新しいブログのカスタマイズ等の覚書(2)

wpカスタマライズについて。

wpのカスタマライズを本日行ない、分類をいくつか設定した。分類についてはいくつかできあいのものを持ってきたが、やっぱりもう少し考え直してみたいとも思う。

 

なぜなら、分類とは、ある意図をもとにした体系化なのだから、意図が変われば同じ対象についてまったく別の体系・分類ができる。そのように捉えて、分類化を試みたいと思っている。すなわち、意図を統一して分類化してみたい。そうしないと、たとえば親-子分類で他の同様の分類との整合性でしくじりそうだから、安易に決めるわけにもいかないわけである。ただ、このことにあんまりこだわりすぎて先に進まないようなら、とりあえずテキトウでいいか。

 

分類について考えるうえで、大変参考になった本がある。

 

この本では、表題にあるように「思考のルールをつくる」ことを説明している。さらに、分類を生物のアイデンティティとさえ結びつける。たとえば、

 

「地球の上に生きている生物は、植物といわず、微生物といわず、いずれもある形式の分類能力を持っている。それは生物はことごとく原則として有性生殖をしており、同種(スピーシス)の相手と有性的に結びつく能力を必要とするからである。同種であっても、結合には異性であることが必要である。異性であっても、その異性が適期であることが必要である。サルでも牛馬でも、鳥でも昆虫でも、たぶんミミズ、カタツムリ(雌雄同体)でも同様であろう。これらはいずれも他の動物から同種の動物を認識するという分類をなし、さらにその中から異性を認識するという分類をしている。このような生物が自己と同種の個体を認識、分類することを、私はアイデンティティとよぶことにしよう。生物はこのアイデンティティの能力を持つことによって、自己の種族を後世に伝え、地球の歴史と共に行きつづけてきたわけである。」(「分類の発想」中尾佐助著)

 

プラグインについて。

本日はGoogle XML Sitemapsを設定した。その前に、Google ウエーブマスターの登録が必要だったので、そちらも無事終了した。ただし、サイトマップでは「保留」になっていた。新規登録すると「保留」になることもあるようなので、後日も「保留」のままだと問題である。確認する必要あり。

 

新たに、Easy FancyBoxというプラグインをインストールし、有効にした。画像等を拡大表示できるもので、まだ使ったことがない。いずれ試してみるつもり。

 

本日、BackWPupにエラー表示なし。

 

今日は昼からケアーマネジャーさんとお会いすることになっている。開業準備の一環としてである。開業準備についてはいずれ記事にしたいので、そのときにまた詳しく書いてみたい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市大聖寺弓町18 グランコート2F
電話番号:090-1314-0234

元保険調査員2名から始めた共同事務所。調査員時代の取り扱い件数は後遺障害2000件、交通事故5000件。概数ですが、実際はもっとあるかと思います。以前公開していた事務所の詳細や個人名は有料業務を行っていないので伏せることにしました(今更な気もしますが)。したがって、事故被害者の方も匿名で問合せていただいてもかまいません。ただし、電話番号非開示は一切うけつけません。

電話での問合せについては、事故被害者の方は匿名でけっこうなのですが、交通事故で「食っている」プロの方からの問合せについては、せめて名前と現住所をお知らせください。

後遺障害をふくめた交通事故に関する相談や記事に関する質問・感想等、気軽にご連絡ください。可能な範囲でお答えします。ただし、根拠を示さない批判や記事の削除要求は論外です。

最初、事業をやるつもりで立ち上げてみた当事務所。しかし、いろんな制約があることがわかり、当初の考えが甘すぎた。そのため、現状、有料業務は一切行っていません。仕事を別にしているので、とりあえずあくせくするつもりはない。これまでの経験と知識とを困っている事故被害者のために生かしてみたい。報酬さえ請求しなければ、いろんな制約からも解放される。

カネはいりません。その代わりといったらなんですが、自由にものを言わせていただく。この開放感が実にすばらしい。事業として成功するかどうかよりも、ぼくにとってこの開放感のほうがよほど大切なことです。しばらくは(ずうっとかも)このままボランティアでもいいかなあとまで思うに至りました。そのため、「料金表」も公開の必要がなくなり、閉鎖しました。「事務所の詳細」についても必要ないでしょう。事務所の所在地と電話番号(携帯ですが)は残すことにいたしました。

有料でないこととの引き換え条件として、持ち込まれた事故情報の2次使用をお許しください。2次使用といっても当サイトの記事として使うのみです。たとえば質問に対する回答というような記事です。個人名および個人名が特定されるような使い方は一切しません。

当サイトは中国語でも対応可能です。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。後遺障害に関する豊富な医療調査経験と中国語対応が可能なところがうちの強みです。電話がつながらなかったら、折り返しこちらから電話することがないため、時間をおいてまたお架けください。電話代だけは申し訳ありませんがそちらで負担してください。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

【当サイトご利用上の注意】
当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る