車の損傷程度から衝突速度を推定する

車の損傷程度から衝突速度を推定すること

前回の記事で、車の損傷程度から衝突速度がわかる資料をふたつご紹介した。繰り返しになるが、再掲する。

ひとつめ。
sokudosuitei

そこでは、「車の損傷程度から追突速度の推定」ができるばあいとして、あくまで追突の例に限定して記事としてとりあげた。あくまで追突事故だということに注意していただきたい。

衝突速度が推定できるのは限られている

実をいうと、追突や正面衝突のようないわゆる一次元衝突については多くの実験結果があるので、衝突速度の推定が可能だからである。しかし、出合頭事故など、衝突によって横滑りや回転が生じた場合は、車両が平面運動することから二次元衝突といわれるが、そういうばあいの衝突速度は不確定要素が多いため、計算が困難だと言われている。つまり、衝突速度がわかるのは多種多様な事故の中でも限定されたケースなのである(注1)。これは事故調査を行なう上での基本的な知識だから覚えておいてほしい。

(注1)たとえば自研センター発行の藤田光伸「衝突速度の推定」論文

もう少し詳しく説明しよう。

一次元衝突とは

【一次元衝突、二次元衝突、三次元衝突】

衝突前後の運動が一直線上に限られる衝突が一次元衝突である。X軸方向だけの議論になる。追突はおおむね一次元衝突である。

衝突前後の運動が一平面に限られる衝突が二次元衝突である。交差点での出合い頭衝突は二次元衝突である。一平面内のX軸方向および直角なY軸方向の直線運動と、右または左回りのヨー回転(垂直軸回りの回転)運動が重なった運動になる。

自動車の衝突前の運動はほとんど直線運動であるが、衝突後は回転運動を含んだ二次元衝突になることが少なくない。

自動車の衝突は大部分が一次元または二次元衝突である。

衝突の結果、前後、左右だけでなく、上下の運動もする。また、ヨー回転(垂直軸回りの回転)だけでなく、ピッチング回転(左右軸回りの回転)やローリング回転(前後軸回りの回転)もすると、これは三次元衝突である。互いに直角なX、Y、Z軸方向の直線運動およびX、Y、Z軸回りの回転運動の合成運動になる。

(「実用 自動車事故鑑定工学」林洋著・P31)

側面衝突は考察の対象外になっている

さらに同書では、

側面衝突は、大部分が交差点で起こる。

①出合い頭衝突
②右折側突
③左折側突

等は交差点事故である。

そして、単路で起こるのが、

④車線変更側突

であるとして、明確に区別している。そして、衝突速度の推定をしているのはこのうちの交差点内の「直角側面衝突」だけである(P161-167)。

それ以外は推定が困難だからだと思われる。したがって、単路上の車線変更型では「直角側面衝突」は起こらないから考察の対象外になっていた。

もうひとつの資料の追加説明

もうひとつの資料も一次元衝突である追突事故のものだが、
sokudosuitei02

「事故解析技法」という本(P119)によると、「図では前部と後部の損傷とに分けられているが、どちらも車体部品の修理発生率が50%を超えるときの有効衝突速度である。修理協定見積の内容から求めたものである」(P120)としている。

ある損保顧問弁護士のこと

過日、損保の顧問弁護士をやっているという触れ込みのおっさん(失礼、おっさんと表現したがぼくよりも若いけど)にお会いした。交通事故が得意だということで、クルマの損傷内容から衝突速度がわかるのだとまでおっしゃっていた。ぼくは、思わず、えぇ、そうなんですかとつぶやいてしまった。それに対して、そうですよ、わかるのですと断言された。

その顧問弁護士に相談した事故とは車線変更側突型の二次元衝突事故なのである。どのようにしたら速度の推定が可能なのか。交通事故鑑定人ならひょっとしてできるのかもしれないが、自動車工学にとくに詳しいとも思えなかったし、敷居の高そうな方だったので、それ以上聞き返す気にぼくはならなかった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市大聖寺弓町18 グランコート2F
電話番号:090-1314-0234

元保険調査員2名から始めた共同事務所。調査員時代の取り扱い件数は後遺障害2000件、交通事故5000件。概数ですが、実際はもっとあるかと思います。以前公開していた事務所の詳細や個人名は有料業務を行っていないので伏せることにしました(今更な気もしますが)。したがって、事故被害者の方も匿名で問合せていただいてもかまいません。ただし、電話番号非開示は一切うけつけません。

電話での問合せについては、事故被害者の方は匿名でけっこうなのですが、交通事故で「食っている」プロの方からの問合せについては、せめて名前と現住所をお知らせください。

後遺障害をふくめた交通事故に関する相談や記事に関する質問・感想等、気軽にご連絡ください。可能な範囲でお答えします。ただし、根拠を示さない批判や記事の削除要求は論外です。

最初、事業をやるつもりで立ち上げてみた当事務所。しかし、いろんな制約があることがわかり、当初の考えが甘すぎた。そのため、現状、有料業務は一切行っていません。仕事を別にしているので、とりあえずあくせくするつもりはない。これまでの経験と知識とを困っている事故被害者のために生かしてみたい。報酬さえ請求しなければ、いろんな制約からも解放される。

カネはいりません。その代わりといったらなんですが、自由にものを言わせていただく。この開放感が実にすばらしい。事業として成功するかどうかよりも、ぼくにとってこの開放感のほうがよほど大切なことです。しばらくは(ずうっとかも)このままボランティアでもいいかなあとまで思うに至りました。そのため、「料金表」も公開の必要がなくなり、閉鎖しました。「事務所の詳細」についても必要ないでしょう。事務所の所在地と電話番号(携帯ですが)は残すことにいたしました。

有料でないこととの引き換え条件として、持ち込まれた事故情報の2次使用をお許しください。2次使用といっても当サイトの記事として使うのみです。たとえば質問に対する回答というような記事です。個人名および個人名が特定されるような使い方は一切しません。

当サイトは中国語でも対応可能です。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。後遺障害に関する豊富な医療調査経験と中国語対応が可能なところがうちの強みです。電話がつながらなかったら、折り返しこちらから電話することがないため、時間をおいてまたお架けください。電話代だけは申し訳ありませんがそちらで負担してください。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

【当サイトご利用上の注意】
当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る