RADIOHEAD the bends

レディオヘッドのセカンドアルバム「the bends」のアルバムタイトルと同名の曲である。アルバムジャケットがとにかく印象的で、ジャケットに描かれている顔は救命訓練用の人形である。トム・ヨークがその恍惚とした表情が気に入って、ジャケットに使ったということだ。
 
ちなみに、「the bends」とは水面への急浮上によってダイバーがかかる病気(減圧症)の意味だとウィキペディアに解説されていた。しかし、調べてみたら、ちょっと違っていた。
 
すなわち、減圧症は、英名で「caisson disease」。浮上後、数分から2時間以内に発症する。皮膚にかゆみを生じ、丘疹や大理石班をみたり、関節痛および筋肉痛を訴え、腹部の局在性疼痛が発現する。致死例では、24時間以内に死亡する。この「腹部の局在性疼痛」が「bends」だ。
 
問題は、トムが曲名に「腹部の局在性疼痛」というようなへんてこりんな症状名をどうしてつけたかである。すごく気になる。・・・ということで調べてみたのだが、現時点ではわからなかった。わかったら追記するつもり。

 
余談はこれくらいにして、トム・ヨークって、俳優の秋野太作に似ていないか。このユーチューブの映像を見てそう思った。それじゃトム・ヨークに失礼じゃないかって。そんなことぜんぜんないよ。秋野がそれだけいい男だってことなのよ。ぼくもこの映像を見るまで秋野のその魅力に気づかなかったけれども。これも余談でした。

DSCF1894
 

(追記)
ぼくの持っているCDは日本版でないので歌詞がないから、ネットで探してみた。いくつかあったが、これが適切かなあと思ったので引用する。

The Bends(航空病) / Radiohead

Where do we go from here?
The words are coming out all weird
Where are you now when I need you?
A lull on an aeroplane
Fall asleep against the window pane
My blood will thicken.
僕らはここから何処へ行くというのだろう
ぎこちなくしか喋れない
今ここに居て欲しいのに君は何処にいるの?
外の嵐が止んだ飛行機の中
窓側にもたれながら眠りにつく
血液が固まってゆく

I need to wash myself again to hide all the dirt and pain
‘cause I’d be scared that there’s nothing underneath
And who are my real friends?
Have they all got the bends?
汚れと痛みを隠すために
もう一度自分自身を洗わなきゃだめだ
でも本当は怖い
もしかしたらそこには
何も無いんじゃないかって
本当の親友は誰?
皆飛行機が怖いの?

Am I really sinking this low?
僕は本当にこんなに落ちてるんだろうか?

My baby’s got the bends – Oh no
We don’t have any real friends – No no no
Just lying in a bar with my drip feed on
talking to my girlfriend waiting for something to happen
I wish it was the sixties
I wish I could be happy
I wish, I wish, I wish that something would happen.
彼女は飛行機が怖い
僕らにほんとの友達なんていない
バーで横たわって彼女と飲みながら
何かが起こることを待ってる
今が60年代だったらいいのに
幸せを感じられたらいいのに
何かが起こればいいのに

Where do we go from here?
The planet is a gunboat in a sea of fear
And where are you?
They brought in the C.I.A.
The tanks, and the whole marines to blow me away
To blow me sky high.
僕らはここから何処へ行くというのだろう
地球は畏怖の海に浮かぶ一艘の砲艦で
君は何処にいるの?
C.I.Aに戦車と海軍が集まる
僕を空高く吹っ飛ばすために

My baby’s got the bends
We don’t have any real friends
Just lying in a bar with my drip feed on
talking to my girlfriend waiting for something to happen
I wish it was the sixties
I wish I could be happy
I wish, I wish, I wish that something would happen.

I want to live and breathe
I want to be part of the human race.
生きたい、呼吸をしたい
人類の一員でありたい

I want to live and breathe
I want to be part of the human race.

Where do we go from here?
The words are coming out all weird
Where are you now when I need you?

トム・ヨークの歌詞は難解で政治性があることで有名だ。この「the bends」の意味は、ウィキペディアにならって、たいていのところが海に潜ったときの「減圧症」にしているが、それだと歌詞全体の意味と矛盾する。

飛行機に乗ったときや高地に登ったときにかかる気圧変化による高空病から発症するある症状としないといけないと思う。それで、この歌詞が一番適切だと思ったしだいだ。ぼくが引用した歌詞では「航空病」になっているけれども、正確には「高空病」(からのある症状)だ。チベットに行ったぼくの知人がこの「高空病」にかかって、ホテルで数日寝ていたと言っていたのを思い出した。

 
とにかく、「The Bends」を聴いてみてほしい。ぞくぞくするほどかっこいい。
 
(参考)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市
電話番号:090-1314-0234

電話・メールをされる前に、「お問い合わせ」欄を読んでくださいね。

当事務所の立場

突然、交通事故にあわれた被害者は、怪我をされたり、車を破損などされたりして大変なことです。その損害の賠償をしてもらうために、これから、加害者そして加害者側の損保担当者を相手に示談交渉を進めなければならなくなります。しかし、交通事故は人生でそう何度も経験するわけではありません。なにをどのようにしたらいいのか途方に暮れてしまうのがふつうです。

ところが、事故被害者がまず相手にするのが加害者であり、そして、実際は加害者側損保の担当者です。損保の担当者はそのことで生計を立てているいわばプロであり、百戦錬磨で鍛えた知識と経験があります。かたや、知識も経験もほとんどない事故被害者。そんな素人がプロ相手にどのように交渉していったらいいのでしょうか。

交通事故に詳しい弁護士が知人にいるような幸運な方は別にして、たいていの方は途方に暮れてしまうことでしょう。一昔前は、素人とプロの交渉ごとということにふつうはなって、プロの思い描くストーリーどおりに押し切られるのがふつうでした。しかし、ネットが発達した現在、示談交渉を進める上での情報がネットを検索すればあふれかえっています。が、その情報は正しいものもあれば正しくないものもある。玉石混淆です。それらの情報に接した事故被害者にとって、どの情報が正しくて信頼できるのかがまずわかりづらいし、自分だけでは手に負えなくて、調査や交渉ごとをだれかに任せることも時に必要になってきます。が、ネット上には、われこそは事故被害者のためだと謳っているものばかりなので、実際にいったいだれを信頼したらいいのかわかりません。

知識とは中立なものであること

ここで注意してほしいのは、情報の正確さもさることながら、その情報(知識)そのものが中立なことです。

昔、東大卒が多い自民党が間違えるはずがないと豪語している自民党支持者に会ったことがあります。ぼくは苦笑するしかありませんでした。たしかに東大卒は勉強をいっぱいしているわけだから、その知識量も多くかつ正確だといえるかもしれません。ただ、知識それ自体はあくまで中立なものであり、どちらにも役に立つ武器なのです。したがって、その正確でたくさんの知識をどちらの側に使うかにある。わかりやすいたとえ話をしてみましょう。

知識は刀という武器と同じ

hitininnno
その昔、武士という職業が存在しました。この武士は帯刀を許された職業のことであり、刀の専門家です。殿様を頂点にして、殿様に雇用され、殿様を守るために武器である刀の技術を日夜みがいていた。

この武器である刀自体は殿様を守るためにも使えるし、農民に加勢して殿様に刃向かうためにも使えます。しかし、悲しいかな、現実は殿様を守るために使われた例が圧倒的に多く、農民に加勢するために使われた例など不幸にしてきわめて少なかった。ごく稀に後者のような武士が現れますが、こういう武士こそ庶民にとっての英雄であり、「七人の侍」はまさにそのようなタイプの武士たちでした。

利益が一致しているか相反しているかが重要

したがって、問題はその使い手自身にあります。使い手がどちらの側に立つかで知識もそれぞれの側の武器になる。そして、その使い手がどちらの側に立つかは双方の利益が一致するか相反するかでふつうは決まってきます。

この、肝心要のことを説明したサイトが皆無といっていいほどにみあたらないのは不思議なことです(というか、あえて否定しているサイトさえいくらでもみつかるくらいです)。

記事を読んでいただければたちどころにわかることですが、当事務所は「立場」を鮮明にしております。あえて鮮明にしているのは、人間や社会に対する見方は、その人自身の立場から自由にはならないからです。中立を装うことは考察を浅くし、論旨を不明確にする。「立場」のない「立場」などありようがない。当事務所の立場は、ぼく自身が社会的弱者であるため、弱者の立場に徹することです。ぼくのような弱虫は「七人の侍」のようには決してなれないけれど、せめてその心意気だけでも真似して、社会的強者に阿らないようにしたい。そういう気持ちで当サイトをたちあげました。よろしくです。

【当サイトご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る