交通事故を知るためには欠かせないサイト(当サイトがブックマークしているサイトのかんたんな紹介)

【アイキャッチ画像の出典はこちら→http://www.abadiadigital.com/la-malvada-bruja-del-este-convertida-en-un-punto-de-lectura/】
当サイトの一番下のところにブックマークを表示している箇所がある。現在、15のサイトとリンクしている。かんたんにご紹介しておきたい。

定番サイト

損害保険料率算定機構
交通事故紛争処理センター

 
このふたつは交通事故の相談を扱うサイトなら説明を要しないほどの定番だろう。

交通事故を政策的に考えるサイト

perfect comes from perfect
サイクルプラス「あしたのプラットホーム」
大阪交通news
ランキング日記

 
以上の4つは、日本の自転車交通のあり方を通して交通というものを深くかんがえさせてくれるすばらしいサイト群である。いずれも、日本の交通行政を厳しく批判している、反骨のサイトでもある。

「perfect comes from perfect」
文章も論理的でわかりやすいし、画像もすばらしいし、それになにより頭がいい。ぼくは頭が並かそれ以下だから、こういうサイトにはどうしてもあこがれてしまう。頭の良さはまねできないけれど、サイト運営をやっていく上でまねしたいところがいっぱいあり、たいへん参考になるすばらしいサイトだと思う。

「サイクルプラス「あしたのプラットホーム」」
実際に道路行政に携わっている勇気ある方のサイト。たいへん勉強になる。ただ一点、個人的に言わせていただくなら、1つの記事のボリュームがすごすぎて、ぼくには最後までなかなか読み通せないこと。せっかくすばらしい記事を書いていながら、この点はもったいないというか、残念に思う。

「大阪交通news」
実際に発生している交通事故、とりわけ自転車が絡んだ事故をフォローしているサイト。

「ランキング日記」
ここもすばらしい記事がいくつもあり、読みやすいし、参考になる。ただ単発式に記事が公開されるだけなので、もっと書いていただけるとうれしいのだが。

参考にしている弁護士サイト

sagaminami弁護士の法律相談
小松亀一法律事務所
名古屋の弁護士による交通事故ブログ
加害者天国ニッポン
交通事故電脳相談所

 
以上の5つはいずれも弁護士のサイトである。個人的にメールのやりとりをするなど連絡が可能な弁護士もいれば、そうでもない弁護士もいる。いずれも交通事故業務に長けた、現時点ではぼくならこの弁護士なら依頼してもいい――は個人的には存じ上げていない弁護士もいるために言い過ぎかもしれないが、依頼の選択肢のひとつとして考えていいだろう弁護士各氏(なお、「加害者天国ニッポン」の松本弁護士は故人なので出来ないが)である。ぼくが記事を書く上でも参考にさせていただいているサイトでもある。

ただ、一点残念なことがある。このところ、少しずつ(1週間に1件ていど)だが、相談案件が増えている。中にはいずれ弁護士につなげたい、示談交渉を要する案件や裁判になる案件もないわけではない。しかし、当事務所では対応が不可能なのである。そういう案件が、今後当サイトのアクセス数がアップすればするほど確実に増えてくるだろう。そのときに、メール等ではなくて、直接お会いして相談できる弁護士が近くにいないのだ(現にそういう案件(石川県内の事故)を1件だけれど抱えている)。石川県や福井県からのアクセスがほとんどないのだが、もしぼくのこのサイトを見て興味があるようでしたら、ご連絡していただけるとたいへんうれしい。もっとアクセスされるようになった先々の話なので、今回はちょっと記憶にとどめていただくだけでもありがたい。

調査業務を知るためのサイト

元損害調査員の事故解決談

 
同業者というか、いやこの人は損保本体にいた人だから同業者と言う表現はやっぱり適切でないかもしれない。とにかく、良心的なサイトで、ぼくも参考に資することが多い。

医療情報を知る上で有効なサイト

Minds医療情報センター
整形外科と災害外科

 
医療情報を調べるためによく訪問するサイト。他にも紹介したいサイトがあるのだが、代表的なものに限定してリンクしている。

現に発生している交通事故情報サイト

交通事故情報

 
最近みつけたサイト。実際に発生した重大な交通事故を全国的に丹念にフォローしている。

もっと紹介したいサイトもあるにはあるのだが、ブックマークを15以上に拡張するしかたがわからなくて、現状上記15をとりあげたしだいである。

気にしていること

ところで、最後にぼくが気にしていることがひとつある。ぼくの公開している記事は、既得権者を批判する記事が中にある。そうしたいからではなくて、事実を追求していくと既得権者の問題や壁にどうしてもぶつかるからである。これまでに批判の槍玉にあげたのは、行政のみならず、警察、弁護士、行政書士、損保、裁判所など、およそ交通事故にかかわる組織あるいは個人を対象にしてきた。好んでしてきたのではない。記事を書いていたら、調べているうちにそうなってしまったということにつきる。

ふつうそうなったら、書かない。手控えるというのが大人の処世術というものなのだろう。が、それではぼくの生き方に反する。それはやらないことに決めているのである。いや、これではきれいごとすぎる。人生なんて短いものだ、そういうことに前半生いちいち忖度していたから疲れた。もう、おっくうになっただけである。事故被害者のためとカンバンに掲げておいて、そのような手控えがあったら、カンバンに偽りがあることにもなる。ぼくの考えに間違いがあるなら、批判していただければいいだけのこと。それを期待して書いている。

そのため、ある行政書士さんの話だが、ぼくを敬遠している人もおられるようだ。ブックマークしている人の中にもそう思っている方がおられるかもしれない。承諾を得てブックマーク(リンク)しているサイトが多いけれど、未承認のままのものもいくつかある。記事の中でたいへん参考になったので引用することも多いが、お前みたいな「過激派」に引用されてもありがた迷惑だと思われているかもしれないなあと、嘆息することもある。
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市大聖寺弓町18 グランコート2F
電話番号:090-1314-0234

元保険調査員2名から始めた共同事務所。調査員時代の取り扱い件数は後遺障害2000件、交通事故5000件。概数ですが、実際はもっとあるかと思います。以前公開していた事務所の詳細や個人名は有料業務を行っていないので伏せることにしました(今更な気もしますが)。したがって、事故被害者の方も匿名で問合せていただいてもかまいません。ただし、電話番号非開示は一切うけつけません。

電話での問合せについては、事故被害者の方は匿名でけっこうなのですが、交通事故で「食っている」プロの方からの問合せについては、せめて名前と現住所をお知らせください。

後遺障害をふくめた交通事故に関する相談や記事に関する質問・感想等、気軽にご連絡ください。可能な範囲でお答えします。ただし、根拠を示さない批判や記事の削除要求は論外です。

最初、事業をやるつもりで立ち上げてみた当事務所。しかし、いろんな制約があることがわかり、当初の考えが甘すぎた。そのため、現状、有料業務は一切行っていません。仕事を別にしているので、とりあえずあくせくするつもりはない。これまでの経験と知識とを困っている事故被害者のために生かしてみたい。報酬さえ請求しなければ、いろんな制約からも解放される。

カネはいりません。その代わりといったらなんですが、自由にものを言わせていただく。この開放感が実にすばらしい。事業として成功するかどうかよりも、ぼくにとってこの開放感のほうがよほど大切なことです。しばらくは(ずうっとかも)このままボランティアでもいいかなあとまで思うに至りました。そのため、「料金表」も公開の必要がなくなり、閉鎖しました。「事務所の詳細」についても必要ないでしょう。事務所の所在地と電話番号(携帯ですが)は残すことにいたしました。

有料でないこととの引き換え条件として、持ち込まれた事故情報の2次使用をお許しください。2次使用といっても当サイトの記事として使うのみです。たとえば質問に対する回答というような記事です。個人名および個人名が特定されるような使い方は一切しません。

当サイトは中国語でも対応可能です。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。後遺障害に関する豊富な医療調査経験と中国語対応が可能なところがうちの強みです。電話がつながらなかったら、折り返しこちらから電話することがないため、時間をおいてまたお架けください。電話代だけは申し訳ありませんがそちらで負担してください。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

【当サイトご利用上の注意】
当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る