付けていなかったかと考えさせられた。

「英語で大学が亡びるとき」(寺島隆吉著)


 
英語学者の寺島隆吉さんのブログ記事を拝見していたら、世界に通用するグローバル人材を育成するためということで、地元の金沢大学で学士過程で50%、大学院過程で100%英語で授業をするらしいことを知って、びっくりこいてしまった。以下がそのことを紹介している地元の北国新聞の1年前の記事。寺島氏の嘆息も載っている。
 

 
母語たる日本語で授業を行なっても100%理解するのがむずかしいというのに、これからは授業を英語でやるというのだから、これはすごいことだ。褒めているのではなくて、発想があまりにすごすぎてぼくにはついていけず、要するにイカレテイルとしか思えなかったからである。日本語で受ける授業でさえ理解しづらいのに、英語でやるとなるとどれくらい理解されるのだろうか。専門と英語と両方を兼ね備えている教員の確保だってむずかしいだろうし、仮に確保できたとしても、学生がどこまで対応できるのだろうか。金沢大学の学力低下、没落はこれでほぼ決まりだろう。

寺島氏によると、「国語力上限の法則」というのがあって、どんなに努力しても、日本人(正確には日本語人)が母語たる日本語以上に英語がうまくなるわけがないという。そういえば、 言語学者のイェスペルセンも同じことを言っていた。寺島氏によると、「研究力の基礎は国語力と数学力。英語力ではない。山中伸弥さんも福田隆章さんも、英語ができたからノーベル賞を取れたわけではない」。これもイェスペルセンが同じことを言っていた。バイリンガルでノーベル文学賞を受賞した人はいないとか。


 
もし、大学の授業が英語で行なわれることがふつうになったら、今以上に英語教育が重要視されることになって、英語をなるべく早くから習ったほうがいいということになり、英語の早期教育が叫ばれるようになるに決まっている。極端な話、生まれる前の胎児のときから英語を習わせるべきだなどと、まだおなかの中にいる胎児に英語音声を聴かせるような、そんな学習塾が出現しかねない。そういえば、ぼくのころは中学に入ってから英語の授業が始まったというのに、うちの娘はまだ小学生なのに英語の授業をやらされていることに気づいた。

問題は、早期からやったとしても、ごく限られた時間を使っての、英語環境にない授業の中で、必要性もない英語がどれくらいモノになるのかということである。梅棹忠夫は「私の外国語」でこう書いている。


 

外国語を習得するのに、いちばん必要な条件は、おそらくはその外国語が「必要だ」ということであろう。必要があれば、だれだって一所けんめいになるし、じょうずにもなる。不必要なものなら、うまくなるわけはない。ヨーロッパ人には、1人で何ヶ国語も自由にあやつる人がすくなくないが、ヨーロッパではそれだけの必要があるのだ。日本人の語学べたは、国際的に定評のあるところだが、その原因の第一は、日本では外国語の必要性がない、ということだろうとおもう。日本では、日本語だけですべてが不自由なくまかなえるのだ。日本における外国語は、おおむね趣味ないしは教養の域をでない。

外国語を習得するには、現地で、現地人からならうべし、というのが、わたしのかんがえかたである。わたしのモンゴル語の場合、文字に関していえば、たしかに日本でひととおり勉強していったのが役にたった。しかし、そのほかの点では、事前の勉強はほとんど無効だったとおもう。あるいは、現地での学習速度にくらべて、問題にならぬくらい能率がわるいのである。・・・

日本では、外国語の学習といえば、文字にかかれた言語を、辞書のたすけをかりて解読することだ、とかんがえられている。わたしは、この方法では外国語の習得はきわめてむつかしいのではないかとおもう。いきた言葉というものは、つねにある場面、ある状況のなかにあるものだ。現地へゆけば、まさにその言葉がいきている状況がそこにある。そういう状況のなかでこそ、言葉はおぼえられるのである。「おぼえた」というのは、状況のなかで、いきたものとしてつかうことができる、ということであろう。つかいかたも正確にわからぬ語の、解読法だけしっても、何になろう。それは、受験用語学にすぎない。・・・

言語は、生活であり、文化であり、歴史である。生活、文化、歴史とのむすびつきをもたずに学習された外国語なんて、索引だけの本文のない書物みたいなものだ。

 
早期教育というと、もっとも先鋭化したものがバイリンガル教育ということになるのだろうが、バイリンガル教育に否定的な言語学者としてぼくが知っているのはイェスペルゼンだろう。しかし、肯定的な言語学者もいる。J.V.ネウストプニーである。


 
J.V.ネウストプニーの本が手元にあると思ったがなかったので、バイリンガル教育についてどういう発言をしているのかネットで調べてみた。バイリンガルとは関係がないが、あるサイトにこんな記載をみつけ、笑ってしまった(ネウストプニーの発言ではない)。

>日本語の助詞の「は」と「が」は、外国人にはなかなか使い分けが難しいポイントですが(日本人も大抵はキチンと説明できない)、ネイティヴであれば絶対に間違えません。

ええ、ぼくなんか間違えることがよくあるから、自分の書いたブログ記事をときどき書き直している。「は」と「が」の使い分けもできないぼくは、日本語のネイティブスピーカー失格ってことなのか。そんなことはぜんぜんないと思う。たとえば、「悪文の構造」(千早耿一郎著)にこんな記載がある。
 

 

格助詞「は」と「が」の使い分けはむつかしい。そういうことをよく外国人が言う。ところが日本生まれの日本人だって、ちゃんと使い分けしてないことが多い。

例:戦局はわれに不利一方であることは、もはやおおうべくもなかった。(佐藤鉄章「招集兵」)

 
この例文のどこがどうおかしいのか。即答できる人って何人おられるか。いや、どうおかしいかに答えなくてもいい、どこがおかしいに答えられる人は何人おられるか。千早氏の解説をみてみよう。

「戦局は」という題目語が有効なのは、「不利一方である」までである。「戦局は不利一方であること」ということはできない。題目語を含んだ句を装飾語にすることはできない。「戦局が不利一方であること」とすべきである。「戦局が不利であること」を題目語にするには、これに「は」をつければよい。

戦局が→不利一方である→こと は→おおうべくもなかった

つまり、次のような文にしなければならない。

「戦局がわれに不利一方であることは、もはやおおうべくもなかった。」(P115-116)

 
日本語の「は」と「が」の違いというような基本的なことでさえ、ぼくも含めて理解している人は非常に少ない。英語環境にもなく、必要性もない英語に無駄に時間を使うよりも、やはり、子どものときにこそ日本語をしっかり覚えさせるべきであり、寺島氏のいう国語力を鍛えるべきだ。母語たる日本語のほうをおろそかにしておいて、英語なんかやっているばあいじゃないだろう。

話が脱線したので戻したい。寺島氏は本書でこんな笑い話を紹介されている。

有名な笑い話に「難しいことを易しく説明するのは小学校教師、易しいことを難しく説明するのが大学教師」というものがあるからです。大学教師や高校教師は、日本語で説明する授業でさえ、一般的には、小学校教師よりも下手なのです。だとすると、高校や大学で、日本語を使ってですら、上手く生徒・学生に説明できない教師が、日本語で説明してもきちんと理解できない生徒・学生を相手にして、英語で授業をしたら、どんな悲惨な結果になるか、想像に難くないでしょう。

 
外国語については中学にあがってから勉強すればいい。いや、現行のクソにも役に立たない英語教育なら、それさえも不必要だとぼくは思っている。そんな無駄なことに時間を費やすくらいなら、その間に、母語たる日本語を極めろ。そして、お金をためて、現地へ行く準備をしろ。そして、そこで生活しろ。そのほうがよほど外国語習得に効率的だ。現地で生活している人との友好にも役立つ。

「冷戦から内戦へ」(エンツェンスベルガー著)


 

ぼくは憶えている。かつてヒットラーが演説したたびごとに、かれらの目はどんなに輝いたことか。ヒットラーはかれの計画をかれらに隠すことなく、「未曾有の巨大な格闘」へ、生死を賭けた決闘へ、向かおうと語っていた。

またぼくは憶えている、この空襲の数年前にユダヤ教の会堂の数かずが焼かれたとき、かれらがそれにどう手を貸したかを。かれらの熱狂的な同意がなかったとしたら、ナチが権力を握ることはけっしてなかったろう。

こういうことがいえるのはドイツ人についてだけだ、と信ずるような人はおろかだ。ビル・ビュフォードが語ったような、あの「エネルギーの浸透」、「幸福」感、「エクスタシー」がなかったならば、ぼくらの門前での分子的な内戦にも、ぼくらの国境のかなたの地獄にも、火がつくことはありえない。

サッカー競技場の観客席においてであれ、ロストックやブリクストンやバグダッドやベオグラードの街頭においてであれ、最初に広がるのはいつでも、ヒステリックな歓呼である。しばしば戦争の首謀者どもは、大多数のひとの歓声を浴びながら、選挙で選出されてきた。連中の地歩を固めたものはあちらでもこちらでも、国民投票だった。

後年、ずっと後年になってようやく、犯罪の責任が、落第した指導者の誰かれに押しつけられる。そのしかたは型通りのもので、誰にしろもうよく知っているものだろう。だが、その犯罪者を大きく育てあげ、連中に喝采をおくり、連中のために祈ってきたのは、あの「無辜の民間人」たちでなければ、いったい誰だったのか? 

迷彩服を着た狙撃者にせよ、強制収容所の監督者にせよ、ナチのスローガンや流行歌や呪文を唱えまくった殺し屋にせよ、別の星からやってきたわけではない。この者たちは多数派集団から派遣されてきたのであって、その集団の狂気に、残酷さに、復讐欲に、養われている。多数の「無辜」のひとびとは、自分らの行為や無為の致命的な結果が自分らの肉体に及んでくるに至って初めて、終末の鐘が鳴っているのに気づくのだ。(P80‐81)

 
ドイツ人だけの話ではもちろんないだろう。

日露戦争の戦利品が少ないといって戦争継続を主張し、民衆が暴動化した日比谷焼き討ち事件。戦争は為政者の発案だろうが、継続は多数の「無辜」のひとびとの情緒的な熱情がないと成立しない。もう1世紀も前の首都東京の風景。
 

 
こちらが現在の首都東京の風景。

 
候補者が何を言っているかではなく、何をやったかで決めるべきなのに、マスコミなどに踊らされ、情緒的な情報でしか判断できず、すぐに熱くなる。この1世紀ほどで多数の「無辜」のひとびとの民度はどれほど変化したのだろうか。

もし、いったん、北朝鮮や中国と有事になったとき、この情緒的判断はどっちの方向に向かうのだろうか。反戦の方向だろうか。それとも、為政者やマスコミに容易にからめとられて、いっきに戦争へと加熱する方向だろうか。

「快感回路 なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか 」(デイヴィッド・J.リンデン著)

カジノ推進法という名の公営バクチ法が成立した。多数の「無辜」のひとびとは反対もせず、強行採決された。これからはギャンブル依存がもっともっと増え、風紀が確実に乱れることだろう。政治学者・坂野潤治が定義する「崩壊の時代」にふさわしいというべきか。

デイヴィッド・J.リンデンは、


 
という本の中で、このギャンブル依存症を取り上げ、「世界中で行われているギャンブルの研究は、合法的ギャンブルがやりやすいほどギャンブル依存は増えるという、同じ結論に達している」とまで言っている。カジノが合法化されれば、ギャンブル依存症が確実に増えるし、暴力団がらみの犯罪も増える。それを取り締まる財政的負担も確実に増えるだろう。

もうひとつ重要な指摘がある。人間は、生物進化の過程で、不確実性に挑戦し新しい環境に進出する特性を得てきたのだ、と言う。ギャンブル依存症になる人は不確実性が好きなのである。

会田雄次の「アーロン収容所」にも似たような指摘があったが、確実性が尊ばれる平時の生活では、不確実性の好きな人は、ギャンブル依存症の人の例でもわかるように、無能力であり、ただの役立たずである。ところが、戦時などの不確実性な時代になると、平時に役に立っていた人たち、有能と評価されていた人たちはまったくの無能になり、平時に役立たずだと思われた人たちが八面六臂の活躍をする・・・というのが「アーロン収容所」で出てくる有名なエピソードである。有能か無能かはその人個人の能力の有無よりもその時代の要請が決めるというのだ。


 
「危機の時代」が終わり「崩壊の時代」がやってきた後にやってくるのが不確実性の時代である「改革の時代」である(坂野潤治「日本近代史」)。そのときに、能力を発揮するだろう人たちが、合法カジノのほうに吸い取られ、スポイルされて、不確実性の時代にその能力を発揮できず、人類に貢献できなくさせられている。

あ・あ、なんて罪深い公営バクチ法なのだ。
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市
電話番号:090-1314-0234

電話・メールをされる前に、「お問い合わせ」欄を読んでくださいね。

当事務所の立場

突然、交通事故にあわれた被害者は、怪我をされたり、車を破損などされたりして大変なことです。その損害の賠償をしてもらうために、これから、加害者そして加害者側の損保担当者を相手に示談交渉を進めなければならなくなります。しかし、交通事故は人生でそう何度も経験するわけではありません。なにをどのようにしたらいいのか途方に暮れてしまうのがふつうです。

ところが、事故被害者がまず相手にするのが加害者であり、そして、実際は加害者側損保の担当者です。損保の担当者はそのことで生計を立てているいわばプロであり、百戦錬磨で鍛えた知識と経験があります。かたや、知識も経験もほとんどない事故被害者。そんな素人がプロ相手にどのように交渉していったらいいのでしょうか。

交通事故に詳しい弁護士が知人にいるような幸運な方は別にして、たいていの方は途方に暮れてしまうことでしょう。一昔前は、素人とプロの交渉ごとということにふつうはなって、プロの思い描くストーリーどおりに押し切られるのがふつうでした。しかし、ネットが発達した現在、示談交渉を進める上での情報がネットを検索すればあふれかえっています。が、その情報は正しいものもあれば正しくないものもある。玉石混淆です。それらの情報に接した事故被害者にとって、どの情報が正しくて信頼できるのかがまずわかりづらいし、自分だけでは手に負えなくて、調査や交渉ごとをだれかに任せることも時に必要になってきます。が、ネット上には、われこそは事故被害者のためだと謳っているものばかりなので、実際にいったいだれを信頼したらいいのかわかりません。

知識とは中立なものであること

ここで注意してほしいのは、情報の正確さもさることながら、その情報(知識)そのものが中立なことです。

昔、東大卒が多い自民党が間違えるはずがないと豪語している自民党支持者に会ったことがあります。ぼくは苦笑するしかありませんでした。たしかに東大卒は勉強をいっぱいしているわけだから、その知識量も多くかつ正確だといえるかもしれません。ただ、知識それ自体はあくまで中立なものであり、どちらにも役に立つ武器なのです。したがって、その正確でたくさんの知識をどちらの側に使うかにある。わかりやすいたとえ話をしてみましょう。

知識は刀という武器と同じ

hitininnno
その昔、武士という職業が存在しました。この武士は帯刀を許された職業のことであり、刀の専門家です。殿様を頂点にして、殿様に雇用され、殿様を守るために武器である刀の技術を日夜みがいていた。

この武器である刀自体は殿様を守るためにも使えるし、農民に加勢して殿様に刃向かうためにも使えます。しかし、悲しいかな、現実は殿様を守るために使われた例が圧倒的に多く、農民に加勢するために使われた例など不幸にしてきわめて少なかった。ごく稀に後者のような武士が現れますが、こういう武士こそ庶民にとっての英雄であり、「七人の侍」はまさにそのようなタイプの武士たちでした。

利益が一致しているか相反しているかが重要

したがって、問題はその使い手自身にあります。使い手がどちらの側に立つかで知識もそれぞれの側の武器になる。そして、その使い手がどちらの側に立つかは双方の利益が一致するか相反するかでふつうは決まってきます。

この、肝心要のことを説明したサイトが皆無といっていいほどにみあたらないのは不思議なことです(というか、あえて否定しているサイトさえいくらでもみつかるくらいです)。

記事を読んでいただければたちどころにわかることですが、当事務所は「立場」を鮮明にしております。あえて鮮明にしているのは、人間や社会に対する見方は、その人自身の立場から自由にはならないからです。中立を装うことは考察を浅くし、論旨を不明確にし、自己を無責任な立場に置くことになる。「立場」のない「立場」などありようがない。当事務所の立場は、ぼく自身が社会的弱者であるため、弱者の立場に徹することです。ぼくのような弱虫は「七人の侍」のようには決してなれないけれど、せめてその心意気だけでも真似して、社会的強者に阿らないようにしたい。そういう気持ちで当サイトをたちあげました。丸山真男のことばを最後に引用しておきます。

丸山真男から

ゲーテは「行動者は常に非良心的である」といっておりますが、私たちが観照者、テオリア(見る)の立場に立つ限り、この言葉には永遠の真実があると思います。つまり完全にわかっていないものをわかったとして行動するという意味でも、また対立する立場の双方に得点と失点があるのに、決断として一方に与するという意味でも、非良心的です。にもかかわらず私たちが生きていく限りにおいて、日々無数の問題について現に決断を下しているし、また下さざるを得ない。純粋に観照者の立場、純粋にテオリアの立場に立てるものは神だけであります。その意味では神だけが完全に良心的であります。

私たちの社会というものは、私たちの無数の行動の網と申しますか、行動の組合せから成り立っております。社会がこうして私たちの行動関連から成り立つ限りにおいて、私たちは行動あるいは非行動を通じて他人に、つまり社会に責任を負っています。その意味では純粋に「見る」立場、ゲーテの言う意味での完全に良心な立場というものは、完全に無責任な立場ということになります。

したがってこの点でも神だけが、完全に無責任でありうるわけであります。認識することと決断することとの矛盾中に生きることが、私たち神でない人間の宿命であります。私たちが人間らしく生きることは、この宿命を積極的に引き受け、その結果に責任を取ることだと思います。この宿命を自覚する必要は行動関連が異常に複雑になった現代においていよいよ痛切になってきたのです。

世のなかには一方では、認識の過程の無限性に目をふさぎ、理論の仮説性を忘れる独断主義者もいれば、またそもそも認識の意味自体を頭から蔑視する肉体的行動主義者がいます。しかし他方その半面では、物事はそう簡単にはイエスかノーかきめられないのだ、もっとよく研究してからでなければなんともいえないという名目の下に、いつも決断を回避することが学者らしい態度だという考え方がかなり強い。

あるいは対立する政治的争点に対して、あれももっとも、これももっとも、逆にそれを裏返しとして、あれもいけない、これもいけないということで、結局具体的な争点に対して明瞭な方向性を打ち出すことを避ける態度をもって、良識的であるとか、不偏不党であるとか考える評論家やジャーナリストもかなりいるようであります。

たびたびゲーテの言葉を引いて恐縮ですが、ゲーテはこういうことをいっています。「自分は公正であることを約束できるけれども、不偏不党であるということは約束できない。」今申しましたような世上いわゆる良識者は対立者に対してフェアであるということを、どっちつかずということと混同しているのではないでしょうか。
「現代政治の思想と行動」丸山真男 P452-454

【当サイトご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

なお、当サイトは中国語でも対応可能である。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る