お問合せ・苦情等

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

当事務所が扱う相談内容

1⃣後遺障害案件
2⃣事故状況の確認案件
3⃣損害保険

この三つがメインである。

×保険金詐欺案件
×工学鑑定案件

このふたつは扱っていない。

問い合わせは、後遺障害か事故状況に関するものが圧倒的に多い。ときに、保険金詐欺を疑われ困っているという相談や、工学的知識と経験を要する交通事故鑑定に関する問い合わせもいただく。意外なのは、休車損害の記事がコピーされまくりなのに、その方面の相談をこれまでに1度しかいただいたことがないことだ。

当事務所では保険金詐欺事案は扱わない。休車損についてはあまりに煩雑になりそうなので、メールや電話では無理で、面談が必要になる。交通事故鑑定については、多少の相談にのれるていどで、実際の鑑定業務はやっていない。

なお、記事内容に関する質問については大いに歓迎する。が、記事ではっきり書いてあることなのに、それでも不安なのか確認のための問い合わせをいただくことがある。そういう方の質問には一切お返事したくないので、ご注意ください。以下、個別の注意点を述べたい。

事故状況に関する相談

相談者が氏名・住所を明かす必要はとくにない。仮名でかまわない。が、事故証明書記載の事故現場を必ず明記してほしい。それと事故状況についてもなるべく詳しく説明してほしい。本当は事故現場を訪問し調査したい相談も多い。が、遠方だとそういうわけにもいかない。せめてgoogleのmapで最低限の確認だけでもしたい。そのために、事故現場がどこなのかは必須である。明記していないものについては一切回答しない。

それ以外にも、事故発生時刻、天候、事故証明書の甲か乙か、事故種別についても教えてほしい。事故状況は絵で再現できるくらいに説明してほしいし、双方の破損部位等も教えてほしい。もし可能なら、事故状況説明図を書いていただくとわかりやすい。

後遺障害の相談

口頭やメールで説明していただくだけでなく、診断書などの医学資料をご用意していただきたい。一回目の相談は口頭等だけでかまわないが、2回目からは上記資料を準備していただきたい。客観的資料がないと間違いが混入しやすいからである。また、時系列で説明していただくと、誤解の可能性が少なくなる。

なお、相談者の中には資料を旧事務所の所在地(現在は削除)へ勝手に郵送される方もおられたが、その前にご一報いただきたい。それと原本は自分で保管され、コピーのほうを送ってほしい。原本を送られると紛失の可能性もあるし、相談者が必要になったときまた送り返さないといけなくなるなど、当方がコピー作業を余儀なくされるからである。ときに数百枚になることがある。その作業だけでも大変である。おカネをいただいているのならそういう作業も苦痛に感じないが、ボランティアのぼくにとってはたとえばコピー作業に1、2時間かけるのはただただ苦痛なのである。こういうことが最近いくつか重なったので、注意してほしい。

また、医学資料や判例文の照会をいただくことがある。ぼくはそのような要望に対してはこれまですべて対応してきた。メールで可能なものについては、比較的かんたんなのでメールで対応していることにしているし(それでも資料探しから始まってパソコンに資料を取り込む作業が加わるなどするから1、2時間は少なくとも要する)、それが不可能なばあいは郵送で対応することにしている。後者についてはこれまでは郵送料はいただいたことがなかった。

が、「ありがとう」の一言も言ってくれない人が中にいるのだ。ほかにも無料相談するところがいっぱいあるため、当たり前のように思われているのかもしれないが、そこまでタダでやってくれるところはぼくくらいじゃないだろうか。ほかはすべて生計を立てるためにやっているのだから、たとえ相談が無料だったとしても、顧客の選別目的で無料にしているところが多い。当たり前のように思われても困るのだ。今後は実費分の請求も致し方ないと考えている。ボランティアにおんぶにだっこではダメである。

ところで後遺障害については注意しておきたいことがある。以下の図は料率算定機構から引っぱっりだした資料。ここ最近の後遺障害認定件数と認定率である。

後遺障害専門家が大幅に増えているため、後遺障害認定のための申請件数も増えている。が、肝心の認定件数が減り、認定率が落ちているのだ。理由は、真偽は不明だが、後遺障害を認定する機関である料率算定機構の認定が厳しくなったためと言われていることがひとつ。もう一つが、こちらは確実にいえることだが、経験もあまりなく、知識もあまりない自称後遺障害専門家に依頼することが多くなったためである。自称後遺障害専門家にひっかかって、本来ならとれる等級が低等級になったり、非該当にされてしまうのだ。

ところで、後遺障害がわかるためにはどれくらいの経験が必要だろうか。保険調査員は事故状況専門の人もいれば、医療調査専門の人もいる。あるいは事故状況だけでなく、休業損害、休車損害、モラル、後遺障害などだいたいすべてにかかわる人もいる。いわゆる何でも屋は人員の少ない地方支社レベルに多い。当事務所は調査員元職のぼくと、同じく元職1人、現役調査員の1人の3人だが、いずれも何でも屋だった。

後遺障害などの医療調査についていえば、最初の通信教育から始まって、社内の講習や社外の講習に参加し、多くの実地も踏む。後遺障害にある程度詳しくなるためには5年は必要であると言われていた。ぼくの考えでは5年では素人に「毛」が生えた程度、少なくとも10年必要と考えている。弁護士を選任する際にも経験年数は重要である。5年程度ならやめといたほうがいい。そのことを記事にしたこともある。

なお、当事務所でやれることは限られているし、やりたくないこともある。中には無茶な相談をいただくこともある。その場合は、その旨をはっきり言いたい。

当事務所について

ネット相談が無料なこと

当サイトからの相談は実はそんなに多くなく、1週間に1件か2件のペースである。無料で相談に応じているのは当サイトの記事の内容を充実させるためである。リクツだけで記事として書いていてもおもしろくない、現実に生じている問題を通して記事を充実させたいためである。現実に発生している問題にかかわることで、調査員としてのぼくらの職業勘や調査レベルを維持したい。そういう気持ちが強い。

なお、当事務所は相談だけを受け付けており、調査は一切やらない。調査まで手弁当ではぼくらは足が出てしまうからである(相談だけでも本を買ったり等諸経費がかかるから赤字である)。それでもどうしても調査してほしいということでしたら、弁護士を通していただきたい。その場合は地域をとくに限定しない。ただし、原則的にはお断りしているので、どうしてもという例外的な場合だけである。

当サイトの目的

交通事故被害者にむけて、有益な情報を提供すること、また相談に応じることで、アクセスアップにつなげ、そのことがひいてはアドセンス広告やアフェリエイトによる収益につながる。それが当サイトの目的である。したがって、交通事故被害者の方に直接料金を請求することは一切ない。事故被害者にとって、他では得ることができないような、事故被害者にとっての必須の情報を提供するよう心掛けたい。とにかく、多くの記事を見ていってください。

当事務所の運営

当事務所の運営は元調査員であるぼく個人でやっており、当サイトの記事出しもぼく個人で行っている。ほかに元調査員1人と現調査員1人が記事内容にかかわることがある。記事出しの際に参考になる意見をいただいたり、別の視点を提供していただいたりしているからである。いずれもぼくよりも調査経験年数(12年)が多く、1人は19年、もう1人は30年を超える。

当事務所の回答は自己責任で

なお、当事務所の回答はあくまで参考意見である。セカンドオピニオンを必ず実施してほしい。あるいは、セカンドオピニオンとしての利用でもかまわない。とにかく、1つだけの意見で決めないことである。

それと、回答には時間を要すると思っていただいた方がいい(ただし、電話なら比較的早く対応ができるかと思います)。ぼくらは別に仕事をもっており、こちらで生計を立てているわけではないし、家庭の事情(主夫や子育てなど)もあるため優先順位がどうしても下がってしまう。ボランティアなんだからそれくらいはがまんしろというわけでもないが、リアルの生活のほうが大事なので、そこはお許しいただきたい。

引き換え条件

有料でないこととの引き換え条件というわけでもないけれど、持ち込まれた事故情報の2次使用をお許しいただきたい。2次使用といっても当サイトの記事として使うのみである。たとえば質問に対する回答というような記事である。個人名および個人名が特定されるような使い方は一切しない。

個人情報に関連してであるが、中にはこちらが要求もしないのに、画像等個人情報を事務所宛に郵送される方もおらえる。その取扱いに困ることもあるため、一定の期間が過ぎた時点で、返却できるものは返却し、メール等で添付した資料については削除することにしている。流失することが絶対ないことをここで明記したい。

中国語対応可能

当サイトは中国語でも対応可能である。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。後遺障害に関する豊富な医療調査経験と中国語対応が可能なところがうちの強みだと思っている。電話がつながらなかったら、折り返しこちらから電話することがないため、時間をおいてまたお架けください。電話代だけは申し訳ありませんがそちらで負担していただきたい。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

ご批判・苦情について

当サイトの記事で何か間違いや苦情等ございましたらお知らせいただきたい。理由を示していただき、もっともだと判断したときは、すみやかに削除など善処したい。当サイトで書いた記事内容に固執し、意固地を通すつもりはまったくないし、書き直そうか検討中の記事も現にいくつかある。どうかよろしくお願いいたします。

その後の改定経緯

【18・10・26改定】調査は受けないとしていたが、「弁護士を通じてならOK」とし、内容を変更した。なお、当方から弁護士や鑑定人の紹介はやらない。

【18・11・03改定】内容の変更はなく、一部表現を変えたのみ。

【19・11・13改定】字句の変更のみ。

【19・11・16最終改定】当サイトの目的を変更した。アクセス数を多くすることによるアドセンス広告およびアフェリエイトによる収益である。したがって、従来どおり無料相談には応じるだけにした。そのため内容を改訂した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください