情報の共有化が必要だと思うのだが

本日より当ブログを再開したい。

今、いちばんほしいのは資料である。とりわけ垂涎の的なのは赤本についている講義録とか称するものだ。実を言うと、ぼくはひとつも持っていない。赤本自体も買ったことがないから、当然といえば当然だ。

資料を集めようとすると、やはりおカネがかかる。書籍代だけで月に2万円を超すこともある。ぼくの場合はいわゆる雑学好きなので、あれもこれも・・・という具合になって、交通事故業務以外の本もかなり買ってしまう。本当のことを言うと、交通事故業務に関する本は味気ないというか、読んでいてもつまらんものが多い。必要に迫られて買っているだけである。

ああ、こんなぼくを助けてくれる人がいないものだろうか。ただで助けてくれなどとは言うまい。情報の相互交換というか、共有化というか、ぼくは市販化されていない情報もかなり所持している。市販の資料に頼っている人にとっても、とてもいい話だと思うのだが。

だれか、交換ということで、ご賛同いただける人はいないのだろうか。

この提案、実をいうと何度かしているのだけれど、まったくといっていいほど音沙汰なしなんだよね。近くでなくても、メールに添付するなどすれば、情報のやりとりはかんたんだと思うのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください