記事をコピーされるよりも直接電話で問い合わせたらどうですか

事務所の記載内容について、特定商取引法により記載内容が不十分ではないかとのご指摘をいただいた。ご指導ありがとう。

監督官庁に当サイトを見ていただいた上でその点を確認したが、通信販売事業に該当しないと思われるからたぶん違法ではないという回答だったものの、「たぶん」といまいち要領がえられなかったため、担当者の指示にしたがって、「転ばぬ先の杖」で、その点を改善した。もともと当ブログの訪問者は、事故被害者よりも、損保や弁護士のほうが多いかもしれないし、教えてほしいという問い合わせばかりで仕事に直接結びつくような問い合わせはまったくなかったから、サイトの内容を変えてもたいして実害はないだろう。

あと、いままでまったく電話連絡がなかったのだが、記事に関する質問についても受け付けると広報の内容を変えたら、昨日・本日で3件も電話連絡をいただいた。たまたまかもしれないが、とにかく外部からの反応がさっぱりないというのが一番堪える。

それと、毎日、ぼくのブログ記事がコピーされている。いや、されまくっている。本日はまだ1件だけだが、昨日は10件、一昨日は16件である。ぼくも他人の記事をコピーしたことがある。コピーする理由は、参考にするためが8割~9割、おかしな記載なのでメモしたいためのコピーが1割か多くて2割である。したがって、ぼくの思いではコピーされること自体は決して悪いことではない。評価されているのだと勝手に思っている。もしそうでないとしても、公開した以上、批判されることも甘受しなければならない。ただ、現在はコピーするよりも、記事に関する問い合わせを電話で受け付けているので、不明なところがあったなら、電話していただいてかまわない。

現状、事業を始めるための態勢が十分には整っていないことを痛感した。地元で自賠責手続きを行っていただける行政書士さんの確保ができていないこと。地元で相手損保と示談交渉等を行っていただける弁護士の確保ができていないことである。業務の提携にOKいただいた弁護士や行政書士がまったくいなかったわけではない。関東だとか北海道だとか九州、四国だとか、いちばん近くて中部の愛知だとか、いずれも遠方のため即応態勢ができていなかった。これまではあちらからアクセスしてくれるのを待っていたが、そんな悠長なこともいっていられないため、リアルの世界で、現在、地元でそういう方がいないか打診中、回答待ちである。その確保ができるまでは、以前と同様に、ボランティアで問い合わせにお答えすることにした。それまでは弁護士の依頼による以外営業活動は一切行わない。記事出しについては今後も続けるつもりなので、よろしくです。

なお、過失割合等の相談など、いわゆる非弁行為にかかわる相談を本日いただいたが、せっかく電話をいただいても当方ではまったく答えられない。念のため。もしよろしければだが、当事務所にご協力いただいている弁護士(ただし遠方)をご紹介するつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください