車の自動運転化と不老不死の薬

【妖怪バリバリ】
ある弁護士さんのサイトを見ていたら、あと3年後の2020年になると、車の自動運転化が本格化するために、交通事故は激減するのだという。え・え、そうなの。ぼくは商売していないけれど、交通事故で食っている人は商売あがったりだなあと思った。そして、ぼくもこんな自己満足サイトをやっている意味がなくなりそうで、ちょっとさびしくなった。なんだ、お前、ふだんは事故被害者のためとか立派なことを言っているくせに、事故が減りそうだと聞いて「さびしい」はないだろう。・・・まあ、そうかもね。

そう言われても仕方ない。でも、そう思ったのは本当なのでバカ正直に書いただけである。ただ、ちょっと反論しておくと、さびしいけれど、交通事故が減ることで不幸になる人も減ることはたいへんいいことだ。そうに違いない。そういう、矛盾した思いになったというのが本音である。

ところで、この話を知って、最初に思ったのは以上のことだが、その次に、「ゲゲゲの鬼太郎」の話の中にあった、不老不死の薬のことだ。それを思い出した。知らない人のためにどういう筋の話だったのか、ネットで探したらすぐにみつかった。以下に引用する。

現代の心配を本人に代わって解決。こんな事業を始めたねずみ男。1971年にアニメ放映されたゲゲゲの鬼太郎の「心配屋」の回の話だ。

製薬会社の社長は、息子の凡太が平凡すぎることに悩んでいた。それを聞いたねずみ男は「心配屋」というビジネスを立ち上げる。悩み解決をビジネスにするなんてセンスがいい。解決方法は、妖怪バリバリを使うというもの。妖怪バリバリの卵を飲んだ人間は非凡になるという。ベートーベン、聖徳太子、ヒトラーも妖怪バリバリのチカラだと目玉の親父は話す。

競争の激しい製薬会社の社長は平凡の息子だと先が思いやられるという深い悩みを抱えていたので、非凡になれるというねずみ男のオファーを受けることにした。

後継者である息子の凡太は、妖怪バリバリの卵を飲み、非凡になってからモーレツ社員に大変身。苦手だったセールスも積極的に行ったり、下積みの苦労も知らないといけないといって、雑務もこなしたり、見違えるようにバリバリと働き始めた。

しかし、喜びも束の間。社長である父親を困惑させることをモーレツ凡田はやりだす。それは、究極薬品をつくるということ。一切の病気がなくなり、老衰という自然死だけになる世の中を実現するための「究極の薬」をつくるというのだ。

その研究をみていた社長は、「ばかもの!そんなもの発明したら日本の製薬会社は全滅だぞ!」と、殴りかかる。

「だって、今の薬は効かないものが多すぎます!」非凡のチカラを手にいれた凡太は言い返す。

社長は声を荒げる、

「それでも、薬をつくることがわれわれの崇高な使命なんだ!」

「薬の副作用で、また病気が増えるということが、新薬の開発となって、我々の産業の発展になるんだよ!

「うちの会社が儲かるような薬を つくりだすことだけでも考えろ!!」
【出典:Walk on the Wild Side

 
・・・とまあ、こういう筋の話である。

車の自動運転化のつづきには、交通事故の激減により車の台数も激減するとバラ色の予想がされている。本当にそうだろうか。技術的な側面だけみているとそうなるのかもしれないが、世の中はそれだけでは動かない。経済的な、あるいは政治的な側面もみないと、予想を大きく間違えることになりかねない。

利益相反の関係。車が売れなくなればメーカーにとって死活問題である。ぼくがメーカーの社長なら車の売り上げが悪くなるような技術開発など決してやらないし、やれない。ぼくでもそう思うのに、営利企業であるメーカーがそんなことに一生懸命になるとは、ぼくは思わない。その影響はメーカーだけにとどまらない。保険会社など自動車関連産業は日本経済の基幹部面でもある。

現にメーカーは自動運転化の技術開発に一生懸命になっているではないかと言われるかもしれないが、メーカーには、予想とは違った別の思惑があるのではないのか。薬品会社と同じ論理によって。別にメーカーを批判しているわけではない。営利企業という事実を無視した予想に、ぼくは安易に乗せられたくないだけである。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください