弁護士なんかに任せられないとして、本人訴訟を準備されているお三方へ

我に正義があるなら

ネットに接続できる時間が限られているので、他の方のサイトを訪問することはほとんどありません。しかしそれでも例外があります。どんなに時間がなくても、下に引用する東本高志さんのブログだけはほぼ毎日訪問しています。その東本高志さんが最近発した言葉です。

もちろん大方の人もそうでしょうが裁判というものを私は好みません。しかし、ゆえあって、私はこれまで5件の民事裁判を経験しました。本人訴訟が3件、弁護士に依頼しての訴訟が2件。勝敗は2勝3敗。そのうち本人訴訟は2勝1敗、弁護士に依頼しての訴訟は0勝2敗。なにゆえに素人である私が本人訴訟をもっぱらにしたのか。

その理由の第1は弁護士は信頼できないという私の思いがあったからです。不正義は相手方にある。この裁判は決して負けるわけにはいかない、という思いで私は裁判に取り組みましたが、ある意味当然というべきでしょうが私の思いは弁護士には伝わりません。弁護士がはじめに口にするのは勝訴の見込みがあるかどうかの問題です。正義か不正義かという問題と勝訴の可能性の問題はまったく別の問題です。当然、私の依頼した弁護士はものごとの本質を真摯に見つめようとしない。結果として弁護士に依頼しての訴訟は私の場合0勝2敗ということになったのです。

本人訴訟でやるしかない場合もある

東本さんほどの人物が信頼し、選任した弁護士でもこのテイタラクなのです。

身内がもし交通事故に遭い、それが深刻であればあるほど、この裁判は決して負かるわけにいかないという思いが強ければ強いほど、ぼくも弁護士なんかに任せられないと思うことでしょう。自分でやるしかないときっと思うことでしょう。そして、全身全霊をかけて、寸暇を惜しんで、そのことだけに集中し、徹底的に調べる。調査する。調べまくる。勝つためだったら、事故現場に10回どころか50回でも100回でも行く。裁判でわからないところは、自分が理解できるまで弁護士のアドバイスを何度でもうける。参考になりそうな入手可能な資料にはすべてに目を通す。肝心の裁判を他人任せにしない。

交通事故に精通し、裁判経験も豊富な弁護士に委任したとしましょう。その弁護士にとっては、数多く依頼された案件のなかの1件にすぎません。案件を首尾よくこなそうと思うのでしたら、どこか事務的に、流れ作業的にならざるをえないでしょう。集中度も、10件の依頼があるなら10分の1、数十件の依頼があるなら数十分の1にしかならない。しょせんは他人事だから、集中度はそれ以下になることでしょう。これはだれにも避けられないことです。

だったら、自分でやれるものなら自分でやってしまったほうがいい。

押し込んで、押し込んで、しつこく押し込んで

ここでぼくがよく訪問する森川文人弁護士の一文を引用したい。

私は弁護士として、公権力は、鋭く法的に正しく、かつ、事実を正確に突き付ければ、こちらの意向通りに動かすこともできる、という感覚はあります。

しつこく、諦めずに、首根っこを掴んで、揺さぶれば「わかってくれる」場合もあると思っています。それはそれで、そういうものだし、そんなもんだろう、という感覚です。例えば、刑事裁判で無罪を争う場合には、裁判所に無罪を書いてもらいやすいように「材料」を準備してあげる、のではなく、放っておけば平気で有罪の判決を書く裁判官に、目を覚まさせ、ちゃんと真面目に仕事をするように脅しをかけ、「ちゃんと仕事をしないとただではおかないからな!」的なプレッシャーを与えてあげられた場合、無罪=つまりちゃんとした仕事をさせてあげることができる、という感覚です。

なので、今日も権力を握っていると思っている(民事)裁判官に「きちんと証拠に基づいて判断せよ!」という当たり前の「圧力」をかけてきましたが、押し込んで、押し込んで、しつくこく押し込んで、やっと公権力に「真面目に、まともに」仕事させるのが弁護士の仕事、なのだと思います(メディア等で、あたかも裁判所が無罪を自分で・書いた・みたいに報道されると「チャンチャラおかしい」と思っている刑事弁護人は多いと思います)。

 
押し込んで、押し込んで、しつこく押し込んで・・・そのための調査を徹底的にやるだろうと思います。ぼくなら。

エールだけでも送りたい

いま、ぼくのところに本人訴訟をやっているか、その準備をされているお三方の相談をうけています。中にはかなり深刻なものもあるのですが、ぼくにとってはしょせんは他人事だし、無料奉仕のことなので、自分の仕事のことや家族のことなど優先すべきことがいくつもあって、優先順位が落ちてしまいがちです。それで、ついついそういうことは弁護士に任せたらと言ってしまうことが多いのです。軽微な事故で過失10%とかの争いだったら、弁護士特約があるならなおさらそういう気持ちになります。弁護士特約がなければ、10%とかで争うほどのことなのか、妥協もしかたないだろうとなってしまいがちです。金銭的評価に還元してしまう悪いクセがぼくにはある。

しかし、お金の問題ではない。自分の方にこそ正義があると戦おうとしている方に対しては、ぼくにはたいした助言ができるわけでもありませんが、ときにエールを送りたい。正義を共有するのはむずかしい。であるなら、自分が主体的に裁判にかかわるという視点は大切なことだと思います。ついつい金銭的評価に傾きがちな自分にとって、大切なものが何かを教えてくれるものだと思いました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市大聖寺弓町18 グランコート2F
電話番号:090-1314-0234

元保険調査員2名から始めた共同事務所。調査員時代の取り扱い件数は後遺障害2000件、交通事故5000件。概数ですが、実際はもっとあるかと思います。以前公開していた事務所の詳細や個人名は有料業務を行っていないので伏せることにしました(今更な気もしますが)。したがって、事故被害者の方も匿名で問合せていただいてもかまいません。ただし、電話番号非開示は一切うけつけません。

電話での問合せについては、事故被害者の方は匿名でけっこうなのですが、交通事故で「食っている」プロの方からの問合せについては、せめて名前と現住所をお知らせください。

後遺障害をふくめた交通事故に関する相談や記事に関する質問・感想等、気軽にご連絡ください。可能な範囲でお答えします。ただし、根拠を示さない批判や記事の削除要求は論外です。

最初、事業をやるつもりで立ち上げてみた当事務所。しかし、いろんな制約があることがわかり、当初の考えが甘すぎた。そのため、現状、有料業務は一切行っていません。仕事を別にしているので、とりあえずあくせくするつもりはない。これまでの経験と知識とを困っている事故被害者のために生かしてみたい。報酬さえ請求しなければ、いろんな制約からも解放される。

カネはいりません。その代わりといったらなんですが、自由にものを言わせていただく。この開放感が実にすばらしい。事業として成功するかどうかよりも、ぼくにとってこの開放感のほうがよほど大切なことです。しばらくは(ずうっとかも)このままボランティアでもいいかなあとまで思うに至りました。そのため、「料金表」も公開の必要がなくなり、閉鎖しました。「事務所の詳細」についても必要ないでしょう。事務所の所在地と電話番号(携帯ですが)は残すことにいたしました。

有料でないこととの引き換え条件として、持ち込まれた事故情報の2次使用をお許しください。2次使用といっても当サイトの記事として使うのみです。たとえば質問に対する回答というような記事です。個人名および個人名が特定されるような使い方は一切しません。

当サイトは中国語でも対応可能です。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。後遺障害に関する豊富な医療調査経験と中国語対応が可能なところがうちの強みです。電話がつながらなかったら、折り返しこちらから電話することがないため、時間をおいてまたお架けください。電話代だけは申し訳ありませんがそちらで負担してください。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

【当サイトご利用上の注意】
当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る