無料の電話相談は、電話でかんたんに済むものに限る、こちらの負担にならないものにしてほしい

交通事故相談は週1くらいある。電話ですむ程度なら無料でいいけど、資料を読んだり、現地調査したりだったら無料というわけにいかない。そう宣言したのに、そこはスルーして相談してくる。こっちは生活するだけでも大変なんだから、人の好意に甘えないでほしい。仮に回答しますよとは言っていたとしても、相談に対する返事の優先順位は最低ランクだと思ってほしい。あくまで私の生活が最優先である。

それが嫌だったら、弁護士に聞くべきなのだ。もちろんタダというわけにはいかないだろう。費用のない人向けに相談には乗るけど、平日は夜以外にまったくヒマがない状態だ。たとえば後遺障害の相談で論点がいくつもある場合は、その下調べだけで数日を要することもある。これではタダどころか大赤字なのである。弁護士だったら数十万円(着手金も含め)請求されているところだ。

ところで、相談者で一番多いのはもちろん事故被害者からだが、次に多いのが弁護士である。弁護士は自分がやるときはちゃんと料金をとっているくせに、ぼくにはタダで教えてくれって、それはないだろう。珍しい例だと、損保査定者からとか(お前の仕事だろ)があったし、作家から、推理小説の構想を練るために教えてくれとかがあった。

ちなみに、この作家だけは料金を支払うと冒頭に言ってきた。そんなに難しい相談でもなく、とくに調べる必要もなかったが、長電話になったが教えてあげた。好印象だったので、せっかくの料金の申出だったが、それはお断りした。ただ、相談内容が職業にかかわるというか、それで食っている人は、料金を支払うべきである。これが常識だとおもう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください