アクセス数推移

アクセス状況

交通事故に関する記事数とアクセス数アップのための月単位の指標(google解析使用)とを、半月ごとに集計してここに記録していきたい。

アクセス数推移 
記事数セッション数ユーザー数ページビュー数
2016年度
3・1220146412781886
4・1628172214172618
5・01351754 14882437
5・1547251120683453
6・0158452636876203
6・1566561846187466
6・2167609750008193
7・0167647552778720
7・1572676854509369
8・0179641351948728
8・1583706958549192
9・01888502699510841
9・15899362764612011
10・01939326767611904
10・15959465782811864
11・0110710633876513272
11・1511811829971114840
12・01131127091040816038
12・15142137021122117600
2017年度
01・01146135731112317576
01・15149134461118117505
02・01156165811380121213
02・15159194011591424658
03・01162211481720527012
03・15168225861837228577
04・01174220551795627569
04・15178220721796827886
05・01181234841925329567
05・15187240862003629980
06・01190238641971629977
06・15194244292021530324
07・01198253572105731186
07・15202247532045830428
08・01205248592070730625
08・15207253592107331194
09・01210268862232032791
09・15214303582517637339
10・01219295822444536512
10・15220276382312433506
11・01226289552426334880
11・15227279992309133877
12・01230266902207732385
12・15234261992167531980
2018年度
01・01237241011989229378
01・15237228341904227804
02・01237264532205532329
02・15240278322303434102
03・01243274642272434035
03・15245261832164332360
04・01248222061837127479

特記事項

【16・12・19記】
アクセス数そのものは大きく変わったわけでもなさそうなのだが、2016・12・16よりワード検索からのアクセスが激減している。どうしてだか、不明。

【17・01・11記】
昨日1日だけで5件の問合せあり。

【17・02・01記】
月間PV数が20000を越えた。

【17・02・10記】
前日、初めて1日のPV数が1000を突破(1013)。

【17・02・21記】
2月にはいってから、アクセス数がいっきに伸びている。月間PV数26052。セッション数も20337。「ネットだけで食える」といわれる数字までもう一歩のところ。あとは、記事数を300にすることである。

【17・03・15記】
「ネットだけで食べられる」という数値21900(セッション数)を達成。次のステップのめども立ちそうだ。

【17・04・07記】
昨日、ページビュー数が1200を初めて突破し、「1256」に。次の目標は「1500」。なるべく早く達成したい。

【17・04・27】前日の月集計PV数「30301」。

【17・05・09】PV数1500を突破。「1502」。

【17・06・03】ページ速度がひどく低いので、以下のコードを「.htaccess」に貼り付けてみた。

# キャッシュ設定
ExpiresActive On
ExpiresByType text/css “access plus 15 days”
ExpiresByType image/gif “access plus 10 days”
ExpiresByType image/jpg “access plus 10 days”
ExpiresByType image/jpeg “access plus 10 days”
ExpiresByType image/png “access plus 10 days”
ExpiresByType text/js “access plus 1 month”
ExpiresByType text/javascript “access plus 1 month”
ExpiresByType application/javascript “access plus 1 month”
ExpiresByType application/x-javascript “access plus 1 month”
ExpiresByType application/pdf “access 1 month”
ExpiresByType image/x-icon “access 1 year”
# gzip圧縮

SetOutputFilter DEFLATE
BrowserMatch ^Mozilla/4 gzip-only-text/html
BrowserMatch ^Mozilla/4\.0[678] no-gzip
BrowserMatch \bMSI[E] !no-gzip !gzip-only-text/html
SetEnvIfNoCase Request_URI \.(?:gif|jpe?g|png|ico)$ no-gzip dont-vary
SetEnvIfNoCase Request_URI _\.utxt$ no-gzip
#DeflateCompressionLevel 4
AddOutputFilterByType DEFLATE text/plain
AddOutputFilterByType DEFLATE text/html
AddOutputFilterByType DEFLATE text/xml
AddOutputFilterByType DEFLATE text/css
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xhtml+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/rss+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/atom_xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-javascript
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-httpd-php

 
GTmetrix 」というサイトで自サイトのページ速度を測ってみたら、「PageSpeed Score」は、以前の「45」から「79」にあがった(平均値71)。ただし、正面玄関のページがあいかわらず低く、「PageSpeed Insights」では、パソコンで「53」、モバイルで「46」の低評価だった。

【17・06・08】当サイトは直帰率が高いので、内部リンクの整備をやらないといけないと考えている。手始めに「Wordpress Related Post」という関連記事を加えてくれるプラグインをいれた。ただし、「h3」で始まるために、目次欄に関連記事まで出てしまう。そのためカスタマイズし、以下のコードにいれかえた。

‘ . $title . ‘

あれれ、うまく表示されていないなあ。編集画面には残っているのでとりあえずこれでよしとしよう。

関連記事については、いずれその説明文を加えるつもり。

ページ速度についても前回につづき改善を行った。と言っても、「a3 Lazy Load」というプラグインをいれただけ。その結果、正面玄関のページ速度がかなりあがった。パソコンについては53→78、モバイルについては48→67。デメリットは、スライダーの周期と合わないこと。

【17・06・09】「a3 Lazy Load」を停止した。ページ速度はかなり改善されたものの、スライダーの画像表示ができづらくなったため。周期を遅らせることで対応できるかと思い、やってみたが(5秒から10秒へ)、ダメだった。

【17・06・21】「WP Fastest Cache」という、評判のキャッシュ系プラグインをいれた。その結果だが、PageSpeed Scoreは79%から89%へ、YSlow Scoreは、71%から78%へ上昇。今のところ不具合は見つかっていない。

【17・06・28】
ログインがしづらかったり、アクセスカウンターが固まったりなど不具合が生じていたので「WP Fastest Cache」などをいったん停止してみた。何が原因でそうなったのかを調べるため、停止していた「WP Fastest Cache」を有効化した。その結果、pageSpeed Scoreは(92%)、YSlow Scoreは(78%) に復活した。さらにサーバーに残っていた「Login rebuilder」を完全削除した。・・・が、ログインバーが表示されなくなったり、アクセスカウンターや24時間のアクセス集計が表示されなくなるなど不具合がいずれも復活したので、「WP Fastest Cache」を改めて停止。不具合はいまのところなし。

【17・08・24】
このところ記事出しがうまくできていない。理由は、新しいパソコンへの移行がうまくいっていないからである。そのひとつに、マイクロソフトのoffice製品の不具合がある。不具合の理由は、よくわからんが、新しいofficeを利用しようとするときにマイクロソフトのアカウント登録をしないといけないわけだが、そのため個人情報を書き込まないといけない。個人情報ってもっと大切なものじゃないのか。個人を特定できる事項はできるだけ登録したくない。だから、ものは試しに、ぼくはテキトウに登録してみた(苦笑)。そしたら、そのためかどうかはわからないが、以下のようなエラーが発生した。

問題が発生し、Outlook はアカウントを設定することができませんでした。もう一度やり直してください。問題が解決しない場合は、メール管理者にお問い合わせください。

office製品が使えないのも困る。かといって、個人情報の漏出になりそうなことはできるだけしたくない。テキトウでなく適当に入力する必要があるのかもしれないが、ほかによい解決策がないのかどうか、ここしばらくシーイーシー(試一試。中国語でちょっと試してみるということ)してみたい。

【18・01・04】
ページ速度が若干改善された。以前は、「very slow」「83% of sites are faster」だったが、「All In One SEO Pack」と「WordPress Popular Posts」の2つのプラグインを外したところ、

Slow
(3.151 Seconds)
76% of sites are faster
Average Load Time

 
【18・01・08】
Count per Dayのアクセス数表示がgoogleの解析と比べて1割以上に水増し表示されることが多かったので、無視するブーツを追加した。
 
【18・01・19】
本日、50万アクセス達成。カウント開始日は2016年5月2日(Count per Day)。

【18・01・26】
グーグルアドセンスを申し込む。審査があるらしくて、通るかどうか。

【18・01・28】
本日グーグルアドセンスの審査が通ったとのメールあり。さっそく広告が載る。

【18・02・19】
グーグルアドセンスが推薦するAMP(プラグイン)を入れたら、グーグルから警告が来た(?)。それで、AMPを停止・削除した。その結果、一部の記事(55記事)がアクセス不能になっている。ネットでその対策を調べてみた。放置しておくべし。そのうち自然に直るとのこと。で、しばらく様子見ということにした。

【18・03・20】
サイトをHTTPS対応に設定する作業を行う。かなりむずかしい作業なので敬遠していたが、本日決行。うまくいくといいのだが。

【18・03・24】
忍者アナライズを解除した。理由はSSL化に対応していないため。

【18・03・25】
SSL化(HTTPS対応)完了。ただし、カスタム検索を解除している。備忘録として、SSL化でやったことをかんたんに書く。
①SSL証明書の発行。ロリポップで無料登録ができる。
②サイト内のhttpになっているところを全てhttpsに書き換える作業。内部的な書き換えには便利なプラグインSearch Regexを使った。それでも全部の置換ができないため、メニューなどhttpが残っていそうなところを確認し、httpsに変える。その際に、「検証」→「consol」を使えば問題個所の把握に役立つ。なお、事前のバックアップが必要である。
③httpsへのリダイレクトの設定。ロリポップのftpから書き換えを行った。
④Google Analytics、Search Consoleの設定をhttpsに対応させる。Search Consoleは、httpとhttps両方設定しておく。
⑤Google Analyticsとアドセンスを連携させた。

問題点
カスタム検索の書き換えがうまくいかなかったため、とりあえず解除することにした。
googleからのエラーメッセージがひとつあり。「サイト https://jiko-higaisya.info/ で「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出されました」。未対応。

【18・03・28】
「サイト https://jiko-higaisya.info/ で「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出されました」に対応するため、XML Sitemapの設定画面で、「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外してみた。結果、現段階では不明。

ピックアップ記事

2018.2.16

「12人の怒れる男」と日本の裁判員裁判

裁判員裁判とは 裁判員裁判のことについてはぼくは詳しくは知らなかったので、ああだ・こうだ言うまえに、ちょっと調べてみた。 裁判員裁判…

ページ上部へ戻る