PV数がやっと20000を越えた

本日は月の初めなので区切りがいいのと、PV数が初めて月20000を越えた(ヤッタア!)記念すべき、記録すべき日なので、そのことについて書いてみたい。

自分はアクセス数なんて関係ないと言っている人も中にはいるみたいだけれど、あえて不特定多数のだれでもが見られるネットでブログなりサイトなりを運営しているということは、できれば多くの人に見てもらいたいという希望なり欲求なりがあってのことだと思う。いやそうではないとおっしゃるのなら、だったら日記かメールかにすれば用は足せるはずで、にもかかわらずどうしてネットを選択したのかということになるだろう。

せっかく苦労して書いた記事。ぼくはできるだけ多くの人に見ていただきたいと思っている。その閲覧数がようやく20000に達したが、まだまだ足りない。記事数自体も150を越えたていどでぜんぜん少ないし、その倍の300くらい書かないと勝負にならないという思いが強い。

しかし、どんなに頑張っても某NPO法人には勝てないよと言われたことがある。記事数が8000ページ、年間訪問者数が700万とか公称している。いずれもすごい数字である。これが本当なら逆立ちしたって勝てっこない(20年間一日も休まずに書きつづけても7300にしかならないから、どんだけすごい数字か)。しかし、前に1日のアクセス数が4800くらいだと主催者が書いてあるのを見たことがある。書いた時期が違うので、どちらも正しいのだろう。前者に匹敵するほどになるのはとても無理だが、後者ならなんとかなりそうな気がする。

そのためにはとにかく記事を300書くこと。300書いたら、この調子なら1日のアクセス数が2000くらいにはなるだろう。そして、なるべく独自色の濃いもの、個性の強いものを書くよう心がけたい。当サイトは交通事故に関するマイナーな話題がメインだし、この分野はある種の決まりごとがやたら多くて、独自色や個性を出しづらいところがある。そこを無理をして書くと、下手をすれば独りよがりになってしまいかねない。かといって、教科書に書いてあるようなことをただひたすらなぞるようなこともしたくない。そんな、どこを切っても同じ金太郎飴のような内容ならそれこそどこにでもあるわけで、わざわざこちらに見に来てくれるとも思えないし、だいいち書いていてもちっとも面白くない。
 

 
ここ最近、アクセス数が増えるとともに、相談していただける機会も増えた。増えたとはいっても平均して週に2回ていどである。当初はメールばかりだったが、最近はいきなり電話というのが増えている。24時間このことに集中できればいいのだけれど、別に仕事を持っているし、主夫業もあるため、その合間をみ、時間をやりくりして対応しているだけである。だから、相談数としてはこれくらいがちょうどいいように思う。

そのようなしだいで、記事数300は、かんたんそうに思えてぼくには大変だが、なるべく早い時期に達成したいと思う。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください