「交通事故の原因の9割は人為的ミスによるもの」はどこまで本当なのか。

問題の所在

ぼくの記事に噛み付いてくれた方がいた。まずそのコメントから紹介する。

無題
参考文献が1962年ってなめてんのか
そのころとは自動車技術も道路状況も全然違うだろ
最近の日本に事故につながるほどの道がどの程度存在してるっていうんだよ
あ 2016-08-01 09:30:14

アクセス解析で調べてみたら、某大学の工学系らしき研究室から発せられていた。研究者なんだから、もうちょっとは研究者らしい書き方ってあると思うのだが。

日本の道路環境はそんなにすばらしいのか

それはともかく、「最近の日本に事故につながるほどの道がどの程度存在してるっていうんだよ」というご指摘。これは日本人の一般的な理解なのだろう。「事故原因の9割は人為的ミスによるもの」という言説がまことしやかに信じられているのだから。だったら、この機会に、しっかりと反論しておく必要があると思った。

別ブログの記事に対するコメントだったので、そちらでコメントをしようかと思ったが、かんたんな説明では足りないと思ったこと。交通事故の記事はこちらのサイトで書くよう統一したかったことから、当サイトで反論を書くことにした。

問題にされた記事紹介

さて、噛み付かれた記事はこちらである。

数日前のこと、朝日新聞をみていたら、クルマの自動運転に関する記事が載っていて、そこでは交通事故の原因の9割は人為的ミスによるものだから、クルマの自動運転という技術が実用化されたら、交通事故の9割が減ってしまうというようなことが書いてあった。それが本当ならすごくいいことだ。交通事故で食っているわけでないから、今のところオマンマの食い上げになるわけでもないし、将来そうなったらなったで自分にできそうな次の何かを無理してでも探すしかないなあと思った。

しかし、この事故原因の9割は人為的ミスによるもの、つまりヒューマンエラーによるものという説をよく耳にするし、疑いもなく信じられているほどに一般的だけれど、どこまで本当なのか。

言うまでもないが、交通事故は、「(人-車-道)システムの欠陥によって起こる」(「路上の運転と行動の科学」シャイナー著・P22)ものである。先の説が正しいなら、交通用具たるクルマや道路環境は足しても事故原因の1割程度にしかならないことになる。

う・う・ん。この説は間違っていると調べたわけでもないからそこまではいうつもりはないけれど、ぼくの実感とはちょっと違うような気がする。実感が常に正しいわけではもちろんないが、実感にあわない言説については、それを唱える人物がいくら偉くても、ぼくはとりあえず疑ってかかりたい。

と思っていたところ、最近読んだ「道の文化史」シュライバー著・岩波書店)という本の中にこういう一節があるのを発見した。

大いに功績のある専門家たちが事故の原因に関して最新の統計を作成しており、それぞれ国際的な概観にもとづいているのに、おたがいにあきれるほど矛盾していて、一つをたてれば、もう一つが成り立たなくなるというありさまである。

「あらゆる交通事故の原因の総計約90%を占める7つの主要な事故原因をくわしく観察すれば、そのすべてが交通関係者のもっともかんたんな交通法規違反であることを結論せざるを得ない」

と、ボンの連邦交通監督局はそのパンフレットの一つでぼやいているが、「道路と高速自動車道路」という雑誌にはまた次のように書かれている。

「EECの内陸運輸委員会は、西ヨーロッパ14か国の統計局の報告から、・・・次のような結論に達した。つまり、運転者の過失が20%、自転車と歩行者の過失が5%、自動車の損傷(=技術的欠陥)5%、道路の欠陥70%という百分比が事実に相応する」というのである。(P405-406)

道の文化史―一つの交響曲 (1962年)/岩波書店

日本の場合は、なんでもかんでも事故当事者という個人の注意不足に原因を求めたがる。自己責任論が大好きな国民だからなあ。そういうのがバイアスになっていないのだろうか。どうなんだろう。

(追記)
ネット検索したら、参考になりそうな論文が見つかった。
所正文著「交通事故の発生要因と運転行動のメカニズム」

ぼくが引用したシャイナーについても言及されている。

 
今回は問題の指摘だけにとどめ、次回、ぼくなりの反論を試みたいと思う。もし、コメント氏が主張するように日本の道路環境がすばらしいというか、問題のないものなら、それはそれでたいへんけっこうなことである。自分の無知を反省しなければいけないと思う。

「道の文化史―一つの交響曲」をとりあげたわけ

なお、1962年作の「道の文化史―一つの交響曲」の中の一節を取り上げたことに対して、そんな古いものが参考になるのかよというご指摘だが、この一節をとりあげたのは統計の矛盾の例として適切だと思ったからだ。すなわち、ボンの連邦交通監督局の統計では事故原因の90%は事故関係者のヒューマンエラーが原因だとしている(日本の「交通事故の原因の9割は人為的ミスによるもの」と同じ比率である)のに対し、EECの内陸運輸委員会ではまったく結論が違っていて、ヒューマンエラー以外の要素で75%事故が発生するとしているからだ。どうしてこれほど結論が違ってくるのか。統計の取り方しだいで結論がずいぶん違ってくるのだなあ、自明のものと思われていることでもひょっとしたら事実と違うのかもしれないなあと、注意を喚起するつもりでとりあげたまでである。古いも古くないも関係ないだろう。
 
16・10・19追記
この記事に限らないが、道路管理者など行政側の責任追及を云々するような記事を公開すると、とたんに圧力がかかる。それも1件ではない。ここにあるコメント氏のようなかわいらしい中傷だけでなく、具体的なことは書かないが、それ以上の圧力をかけてくる。警告、一種の脅しである。それも複数から来る。

本文のところで「しっかりと反論しておく必要がある」と書いたまま、その後反論記事を書いていない。脅しに屈したわけではもちろんないのだが、疑問を呈しただけのことを書いてこれなのだから、本格的な反論を公開したらどんな反響があるのだろうかなどと思ってしまう。

反論として書いたわけではないが、参考になりそうな記事をこれまでもいくつか書いてきたし、このあともいくつか書いた。そのうちの代表的な記事を以下に示す。参考にしていただければと思った。

「自転車は車道のほうが安全なのか」

「「人間のための街路」、そして「人間のための都市」」

「能登で起きた部活バス衝突 中学生2人死亡事故」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市大聖寺弓町18 グランコート2F
電話番号:090-1314-0234

元保険調査員2名から始めた共同事務所。調査員時代の取り扱い件数は後遺障害2000件、交通事故5000件。概数ですが、実際はもっとあるかと思います。以前公開していた事務所の詳細や個人名は有料業務を行っていないので伏せることにしました(今更な気もしますが)。したがって、事故被害者の方も匿名で問合せていただいてもかまいません。ただし、電話番号非開示は一切うけつけません。

電話での問合せについては、事故被害者の方は匿名でけっこうなのですが、交通事故で「食っている」プロの方からの問合せについては、せめて名前と現住所をお知らせください。

後遺障害をふくめた交通事故に関する相談や記事に関する質問・感想等、気軽にご連絡ください。可能な範囲でお答えします。ただし、根拠を示さない批判や記事の削除要求は論外です。

最初、事業をやるつもりで立ち上げてみた当事務所。しかし、いろんな制約があることがわかり、当初の考えが甘すぎた。そのため、現状、有料業務は一切行っていません。仕事を別にしているので、とりあえずあくせくするつもりはない。これまでの経験と知識とを困っている事故被害者のために生かしてみたい。報酬さえ請求しなければ、いろんな制約からも解放される。

カネはいりません。その代わりといったらなんですが、自由にものを言わせていただく。この開放感が実にすばらしい。事業として成功するかどうかよりも、ぼくにとってこの開放感のほうがよほど大切なことです。しばらくは(ずうっとかも)このままボランティアでもいいかなあとまで思うに至りました。そのため、「料金表」も公開の必要がなくなり、閉鎖しました。「事務所の詳細」についても必要ないでしょう。事務所の所在地と電話番号(携帯ですが)は残すことにいたしました。

有料でないこととの引き換え条件として、持ち込まれた事故情報の2次使用をお許しください。2次使用といっても当サイトの記事として使うのみです。たとえば質問に対する回答というような記事です。個人名および個人名が特定されるような使い方は一切しません。

当サイトは中国語でも対応可能です。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。後遺障害に関する豊富な医療調査経験と中国語対応が可能なところがうちの強みです。電話がつながらなかったら、折り返しこちらから電話することがないため、時間をおいてまたお架けください。電話代だけは申し訳ありませんがそちらで負担してください。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

【当サイトご利用上の注意】
当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る