胸腹部臓器の後遺障害

表題に関する後遺障害についての相談をいただいたので、記事にしてみた。以下の記載は「後遺障害等級認定と裁判実務」という本からの記載が基本だが、そこから引っぱりだすだけではあまりに「芸」がないので、個別に、私が所持する外部・内部資料等を使って補足するつもりである。

胸腹臓器位置

胸腹部臓器の障害等級
等級一般的な臓器障害生殖器の障害
1級胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
2級胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
3級胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
5級胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの両側の睾丸を失ったもの
9級胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの生殖器に著しい障害を残すもの
11級胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
13級胸腹部臓器の機能に障害を残すもの

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください