T字路交差点での左折車同士や右折車と左折車の事故の過失割合

過失割合のバイブルといわれる「判例タイムズ過失相殺率基準本」には、T字路交差点での左折車同士や右折車と左折車の事故の過失割合が載っていません。ネットでも「T字路交差点での左折車同士や右折車と左折車の事故の過失割合」は、どうしてだか無視されています。

どうしてでしょうか。では、どのような過失割合になるのでしょうか。

T字路(丁字路)交差点の事故類型

T字路交差点で発生する事故にどのようなものがあるのか、そのすべての類型を以下にあげてみますね。

①突き当たり路からの左折車と右方交差道路からの直進車

②突き当たり路からの左折車と左方交差道路からの直進車

③突き当たり路からの左折車と右方交差道路からの左折車

④突き当たり路からの左折車と左方交差道路からの右折車

⑤突き当たり路からの右折車と右方交差道路からの直進車

⑥突き当たり路からの右折車と左方交差道路からの直進車

⑦突き当たり路からの右折車と右方交差道路からの左折車

⑧突き当たり路からの右折車と左方交差道路からの右折車

これで全部です。

判例タイムズ未掲載の事故類型

ところが、過失割合のバイブルである判タ「過失相殺率基準本」では、そのうちの①⑤⑥⑧しか載っていないのです。えー・えーと思われる方がおられるだろうから、判例タイムズの該当箇所を載せておきます。

どうでしょう。②③④⑦が完全に抜けているのがわかってもらえたかと思います。hannta01

hannta02

「左折車同士」「右折車と左折車」はのっていませんよね。
これはどうしたことでしょうか。

判タで出ているのは交点が生じる事故だけ

その理由は、図に両車両の通常の進路軌道を描いていただくとわかりやすい。前者については、必ず交差します。すなわち、どちらかに優先劣後の関係をつけないと必ず交差(衝突)するわけです。たとえばこの図をみたらわかります。
koutenn
koutenn02

しかし、後者については、通常の進路軌道を走行している限り決して交差せず、衝突しない。本来は衝突しようのない事故なのです。このような事故を「交点の生じない事故」と呼んでいます。判タに掲載されている事故は、交点が生じる事故に限られます。

ここは大変重要なのですが、ネット情報では言及している人は皆無ではないでしょうか。

交点の生じない事故

「交点の生じない事故」は判タの「過失相殺率基準本」に載っていません。その理由は別の事故類型に属するためです。

←ここ重要ですね。

したがって、判タの適用は許されません。これらは通常の進路軌道を走行している限り決してクロス(衝突)しない事故であり、これが衝突するということはどちらかが相手車線上に進入したことが原因です。

さて、この前提知識から、以下の相談に対してどう答えるかです。

T字路交差点で、相手車は突き当たり路から左折し、当方は直線路から突き当たり路側へ右折した事故

T字路交差点で、相手車は突き当たり路から左折し、当方は直線路から突き当たり路側へ右折したところ、衝突してしまいました。自車側は優先道路です。

ところが、判例タイムズの過失相殺率基準本にはこのような事故形態が載っていません。過失割合はどうなるのでしょうか。

(回答)

本件事故は判タの過失相殺率基準本に掲載されておらず、いわゆる典型事故に該当しません。その意味で非典型事故です。今回のケースは④に該当し、したがって両車両は交点が生じないため、両車両間に優先劣後の関係は原則として生じません。

優先劣後の関係が必要になるのは、通常の進路軌道を走行していると必ずクロスしてしまう関係にある場合です。クロスするからこそどちらかを優先させ、どちらかを劣後させる必要が生じます。

しかし、「交点が生じない事故」は通常に運転している限りクロスが生じないのだから、そもそも双方に優先劣後の関係を作る必要がありません。繰り返しますが、双方の車が双方の車線内を走行している限り、双方は決してクロスすることがないからです。

ということは、「交点が生じない事故」の場合、相談者側が優先道路を走行していたという事情は、そのことで相手に対する優位性を主張できる理由に原則としてならないということです。

この主張については反対意見もあります。優先道路側に優先性を認める見解です。しかし、その理由がはっきりしません。優先道路だから優先なのだというトートロジに陥っているだけで、どうして優先・劣後の関係をここでつくり出す必要があったのかについて、私がこれまで見た範囲では論理的に明確に答えたものをみたことがありません。

繰り返しますが、優先・劣後の関係が必要なのは、そのままだとぶつかってしまうからです。ぶつからないようにするために、その間に優劣をつくり出す必要があるからですね。そのままだとぶつかりようもない関係にまで優先道路であることを理由に優先性ありとするのはおかしいことです。

たとえばこんな事故だったらどうでしょうか。黄色車が早回り(ショートカット )右折をして赤色車と衝突した場合、黄色車が優先道路側だからという理由で、過失が小さいなんてありえないことです。

koutenn009

T字路交差点事故のまとめ

以上を整理すると以下のようになります。

判タの取り上げているT字路交差点における事故は①④⑤⑥⑧だけです。それ以外の②③④⑦は「交点が生じない事故」ということになり、判タの想定していない事故であり、非典型事故です。判例も、②③④⑦については優先関係に言及していないものが多いです。

では、このようなケースだと具体的にどのような過失割合になるのでしょうか。ネットで調べてみたところ、②については判タの適用があるなどと間違った解説をしているものもあります。

カーブ路上のセンターラインオーバ―事故の過失割合についてはこちらの記事で書いております。
センターオーバー事故で対向車にも過失ありとした判例

③④のいずれについてもいえることですが、どちらが相手車線に進入したかがはっきりしないケースも目立ちます。このような場合は、50対50を基本にして、速度や車体の幅などを勘案して過失割合を決定すべきではないでしょうか。実際の和解案ではその点に言及されているようです。

MEMO
調べた参考例が少ないため、調べてさらに判例を追加予定です。何年も前に書いた文章に若干の加筆を行っただけなので、判例を追加したうえで、さらに加筆できたらと思っています。

また、「交点が生じない事故」いうのは一般的な用語ではないため(事故鑑定人の林洋氏などごく一部が唱えているだけである)、ご批判もあるかもしれません。建設的批判をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください