お問合せ・苦情等

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

当事務所が扱う相談内容

問い合わせは、後遺障害か事故状況に関するものが圧倒的に多い。ときに、保険金詐欺に疑がわれて困っているという相談や、工学的知識と経験を要する交通事故鑑定に関する問い合わせもいただく。意外なのは、休車損害の記事がコピーされまくりなのに、その方面の相談をこれまでに1度もいただいたことがないことだ。

これらのうち、当事務所が扱っているのは、後遺障害および事故状況に関する相談である。保険金詐欺事案は扱っていない。休車損についてはあまりに煩雑になりそうなので、メールや電話では無理で、面談が必要になる。交通事故鑑定については、ぼくらにはその方面の知識も経験もほとんどないから、これは「ないものねだり」である。その方面に詳しいのがいるから、紹介してもいい。法律のむずかしい話についてはぼくには無理かもしれないが、当サイトの趣旨に賛同いただいている弁護士がおられるのでかまわない。なお、記事で書いてあることなのに、それでも不安なのか確認のための相談をいただくことがある。そういう方の質問には一切反応しないかもしれないので、よろしくお願いします。以下、個別の注意点を述べたい。

事故状況に関する相談

相談者の氏名・住所を明かす必要はとくにない。仮名でかまわない。が、事故証明書記載の事故現場を必ず明記してほしい。それと事故状況についてもなるべく詳しく説明してほしい。本当は事故現場を訪問し調査したい相談も多い。が、遠方だとそういうわけにもいかない。せめてgoogleのmapで最低限の確認だけでもしておきたい。そのために、事故現場がどこなのかは必須である。明記していないものについては一切回答しない。

それ以外にも、事故発生時刻、天候、事故証明書の甲か乙か、事故種別についても教えてほしい。事故状況は絵で再現できるくらいに説明してほしいし、双方の破損部位等も教えてほしい。もし可能なら、事故状況説明図を書いていただくとわかりやすい。

後遺障害の相談

口頭やメールで説明していただくだけでなく、診断書などの医学資料をご用意していただきたい。口頭等だけだと間違いが混入しやすいからである。時系列の説明は誤解の可能性が少なくなる。

なお、相談者の中には資料を旧事務所の所在地へ勝手に郵送される方もおられるが、まずはその前にご一報いただきたい。それと原本は自分で保管され、コピーのほうを送ってほしい。原本を送られると紛失の可能性もあるし、相談者が必要になったときまた送り返さないといけなくなるなど、当方がコピー作業を余儀なくされることがある。ときに数百枚とかになると、その作業だけでも大変である。おカネをいただいているのならそういう作業も苦痛に感じないのかもしれないけれど、ボランティアのぼくにとってはたとえばコピー作業に2、3時間かけるのはただただ苦痛なのである。こういうことが最近いくつか重なったので、注意してほしい。

また、医学資料や判例文の照会をいただくことがある。ぼくはそのような要望に対してはこれまですべて対応してきた。メールで可能なものについては、比較的かんたんなのでメールで対応していることにしているし(それでも資料探しから始まってパソコンに資料を取り込む作業が加わるなどするから1、2時間は少なくとも要する)、それが不可能なばあいは郵送で対応することにしている。後者についてはこれまでは郵送料はいただいたことがなかった。が、「ありがとう」の一言も言ってくれない人が中にいるのだ。ほかにも無料相談するところがいっぱいあるため、当たり前のように思われているのかもしれないが、そこまでタダでやってくれるところはぼくくらいじゃないだろうか。ほかはすべて生計を立てるためにやっているのだから、たとえ無料相談が可能だったとしても、顧客の選別目的で無料にしているところが多いのが実情だろう。当たり前のように思われても困るのだ。今後は実費分の請求も致し方ないと考えている。ボランティアにおんぶにだっこではダメである。

ところで後遺障害については注意しておきたいことがある。以下の図は料率算定機構から引っぱってきた資料だが、ここ最近の後遺障害認定件数と認定率である。

 
後遺障害専門家が大幅に増えているが、逆に認定件数が減り、認定率も落ちているのだ。理由は、後遺障害を認定する機関である料率算定機構の認定が厳しくなったためと言われていることがひとつ。もう一つが、経験もあまりなく、知識もあまりない自称後遺障害専門家に依頼することが多くなったためである。自称後遺障害専門家にひっかかって、本来ならとれる等級が低等級になったり、非該当になることがあるということだ。

ところで、後遺障害がわかるためにはどれくらいの経験が必要だろうか。保険調査員も後遺障害にかかわるが、最初の通信教育から始まって、社内の講習や社外の講習に参加し、多くの実地も踏んだうえでも、後遺障害にある程度詳しくなるためには5年は必要であると言われていた。ぼくの考えでは5年どころか10年必要と考えているが、そのことを記事にしたこともある。

なお、当事務所でやれることは限られているし、やりたくないこともある。中にはとても通りそうもない相談をいただくこともある。その場合は、その旨をはっきり言いたい。

当事務所について

ネット相談が増えた

以前はまったくと言っていいほどなかったネット経由の相談。最近はこれが多くなった。「多くなった」といっても、1週間に1件か2件のペースだから、なんだそれぽっちかと言われそうだ。1日のアクセス数が1500を誇る当サイトなら、本来なら相談件数がもっとあってもいいはずだ。が、これはやむをえないし、今のところ特に不満があるわけでもない。

相談が少ない理由はわかっている。第一に匿名サイトだということ。第二に、ちゃっんとした資格がない者が運営していること(かつて保険調査員時代は資格なんて要しなかったのに、交通事故被害者の側に立とうとするととたんに資格ガ・資格ガと言われる不思議)。この2点ではないだろうか。つまりは、正体不明の、実に怪しげなサイトなのである。それでも、相談していただける方がおられるのだから、たいへんうれしい。感謝している。外ヅラはいたって怪しげだけれど、中身は大まじめであることを理解していただけたからだと思っている。他人にお任せでなく、自分でも考えようとされている事故被害者の方の相談が多い。

なぜ匿名なのか

リアルの世界では当サイトのことを特に秘密にしているわけではない。ぼくの周辺の人は、たいていこのサイトの存在を知っている。ぼくは隠すことなく、「こういうサイトをやっているので見てね」と公言しているからである。だから、どうして匿名で運営しているのかとよく聞かれる。別に実名でもいいのだけれど、どうしても実名にしなければならない積極的な理由、たとえば相談料などの振込先として実名を公開するなど――が、ボランティアでやっている当サイトでは、その必要性がまったくないからである。

実名にしなければならない積極的な理由は今のところないが、匿名にしている積極的な理由のほうはあるのだ。ひとつは、自分の考えを、だれに遠慮することなく、ストレートに書けるからである。自分の実名をさらせば、リアルの世界でぼくとつながっている集団の眼がやはり気になる。ここで「集団」というのは人によっていろいろあって、それぞれ違う。人によっては「ご近所」だったり「町内」だったりする。あるいは「職場」だったり「同窓会」だったりする。為政者の批判をすれば、もっと大きな「国」も意識せざるを得ない。このように、自分が気になる集団には大小・遠近がある。それらを総じて「世間」としてみよう。「世間の眼が気になる」というやつである。ぼくは、そういう集団つながりを極力敬遠してきたし、実名を公表してもいいつもりでこれまで記事を書いてきた。だから、ぼくの周囲の人には当サイトをやっていることを公言している。だから、ぼくだけのことならまだいい。

が、ぼくには家族もいる。家族を介しての集団の眼、世間の眼というやつをどうしても意識せざるをえなくなる。そうなると、自分の思ったことをストレートに書けるかどうか自信がないのだ。それと、ぼくの書く記事の内容が気に入らなくて、「警告」してこられる方々もときどきおられることだ(「批判」でなくて「警告」である)。そういうこともあって、ぼくはいいのだけれど、家族のことを思うと、やはり実名公開は躊躇せざるを得ない。これがもうひとつの理由である。杞憂かもしれないが、家族に迷惑をかけないこと、家庭に持ち込まないことを条件に、この活動を許してもらっている。

以下は、ある弁護士さんが書かれた記事からの引用である。

世の中には自分の利益のために不自然なストーリーを貫き通す人がいます。その内面には不愉快が満ちているはずです。事実を捻じ曲げることなく、自然な気持ちに従う生き方をするならば、このうっとうしい梅雨空ですら、少し我慢すれば清々しい夏空に変ると希望を持つことができます。現実の世界で不正をして大きな利益を得ても、青い夏空を見て清々しい気分になれないという以上の大きな代償を払うことになります。

 
ぼくがストレートでものをいうのも、「青い夏空を見て清々しい気分」になってみたいからである。でも、匿名だと、これがいまいちなんだなあ。別にやましいことをしているわけでもないし、もっと正々堂々としたいと思うのだが。

当事務所についての蛇足的補足

なお、当方の所在地を「加賀市大聖寺」まで残したのは(以前は番地まで明記していた)現在は閉めてしまった旧事務所の所在がそこだったからであるが、お近くの方は、メールや電話よりも直接お会いしたほうが断然いいから旧所在地(の一部)を残している。メールや電話での相談では、一般的・抽象的な回答しか出来ないことが多いからである。なお、当事務所は相談だけを受け付けており、調査は一切やらない。調査まで手弁当ではぼくらは足が出てしまうからである(相談だけでも本を買ったり等諸経費がかかるから赤字である)。

相談に関しては一切お金はかからない。ただし、相談件数が多くなり、ぼくらのキャパシティを超えることになったら、生活に困っている方、深刻な方、難易度が高い方の案件を優先させたい。

どうして無料でやっているのか。ひとつは、有料にしてしまうと、非弁行為だのなんだのと後ろ指をさされるからである。違法なことはやりたくないし、やるつもりもない(注)。タダなら文句はないだろう。しかし、そんなことよりも、ただでもいいから、ネットで思ったことを書くだけでなく、リアルの世界でも何かのお役に立ちたいのだ。現実に発生している問題にかかわることで、調査員としてのぼくらの職業勘や調査レベルを維持したい。そういう気持ちがあってのことだ。

(注)金沢弁護士会所属の弁護士(役職者)に当サイトの存在を告知済みである。もし何か問題がありましたらおっしゃってくださいとぼくの方から通告したが、今のところ先方から何も言ってきていない。弁護士の方で、もし何か問題があることに気づかれましたら、苦情として対応しますので、よろしくお願いいたします。

当事務所の回答は自己責任で

なお、当事務所の回答はあくまで参考意見である。セカンドオピニオンを必ず実施してほしい。あるいは、セカンドオピニオンとしての利用でもかまわない。とにかく、1つだけの意見で決めないことである。

それと、回答には時間を要すると思っていただいた方がいいだろう(ただし、電話なら比較的早く対応ができるかと思います)。ぼくらは別に仕事をもっており、こちらで生計を立てているわけではないし、家庭の事情(主夫や子育てなど)もあるため優先順位がどうしても下がってしまう。ボランティアなんだからそれくらいはがまんしろというわけでもないが、リアルの生活のほうが大事なので、お許しいただきたい。

引き換え条件

有料でないこととの引き換え条件として、持ち込まれた事故情報の2次使用をお許しいただきたい。2次使用といっても当サイトの記事として使うのみである。たとえば質問に対する回答というような記事である。個人名および個人名が特定されるような使い方は一切しない。

個人情報に関連してであるが、中にはこちらが要求もしないのに、画像等個人情報を事務所宛に郵送される方もおらえる。その取扱いに困ることもあるため、一定の期間が過ぎた時点で、返却できるものは返却し、メール等で添付した資料については削除することにしている。流失することが絶対ないことをここで明記したい。

中国語対応可能

当サイトは中国語でも対応可能である。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。後遺障害に関する豊富な医療調査経験と中国語対応が可能なところがうちの強みだと思っている。電話がつながらなかったら、折り返しこちらから電話することがないため、時間をおいてまたお架けください。電話代だけは申し訳ありませんがそちらで負担していただきたい。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

ご批判・苦情について

当サイトの記事で何か間違いや苦情等ございましたらお知らせいただきたい。理由を示していただき、もっともだと判断したときは、すみやかに善処するつもりである。当サイトで書いた記事内容に固執し、意固地を通すつもりはまったくないし、書き直そうか検討中の記事も現にある。どうかよろしくお願いいたします。
 

ピックアップ記事

2017.2.18

自転車事故の過失割合

自転車は「軽車両」だということの意味するもの 分類は、いうまでもなく、ある意図をもとにした体系化であるから、意図が変われば同じ対象について…

ページ上部へ戻る