車両保険は1回使うと3等級ダウンする。2回、3回使うとどうなるか

1日に交通事故3回とは

1日に交通事故に3回も遭う。このような電話相談を以前受けたことがある。こういうときの調査を過去に何度かやったことがあるなあと思い出しながら相談者の話を聞いていた。

最初に自損事故を起こした。なんとか自走できたので、事故現場から離れた後、また自損事故。さらにもう1回自損事故。1日のうちに立て続けに合計3回の自損事故だ。現場はそれぞれ違うのだと言う。調査されるのだけれど、どういうふうに3つの事故を説明したらいいのか、ウソをついてもばれないのかというご相談だった。

おい・おい・おい。そんなこと、ぼくが答えられるかよ。本当のことを言いなさいよ。ありのままに。ぼくはそのように回答した。

それにしても、1日で3回とはあきれた。人が交通事故を起こすことは一生のうちにそう何回もあるわけではない。ぼくは人生長いけれど保険を使うような事故を起こしたのは2回ほどだぞ。それが1日に3回である。正直に言え、飲んでいたんだろう。いや、飲んでいないという。飲んでいたに決まっている。ぼくは相談者の話を聞きながらそう思った。

過去にもそんな事故があったな

実を言うとぼくが調査した中にも、1日3回の自損事故を起こして、車両保険の請求をしてきたのがいた。最初は店舗にぶつけ、家人が出てきたので逃げた。逃げる途中に、縁石に乗りあげてタイヤ回りを小破し、さらに交差点を左折する際にも電柱に車体をこすりつけた。慌てふためきようがよくわかる。酒は飲んでいないというのだが、最終的には、スナックに立寄っていたことを認めた。もちろん、飲酒による免責、すなわち保険金はおりなかった。それにしても、よくもまあ、車両保険の請求をする気になったものだ。公務員のくせに、ばれたら免職か、懲戒処分ものだろう。

その案件を思い出したのだ。しかし、絶対に飲んでいないという。事故直後の警察の現場臨場はあったのかと質問すると、3回目の自損事故のときにパトカーがやってきて事情を聞かれたのだという。そのとき、飲酒検査も受けていないのだという。最初の事故から2時間くらいしか経っていなかったという。そういうことなのね。飲酒調査ではないらしい。でも、本当に飲んでいなかったのか。

事故が1回なのか、それとも・・・

飲酒の前置きはこれくらいにして、本論はここからである。1日に3回も事故を起こすと車両保険はどうなるのだろうか。1回につき3等級ダウンするから、3×3で、9等級さがる。これが原則だ。しかし、3回の事故だったとしても、事故1回にカウントされる場合もありえる。それだったら、3等級しかダウンしない。このことについて詳しく説明すると保険会社ににらまれそうなのでこれ以上は書かない。先ほどの相談者に対する調査というのは、詳しく聞いていると、どうもこの調査のようだった。こちらの調査もぼくは何度かやっている。それで、相談者に対しては、車両保険を請求するのはいいが、3回の事故で等級がどれほどダウンして、保険料がどれくらいアップするのか、よ~く考えた上で、請求してくださいねと、答えておいた。

自動車保険の等級表

そうは答えたものの、実を言うと保険料がどれくらいアップするのか、ぼくもよくは知らなかった。そこで調べてみた。
下記の表は車両保険の等級表である。

自動車保険の等級
事故なし等級 事故あり等級
1等級64%増額
2等級28%増額
3等級12%増額
4等級2%
5等級13%
6等級19%
7等級30%20%
8等級40%21%
9等級43%22%
10等級45%23%
11等級47%25%
12等級48%27%
13等級49%29%
14等級50%31%
15等級51%33%
16等級52%36%
17等級53%38%
18等級54%40%
19等級55%42%
20等級63%44%

「3等級ダウン事故」とは

まず知っておきべきことは、事故で保険を使う場合、原則として3等級さがるといわれているが、それを「3等級ダウン事故」という。ただし、事故の状況などによっては「1等級ダウン事故(または「等級すえおき事故」)」があるし、保険を使っても等級に影響がない「ノーカウント事故」もある。

「3等級ダウン事故」というのは、対人や対物保険金が支払われたときや、車両保険金が支払われたときの事故のことをいう。「1等級ダウン事故」というのは、車両保険が使われた場合であっても、それが盗難だったり、洪水や台風が原因だったり、いたずらや飛び石による窓ガラス破損が原因だったりする場合である。「ノーカウント事故」というのは、人身障害や搭乗者障害保険金のみが支払われた場合とか、弁護士特約のみを使った場合である。したがって、ふつうの事故は「3等級ダウン事故」だと思ってもらってまず間違いない。

車両保険を1回使うとどうなるか

さて、以下の表を見てもらいたい。

(出典:ソーニー損保

1回の事故につき車両保険を使ったケースである。次の契約更新時に等級が3つさがるだけでなく、「事故あり等級」が3年間使われることを示している。20等級なら17等級になるし、「事故あり等級」が3年間使われることになるのだ。

事故が2回とか3回とかだとどうなるか

では、2事故ならどうなるか。「事故なし等級」20級だったものが、14級にダウンしてさらに「事故あり等級」が6年間継続することになる。3事故なら11級になり、「事故あり等級」が9年間だ。そして10年目にようやく「事故なし等級」を使えるようになる。表では割引率で表示されているのでどれくらい保険料があがるのかわからないが、ネットで調べてみたら、割引率がたとえば60%だったのが30%くらいになったとき、保険料は倍くらいになるとか説明してあったので、20等級「事故なし等級」63%だったものが、11級「事故あり等級」25%になるから、保険料は倍くらいじゃきかないだろう。20級だからこのていどですむが、さらに低い等級を起点にしていたら、ものすごく保険料はアップすることだろう。その後、1年経過するごとに等級は1つアップするが、9年間は「事故あり等級」すえおきだから、損害額が小さなものは自腹を切ったほうが得だと言われるゆえんである。
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市大聖寺弓町18 グランコート2F
電話番号:090-1314-0234

元保険調査員2名から始めた共同事務所。調査員時代の取り扱い件数は後遺障害2000件、交通事故5000件。概数ですが、実際はもっとあるかと思います。以前公開していた事務所の詳細や個人名は有料業務を行っていないので伏せることにしました(今更な気もしますが)。したがって、事故被害者の方も匿名で問合せていただいてもかまいません。ただし、電話番号非開示は一切うけつけません。

電話での問合せについては、事故被害者の方は匿名でけっこうなのですが、交通事故で「食っている」プロの方からの問合せについては、せめて名前と現住所をお知らせください。

後遺障害をふくめた交通事故に関する相談や記事に関する質問・感想等、気軽にご連絡ください。可能な範囲でお答えします。ただし、根拠を示さない批判や記事の削除要求は論外です。

最初、事業をやるつもりで立ち上げてみた当事務所。しかし、いろんな制約があることがわかり、当初の考えが甘すぎた。そのため、現状、有料業務は一切行っていません。仕事を別にしているので、とりあえずあくせくするつもりはない。これまでの経験と知識とを困っている事故被害者のために生かしてみたい。報酬さえ請求しなければ、いろんな制約からも解放される。

カネはいりません。その代わりといったらなんですが、自由にものを言わせていただく。この開放感が実にすばらしい。事業として成功するかどうかよりも、ぼくにとってこの開放感のほうがよほど大切なことです。しばらくは(ずうっとかも)このままボランティアでもいいかなあとまで思うに至りました。そのため、「料金表」も公開の必要がなくなり、閉鎖しました。「事務所の詳細」についても必要ないでしょう。事務所の所在地と電話番号(携帯ですが)は残すことにいたしました。

有料でないこととの引き換え条件として、持ち込まれた事故情報の2次使用をお許しください。2次使用といっても当サイトの記事として使うのみです。たとえば質問に対する回答というような記事です。個人名および個人名が特定されるような使い方は一切しません。

当サイトは中国語でも対応可能です。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。後遺障害に関する豊富な医療調査経験と中国語対応が可能なところがうちの強みです。電話がつながらなかったら、折り返しこちらから電話することがないため、時間をおいてまたお架けください。電話代だけは申し訳ありませんがそちらで負担してください。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

【当サイトご利用上の注意】
当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る