勤務先が休業損害証明書を書いてくれないとき

休業損害証明書を書いてくれない

この前、知人の行政書士さんと話し合っていたら、「勤務先が休業損害証明書を 書いてくれないため困っている人がいるのだがどうしたらよいのだろうか」という質問を受けた。

勤務先が休業損害証明書を書いてくれないということがたまにある。書いてくれないんですよ、なんとかならないでしょうかと言って、事故被害者から泣きつかれたことがぼくも何度かあった。どうして書いてくれないのかぼくにも理解できないので、そういうときは勤務先に行って、どうして書いてもらえないのかその理由を問いただす。そして、書いていただくよう説得する。ふつうはこれで終わる。

問題はそれでも書こうとしない場合である。梃子でも動かないというやつだ。ぼく自身はそこまでのひどい事案にあたったことはないが、ネットで調べてみたらどうしても書かない例がかなりあるようだ。自分のところの従業員が怪我をして困っているのにどうして書かないのかその理由がまったくわからない。誤解しているばあいもある。休業損害証明書を書いたら何か不利益があるのではなどと漠然と考えているばあいだ。そういう場合はこちらが説明すれば理解してもらえる。しかし、そういうのではなくて、とにかく書かない。たいした理由もないが、書きたくない。そういう経営者がいるようなのだ。

休業損害証明書を書いてもらえないばあいに、労基に訴えてもダメだ

その場合、ネット情報の中には、労働基準監督署に訴えろなどと、的外れの回答をしているものがあった。労働関係に起因することならともかく、そうでない場合にまで労基に訴えてもラチがあかない。

最初に断っておくけれども、交通事故にあって怪我をし、そのため仕事ができなくなって損害を被った。これらのことはすべて事故被害者が立証しないといけないことだ。保険会社に事情を説明すればいいようにしてもらえるなんて噴飯物のアドバイスもネット上にあったが、立証もせずに保険会社担当者の同情を買うという手はまったく通用しない。

自賠責と任意保険の休損に対する考え方の違いについて

では、どのようにして立証していくか。これは自賠責と任意保険で違ってくる。自賠責と任意保険の大きな違いは、前者が規定による定型的支払(定額5700円から上限19000円)であること。一定の立証書面さえあれば自動的に支払の対象になることだ。後者は、事故との因果関係を重視し、実際にどれくらいの損害が発生したのかを事故被害者のほうで立証して、それに対して支払う。大きく違いをまとめると、こうなる。

自賠責における休業損害の立証書面を表にしたものはすでに記事にしたことがある。→「自賠責に休業損害を請求するとき、どんな書類が必要か」。そこから給与所得者の例を引用する。

職業別休損立証書面
休業損害証明書
源泉徴収票
確定申告書
所得証明書
賃金台帳
支払調書および明細書
職業証明書
住民票

給与所得者
実額認定①②+(⑤)
定額認定

たとえば、今回の事例が給与所得者だったとしよう。仮に日額15000円だったとする。その場合は、上記表より、「休業損害証明書」と「源泉徴収票」が必要になる。以上の2つは勤務先が発行する書面、いわゆる私文書だから真実性の担保としては本来は不十分なのだ。ただ、公務員とか大企業なら情実で書類を書くということはないだろうから問題はない。しかし、社長と従業員が一緒に仕事をしているなど関係が密な零細の会社だったり、家の仕事を手伝っているばあいなど人的つながりが強かったりしたばあい、休業損害証明書を書く人物の第三者性を担保できないのではないかと疑われるような「ゲマインシャフト的」要素の強い会社だと思われたりしたら、以上のふたつの書面だけでは足りず、さらに賃金台帳なども要求される。

どれくらいの給与をもらっていたのかの立証がされていない場合については、定額認定(日額5700円)になる。その場合のハードルは低く、「休業損害証明書」だけでいい。

間接事実を積み上げていく方法

問題は、勤務先がこの基本中の基本の書面である「休業損害証明書」の発行さえも嫌がる今回の場合である。通常は立証書面がないのだから、それでおしまいだ。支払えないということになる。だから、勤務先に「休業損害証明書」を何としてでも出してもらうしかない・・・。しかし、それでも書いてもらえないばあいは以下のようにするしかないだろう。

たとえば給与明細書。これだけでは客観性に欠けるため、給与が銀行振り込みなら通帳の記載部分のコピーなどを用意する。タイムカードがあるならその写しを確保する。とにかく、自分は仕事をしていること、給与をもらっていること、いくらもらっているかをこうした間接事実を積みあがることで推定させていく。

自賠責は定型文書で立証するのが基本である。しかし、書類が揃わないなど、どうしてもそういうことが不可能な今回のようなケースだってありえる。その場合は、基本書面が出ていないことを理由にすべてダメということにはならない。このように間接事実を積みあがることで立証していけば、自賠責のほうでも改めて調査するという段取りになる。基本の立証書面が出ていないから、たとえば先の例としてあげた実額1日15000円の認定はハードルが高くなるが、少なくとも定額である1日5700円の認定は十分可能である。

任意保険についても立証の仕方の基本は同じである。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市
電話番号:090-1314-0234

電話・メールをされる前に、「お問い合わせ」欄を読んでくださいね。

当事務所の立場

突然、交通事故にあわれた被害者は、怪我をされたり、車を破損などされたりして大変なことです。その損害の賠償をしてもらうために、これから、加害者そして加害者側の損保担当者を相手に示談交渉を進めなければならなくなります。しかし、交通事故は人生でそう何度も経験するわけではありません。なにをどのようにしたらいいのか途方に暮れてしまうのがふつうです。

ところが、事故被害者がまず相手にするのが加害者であり、そして、実際は加害者側損保の担当者です。損保の担当者はそのことで生計を立てているいわばプロであり、百戦錬磨で鍛えた知識と経験があります。かたや、知識も経験もほとんどない事故被害者。そんな素人がプロ相手にどのように交渉していったらいいのでしょうか。

交通事故に詳しい弁護士が知人にいるような幸運な方は別にして、たいていの方は途方に暮れてしまうことでしょう。一昔前は、素人とプロの交渉ごとということにふつうはなって、プロの思い描くストーリーどおりに押し切られるのがふつうでした。しかし、ネットが発達した現在、示談交渉を進める上での情報がネットを検索すればあふれかえっています。が、その情報は正しいものもあれば正しくないものもある。玉石混淆です。それらの情報に接した事故被害者にとって、どの情報が正しくて信頼できるのかがまずわかりづらいし、自分だけでは手に負えなくて、調査や交渉ごとをだれかに任せることも時に必要になってきます。が、ネット上には、われこそは事故被害者のためだと謳っているものばかりなので、実際にいったいだれを信頼したらいいのかわかりません。

知識とは中立なものであること

ここで注意してほしいのは、情報の正確さもさることながら、その情報(知識)そのものが中立なことです。

昔、東大卒が多い自民党が間違えるはずがないと豪語している自民党支持者に会ったことがあります。ぼくは苦笑するしかありませんでした。たしかに東大卒は勉強をいっぱいしているわけだから、その知識量も多くかつ正確だといえるかもしれません。ただ、知識それ自体はあくまで中立なものであり、どちらにも役に立つ武器なのです。したがって、その正確でたくさんの知識をどちらの側に使うかにある。わかりやすいたとえ話をしてみましょう。

知識は刀という武器と同じ

hitininnno
その昔、武士という職業が存在しました。この武士は帯刀を許された職業のことであり、刀の専門家です。殿様を頂点にして、殿様に雇用され、殿様を守るために武器である刀の技術を日夜みがいていた。

この武器である刀自体は殿様を守るためにも使えるし、農民に加勢して殿様に刃向かうためにも使えます。しかし、悲しいかな、現実は殿様を守るために使われた例が圧倒的に多く、農民に加勢するために使われた例など不幸にしてきわめて少なかった。ごく稀に後者のような武士が現れますが、こういう武士こそ庶民にとっての英雄であり、「七人の侍」はまさにそのようなタイプの武士たちでした。

利益が一致しているか相反しているかが重要

したがって、問題はその使い手自身にあります。使い手がどちらの側に立つかで知識もそれぞれの側の武器になる。そして、その使い手がどちらの側に立つかは双方の利益が一致するか相反するかでふつうは決まってきます。

この、肝心要のことを説明したサイトが皆無といっていいほどにみあたらないのは不思議なことです(というか、あえて否定しているサイトさえいくらでもみつかるくらいです)。

記事を読んでいただければたちどころにわかることですが、当事務所は「立場」を鮮明にしております。あえて鮮明にしているのは、人間や社会に対する見方は、その人自身の立場から自由にはならないからです。中立を装うことは考察を浅くし、論旨を不明確にする。「立場」のない「立場」などありようがない。当事務所の立場は、ぼく自身が社会的弱者であるため、弱者の立場に徹することです。ぼくのような弱虫は「七人の侍」のようには決してなれないけれど、せめてその心意気だけでも真似して、社会的強者に阿らないようにしたい。そういう気持ちで当サイトをたちあげました。よろしくです。

【当サイトご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る