しびれが事故直後に発症していないという理由で脊髄損傷が否定できるのか

他にも2件相談があって、そのままになっています。商売繁盛といいたいところだが、おカネにならない相談だし、寝不足気味だしで、気がのらない。

気がのらない理由はもうひとつあって、自分の「またじ」もできていないのに、他人のこと首突っ込む資格があるのかということ。

「またじ」って意味がわかりますか。ネットで検索すると「飛騨方言」とあった。こっちでも使うけれど。母がよく使っていた。私のことを非難するときに。

訳すると、自分のことでさえできていないのに、他人のことかまっている場合かよ、くらいの意味。どうなるのかわかりませんが、いずれブログネタにしたいくらいですね。

ところで、労災顧問医の主張がこちら。

それに対するこちらの感想。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください