アマゾンギフト券


 
当事務所の唯一の収入源はアマゾンからのギフト券である。ふだんは1000円前後なのだが、今月は珍しく2000円を超えた。当サイトで紹介した本をクリックしてアマゾン経由で購入していただくと、手数料が当事務所にはいる仕組みになっている。どうも皆さんありがとう。

交通事故関連の本を当サイドでよく紹介しているが、本当のことを言うと、この種の本は読んでいてもたいていはつまらない。こういうサイトを運営しているから仕方なしで購入し読んでいるだけである。つい最近読んだ本がこれまた飛びっきりつまらなかった。それがこれ。

「交通事故損害調査マン―新しい職業への挑戦」という本。

本の紹介文では、「加害者の賠償責任を担保する保険会社には、専門の調査マンがいる。しかし、被害者の権利を証明するための調査マンは存在しない」となっていた。つまり、従来の交通事故調査マンはすべて損保側の調査マンだったが、これからは「新しい職業」として、事故被害者側の調査マンの登場という意気込みと職業として成立するための方法論を語る本なのかと思った。期待して途中まで読んだが、あまりにつまらないので半分ほど読んで放り出した。内容は3つの小説形式――「示談(和解)の助っ人」「本人訴訟と影の請負人」「斜陽病院の寄生虫」――で論じたものだが、文章に門切り型が多く、かつ下品だし、内容も、各小説の表題からおおよそ見当がつくように、非弁の非難をどうやってうまくかいくぐるかというもので、話の展開に無理がありそうに思えたし、要するに、なんだそんなことかというものだった。古本で郵送料込500円以上もしたぞ。

つい最近ほかに買った本

 
小田実と本多勝一の本は以前読んだことがある。ずいぶん昔のことなので、何が書いてあったのかほとんど覚えていない。この2つの本は、ネトウヨは論外として、それ以外の方からもけちょんけちょんにこき下されていることが多いので、もう一度読んでみることにした。まっとうな「批判」なのかただの「中傷」なのかは、原本にまずは当たるべし。いずれも古本で郵送料込300円しなかった。
 

2 COMMENTS

lucky

「交通事故損害調査マン―新しい職業への挑戦」、私も読みました。

たいへん読むのがつらい本でした。

返信する
ホームズ事務所

luckyさん、コメントありがとう。

luckyさんも読まれていましたか。紹介文からちょっとは期待したのですが・・・、あまりにくだらなかった。この著者はほかにもいくつも本を出されていますが、この一冊でその他は推して知るべし。購入する気が失せました。この本でも、随所で自分の本の紹介ばかりやっていて商売っ気ばかりが鼻につく。ストーリーも猥雑だし、総じて品がないんだよなあ。ぼくのような品のない人間に言われるのだから、もうどうしようもない(苦笑)。著者がこの一文を見たら、ぼくは名誉棄損で訴えらえるかもね。しょうがないもの。本当にそう思ったんだから。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください