赤信号なのに、人はどうして青だと勘違いして信号無視してしまうのか

【全青はないが、全赤はある】

以前の記事でこう書いたことがある。

たとえば信号のある交差点で双方青主張の出合い頭衝突事故がある。双方青ということはありえないから、どちらかがウソをついているか、勘違いしている。ウソをついている場合はともかく、どういう場合に勘違いするのだろうか。ぼくの経験した具体的な実例をご紹介しよう。ひとつは実際にあった事故のケースである。

信号のある交差点が近接しているケース

下の航空写真を見てほしい。現場は福井県坂井市内である。写真の中央にひとつと左下にもうひとつのふたつの交差点が存在する。いずれも信号のある交差点である。事故は、北東方面から進行してきた大型バスが信号赤で交差点(地図中央の)を通過し、その結果、右方交差道路から青進入してきた普通乗用車と出合い頭衝突事故を起している。なぜ、大型バスは赤で進入したのか。

写真をよくみていただくとわかるように、実際の現場はふたつの交差点が隣接しており、その距離はわずか50mほどしかない。バスの運転者は最初に手前の交差点の青を確認し、その後、もう一つ先の交差点の信号が青なのも確認した。そして、もういちど手前の信号が青信号なのを確認するべきだったのに、そっちのほうはどっかに飛んでいって、後の青信号の残像だけ網膜に焼き付け進行してしまったわけである。こういうことはうっかりしていると起しやすい。これは隣接する各交差点の信号機が「オフセット」という制度設計がされていることが原因である。

「オフセット」

幹線道路を走る車が、信号により停止することなく、各交差点をスムーズに通過できるように、隣接する交差点間の青信号開始時間にずれを持たせる。この時間のずれを「オフセット」という。1サイクルの時間に対する「パーセント」または「秒」で表示する。 たとえば、100秒サイクルの信号機A、Bがあり、AB間の青信号開始時間に10秒の差がある場合は、10パーセントまたは10秒のオフセットがあることになる。

逆光のため信号の色がはっきりしないケース

もうひとつが、ぼく自身の体験によるもので、あやうく事故になりかかった。現場は小松市内の信号のあるT字路交差点である。正確な時間は忘れたが西日の刺す夕方のことだった。ぼくは突き当たり路側からの進入車だった。下がその現場の航空写真である。

 
そのときは、対面信号が太陽光に照らされて、何色なのかはっきりしなかった。青・黄・赤のどれも点灯しているように見えたのだ。しかし、ぼくより30mほど先を走っていた車が当交差点を右折していったので、まだ青信号だろうと判断した。念のためもう一度目を凝らすと、やはり青が一番光っているように感じた。それで当交差点に進入したのだ。右折を完了し終えたやいなや、左方交差道路側からの進入車にけたたましく何度もクラクションを鳴らされた。それで、ぼくが赤信号で進入したことがわかったのである。この太陽光に照らされて信号が点灯しているように見える現象を「擬似点灯現象」というらしい。「擬似点灯現象」というのは、下の信号のように、


 
太陽光が信号灯にまともに照りつけると、青・黄・赤すべての電球が発光しているように見える現象である。内部の光源が青・黄・赤に着色されたガラスを光らせる電球式信号の場合、西日などが外側から直接ガラスに当たると、点灯時と同じように光って見えてしまう現象のことをいう。電球式信号にはこのような致命的な欠点があったため、現在は、西日対策のために、電球式からLED信号機への交換が相当に進んでいて、県内は電球式はほとんどか、まったくなくなっているように思われる。

したがって、かつてはいたるところにあった電球式信号だが、当交差点の信号灯も電球式からLEDへ交換されているものと思われる。ネットで調べたら、ぼくの住む石川県の信号機の状況は以下のようであった。

石川県内でも導入が進んだLED信号機。が、雪国特有の弱点が課題になっている。LED信号は発熱が少ないため(LEDはレンズ1個当たりの消費電力が15ワット。電球に比べて5分の1程度とバツグンの省エネ性や長寿命などメリットが多い。)、張り付いた雪が解けず、「信号が見えにくい」との 警察への通報が後を絶たないそうだ。


 
省エネ効果の大きいLED信号を円滑に運用するために、県警は人海戦術 といった別のエネルギーを費やすことになりそうだとあった。LED信号は逆光でも視認性が高く、比較的小さな電力で発熱するため、従来の電球式に比べ省エネ効果があるとして、全国で設置が進んでいるが、雪国にはこんな欠点もあった。

見込み発進のケース、全赤のケース

ほかに考えられる原因としていくつかあるが、よくあるのは、交差道路側の信号機の色が赤なので、自分のほうの信号は青だろうと即断して信号無視でそのまま進入してしまうケースである。あるいは見込み発進してしまうケースである。双方が赤、すなわち全赤時の衝突事故が起こることだってありえる。

全赤というのは、信号機の状態変化の直後に全方向の信号機が赤になることをいう。進行方向の信号が変わった後に交差点内に進入している車両を交差点の外へ流出させ、交差点内での事故を防ぐことが目的だとされている。全赤時間は、一方の道路の停止線から交差する他方の道路までの距離から算出されるらしく、たいていは2秒もしくは3秒に設定されている。

全赤の事故の裁判例

この際だから、全赤の判例を紹介しておこう。どっちもどっちかと思われた方もおられるかもしれないが、必ずしもそうではない。

神戸地裁 平成8年1月18日判決
信号のある交差点中央付近で、全赤状態時に乗用車同士が衝突した事故で、速度超過の度合いがより大きく、かつ、進行方向の信号が青色信号に変わる前に交差点に進入した被害者は加害者よりも過失が大きいと、6割の過失を認めた事例。

 

神戸地裁 平成6年10月27日判決
「全赤」状態での乗用車同士の出会い頭の衝突につき、黄色から赤に変わる時に交差点進入した加害車と、赤から青になる時点に進入した被害者の過失をそれぞれ6:4と認めた事例。

調査をするうえでの基本情報である

以上は、信号青・青主張の場合に必ず確認しなければいけないことのいくつかである。他にもいくつかあるが、全論点を書くのもシンドイので、これくらいにした。

いずれも代表的なものをとりあげた。調査員ならいずれのケースも熟知しているはずであり、信号の色に争いがある場合の重要な確認事項である。が、警察官の書いた調書の真偽を争う裁判の中に、「第三者である警察官が、「西日が逆光となり」というようなまことしやかな表現を(捏造)すること自体不自然であり」と評価しているものがあった。逆光のため信号の色が判然としないのは事故当事者にしかわからないと思われているらしい。交通事故を担当する警察官ならたぶん知っていて当たり前、知らなければ落第である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください