受けられる相談と受けられない相談

ここ最近の相談に限ったことではないのですが、相談の際に注意してほしいことが何点かあります。いちおう、「問い合わせ」欄で書いているのだけれど、もういちど、念押ししておきます。

保険金詐欺で疑われているので相談に乗ってほしいという相談をときどきいただきますが、当サイトでその種の相談はご遠慮ください。理由はかんたんで、保険金詐欺を企んでいたわけでもないのにそのように疑われて困っている方と、そうでない方、すなわち、保険金詐欺を企んでいた方との区別ができないからです。最近の相談のなかには、損保が警察へ告訴・告発する条件や可能性についての質問もありました。そんなのぼくにわかるわけないでしょ。そんなことが気になるのは、ひょっとして・・・と考えたりします。これがひとつです。

もうひとつが、過失割合についての相談です。「問い合わせ」欄で断っているのですが、事故現場がどこなのかをはっきりさせてください。メールで相談される場合は、複雑な事故なら簡単でもいいから事故状況図を添付していただけるとありがたい。

最後のひとつが、後遺障害の件です。この種の相談は時系列で把握する必要があるため、できるなら、全資料を確認したいのです。口頭での説明は誤解のもとですね。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください