非骨傷性頚髄損傷で事故が軽微なのはごくふつうにあること

交通事故受傷で外傷性の非骨傷性頚髄損傷になったが、軽微事故のため、事故との因果関係を否定されたとの相談あり。 一応前提知識として、「脊椎・脊髄損傷 (NEW MOOK整形外科 (4))」によると、「受傷機転不明なものが20~70%」とある。

これだけで「否定」するのもどうかと思う。他に何か理由はないのかなあ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください