交通事故の被害者は一方的に不利な立場にある

事故加害者からの調査と被害者からの調査の違いについて

これまで事故調査員として仕事をしてきたが、それは加害者側の保険会社からの依頼による調査であった。これからは被害者側から調査をすることになるのだが、どう違うのだろうか。被害者側から調査をした経験がないから、以下に書くことはぼくの想像である。間違いがあるようだったら、ご教示ください。

交通事故の状況調査。保険調査員は事故現場、事故当事者、警察の4つを訪問し、調査する。これが基本となる4つである。しかし、これまでのような加害者側からの依頼でなく、被害者側からの依頼によって調査したとき、相手である加害者との面談は可能なのだろうか。たぶん、相当にむずかしいのではないかと思う。

加害者側からの調査のときは、バックに加害者側の保険会社がいて、加害者側保険会社は被害者に対して損害賠償金を支払う立場にある。被害者は、加害者側保険会社から損害賠償金を支払ってくれるものとの期待があるから、たとえ加害者側保険会社の依頼した調査会社が胡散臭いと思っていたとしても、第三者機関だといわれてそれでも納得できなかったとしても、それでもたいていは協力に応じざる得ない。協力を拒んだら、損害賠償金の支払いが遅れるばかりだからである。

しかし、被害者側だと、そういうことが期待できるのだろうか。被害者が調査会社に調査を依頼することはふつうないし、調査会社のほうでも個人を相手にした取引はふつうやっていないはずだ。たとえ依頼できたとしても、加害者からどのようにして事故状況を確認するための面談が可能なのだろうか。そのとき、被害者側の保険会社が協力してくれるといいのだが、そんな前例はないなどと言われるのではないだろうか。だから、たぶん、加害者と面談することは期待できないにちがいない。そのため、警察記録に頼らざるをえなくなる。

警察記録へのアクセスについて

さて、その警察記録についてである。

交通事故は警察が捜査している。そして、それで得られた警察記録、たとえば実況見分証書や事故当事者の供述調書、信号周期表などの記録はすぐには開示されない。事故が起きてから、半年や1年経過したのち、刑事裁判が確定してから、さらに3か月ほど経過しないとそれら警察記録を入手できない。不起訴のばあいだと、更に制限が加わって実況見分調書など一部が入手できるだけで、供述調書を見ることができない。さらに、人身事故でなくて物損事故ならもっとたいへんだ。ふつうは実況見分調書も作成されておらず、かんたんな事故報告書で終わりだからである。事故被害者が事故の詳細を確認しようとしても、事故の発生から長期間放置されるか、放置されなかったとしてもかんたんな記録しか見ることができない。

他方、加害者側はどうか。警察記録へのアクセスは同様にむずかしいところがあるものの、調査会社は警察OBを採用して、そこをなんとか突破しようとする。警察OBでなくても、毎日のように警察に顔出しをしている調査員なら、困難といわれる警察情報も入手可能なのである。加害者側保険会社はこのようにして事故状況を早期に知ることができ、一方的に優位な立場を築くことが可能である。

それに対して被害者側はどうか。被害者個人ではどうすることもできないから、弁護士を雇ったとしよう。弁護士だと相手加害者との面談ができるかというと、そうはならないだろう。警察へ事情を聞きに行っても、ふだん面識もない担当官につれない返事をされるだけだろう。そもそも、現場の確認調査さえおろそかにするなど調査を軽視している弁護士が少なくないと聞くから、その差は圧倒的である。結局のところ、ここでも警察・検察記録頼みにならざるをえない。

さらに、刑事段階において被害者側の検証の機会が与えられない不平等な手続きのもとに供述調書が作成され、それが民事でも絶大は証拠能力を持つという一方的な不利。加害者側の調査会社の報告書が裁判でも参考資料として尊重されるという一方的な不利。これらによる加害者との間に存在する圧倒的な不平等に対抗するためにはどうしたらよいのだろうか。

打開策について考えてみた

被害者側からのそれら一方的な不利を打開するための方法について考えてみた。ないわけではない。警察記録へのアクセスはむずかしいだろうが、せめて相手加害者から事情を聞くくらいはなんとかできないだろうか。ぼくにまったく考えがないわけではないのだが、前例がないのだからうまくいくかどうかもわからない。ただ、従来の損保主導の示談交渉システムの枠内で物事を考えているかぎりは、袋小路にはいりこんでしまうだろう。発想の転換が必要というか、なにごともやってみないことにはわからないのではなかろうか。

民主的な民事裁判は手続的に平等であることが原則だ。攻撃防御の方法の提出、すなわち、証拠の収集や提出は平等であるべきだ。それも実質的に、機会を平等にする必要がある。被害者にだけ不平等なのはいけないと思う。そうだよね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市大聖寺弓町18 グランコート2F
電話番号:090-1314-0234

元保険調査員2名から始めた共同事務所。調査員時代の取り扱い件数は後遺障害2000件、交通事故5000件。概数ですが、実際はもっとあるかと思います。以前公開していた事務所の詳細や個人名は有料業務を行っていないので伏せることにしました(今更な気もしますが)。したがって、事故被害者の方も匿名で問合せていただいてもかまいません。ただし、電話番号非開示は一切うけつけません。

電話での問合せについては、事故被害者の方は匿名でけっこうなのですが、交通事故で「食っている」プロの方からの問合せについては、せめて名前と現住所をお知らせください。

後遺障害をふくめた交通事故に関する相談や記事に関する質問・感想等、気軽にご連絡ください。可能な範囲でお答えします。ただし、根拠を示さない批判や記事の削除要求は論外です。

最初、事業をやるつもりで立ち上げてみた当事務所。しかし、いろんな制約があることがわかり、当初の考えが甘すぎた。そのため、現状、有料業務は一切行っていません。仕事を別にしているので、とりあえずあくせくするつもりはない。これまでの経験と知識とを困っている事故被害者のために生かしてみたい。報酬さえ請求しなければ、いろんな制約からも解放される。

カネはいりません。その代わりといったらなんですが、自由にものを言わせていただく。この開放感が実にすばらしい。事業として成功するかどうかよりも、ぼくにとってこの開放感のほうがよほど大切なことです。しばらくは(ずうっとかも)このままボランティアでもいいかなあとまで思うに至りました。そのため、「料金表」も公開の必要がなくなり、閉鎖しました。「事務所の詳細」についても必要ないでしょう。事務所の所在地と電話番号(携帯ですが)は残すことにいたしました。

有料でないこととの引き換え条件として、持ち込まれた事故情報の2次使用をお許しください。2次使用といっても当サイトの記事として使うのみです。たとえば質問に対する回答というような記事です。個人名および個人名が特定されるような使い方は一切しません。

当サイトは中国語でも対応可能です。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。後遺障害に関する豊富な医療調査経験と中国語対応が可能なところがうちの強みです。電話がつながらなかったら、折り返しこちらから電話することがないため、時間をおいてまたお架けください。電話代だけは申し訳ありませんがそちらで負担してください。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

【当サイトご利用上の注意】
当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る