注文していた赤本等が届いた

【赤本というと、世界的にはこっちだろう。文化大革命があった60年代にこの小さな本は猛威を振るった。しかし、その20年後には、中国の外国人向けの露店の棚の隅っこで売られているのを私はこの目で見た。個人の神格化などたいがいは20年もすればその呪縛から解放されるものだし、呪縛から解放されている証拠を見せ付けられて、私は気分がよかったが、この本自体には興味がなかったので買わなかった】

実をいうとこの3日間ほど風邪のためにほぼ寝ていた。「寝ていた」というのは半分は比喩だが半分は本当だ。自宅にいるときはほぼ寝ていたし、この3日間、仕事を休んだわけでもないが、仕事場でもほとんど寝ていたからである。仕事場で寝れるのかと疑問に思った方がおられるかもしれないが、中学校や高校のころでも授業中聴いているふりをして実際寝ていたことってあるでしょ、あの要領です(苦笑)。本当は休みたかったが人がいないのだから、これはやむをえないことだった(注)。

(注)

日本人の労働環境の劣悪さ、たとえば労働時間の規制が36協定を介して骨抜きにされていることとか、有給休暇の消化がなかなか進まないことなどに象徴されるような休みづらさなど問題が山のようにある。そのうちの有給休暇についてだが、私がよく訪問させていただいているhamachanブログの「年次有給休暇のそもそも」がたいへん勉強になった。そしてそこのコメント欄にも注視してほしい。アジア各国の休暇法制について教わることができたことと、低賃金に甘んじ、働きすぎの日本人労働者の本来であれば味方であってもいいはずの社労士がバカ丸出しのコメントをいれている。社労士というのは受験用の予備校本しか読まないのだろうか。こんなバカなコメントを入れているから社労士悪者論が跋扈するのである。

 

本日の午前中まで寝る以外に起きていること自体がしんどかった。しかし、午後からまだまだ本調子とはいえないが、少し楽になった。そしたら、1月中に注文していた赤本が本日届いた。赤本というのは「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」のことで、

こういうやつだ。今年のもふくめ昨年・一昨年の3年分を注文していた。

調査会社にいたころは会社においてあったが、ほとんど見ることもなかった。ところが、交通事故分野で著名な小松弁護士が、この本を交通事故賠償に関する情報源の宝庫みたいに絶賛されているのを知って以来、毎年、2月くらいになるとこんどこそ買おう・買おうと思ってみる。しかし、懐具合の関係もあって、これまで買いそびれていた。だから、私はこれまで1冊も持っていなかった。

ところが、私のところの相談者の中には、相談者の主張を否定するために、相手弁護士が赤本の講演録編から引用していたので、これはやっぱり目を通しておきたいと思った。で、3年分を思い切って注文した。3年分注文すると3000円+3000円+2800円+700円。しめて9500円なり。

今年度の分もふくめ3年分の講演録編目次だけご紹介する。
【2015年】
□最近の東京地裁民事交通訴訟の実情
□損害賠償額の算定について
①責任能力の有無が微妙な年齢の未成年者が自転車事故を起こした場合の親権者の損害賠償責任
②運行供用者責任(バス乗降中の事故)
③オープン・エンド方式のオペレーティング・リース契約を中途解約した場合,ユーザーが負担する中途解約違約金について
④映像記録型ドライブレコーダに記録された情報と交通損害賠償訴訟における立証
□交通鑑識活動による事案の解明について

【2016年】
□最近の東京地裁民事交通訴訟の実情
□損害賠償額の算定について
①時間的,場所的に近接しない複数の事故により同一部位を受傷した場合における民法719条1項後段の適用の可否等
②後部座席シートベルト,チャイルドシート不装着の場合における過失相殺
③入院付添費について
□胸・腰椎の疾患と外傷

【2017年】
□最近の東京地裁民事交通訴訟の実情
□損害賠償額の算定について
①被害者死亡の場合における近親者固有の慰謝料
②物損(所有者でない者からの損害賠償請求)について
③心因的要因を理由とする減額
□自動車の構造と修理技法

それ以外にもいくつか本を注文したがそれらも届いた。

このところ、頭部の後遺障害についての相談がちょっとだが、増えてきた。高次脳機能障害とかPTSDとか。私の所持している医学書は総じて古い。頭部外傷に関するこの「標準脳神経外科学」もさすがに古すぎた。そろそろ買い替えどきかと思い、新しいのを購入した。ただし、お金がないから最新版ではなくて、2011年のものである。古本で1000円ちょっとした。
 
徒手検査方法におけるエビデンスの書籍といえば、類書は存在しないらしく、この本だけである。古本で安くなるのを狙っていたものの、いつまで経ってもぜんぜん安くならない。とうとう痺れを切らして思い切って買った。ほぼ定価に近い値段だった。私のような貧乏人にはたいへん痛い出費である。
 

まだ本調子ではないが、なるべく早く通常運転に戻したい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください