電話相談で、一方的に話をされても・・・

本日、電話相談2件とメール相談2件あった。そのうちの電話相談についてだが、いつものとおりぼくは相談者にまず話をさせる。つまり、最初、ぼくは聴くことに徹するのだ。相談者が話したいだけ話をさせる。途中で質問をいれない。おおよそ聴いたあと、こんどはこっちの番だ。分からないところを確認した上で、こちらの意見を述べさせていただく。

本日の相談者の中にたいへん残念な方がいて、ぼくの意見に対して最後まで聞こうとせず、ぼくがちょっと話をしただけで、いや、そうではないなどとぼくの意見なり感想なりをさえぎって、またまた自分の意見を一方的に話し出す。最後は、これから調査会社の人に会わないといけないので・・・と言って、話の途中で電話を切るしまつだ。

時間がないのはわかる。けど、だったら、もう少し余裕を持って電話をかけてほしい。事故の説明も順序立てて話してほしい。それと、ぼくの意見に納得いかないのはそちらの勝手だが、最後まで話を聴いた上で判断されたらどうだろうか。それに、ぼくはヒマというわけでもない。エラぶるわけでもないが、貴方のために時間を割いたのだから、ありがとうの一言くらい最後に言えないのだろうか。

記事ではいかにもエラそうな書き方をするから電話のときも緊張したと言われた方がおられた。が、ぼくと電話したことのある方なら知っていると思うけれど、実際のぼくはぜんぜんエラそうにすることもないし、人の話もよく聴くほうだと思う。相談事でもっとも大切なことは一方的に話すことではなくて、相手の話をよく聴こうとすること。聴き上手になろうとすること。その姿勢である。双方が相手を尊重しあいながら話し合うことである。自分の用件を一方的に話して、自分の好む意見を一方的に求める。聞く耳持たず。そういう方は、相談されてもあまり意味があるようには思えないのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください