「欠陥車と企業犯罪」(伊藤正孝著)他


【lemon-carとは、欠陥車のこと】

「欠陥車と企業犯罪」(伊藤正孝著)

この本、昔読んだことがあるんですよ。欠陥車問題に興味があったからでなくて、著者の伊藤氏に興味というか、大好きなジャーナリストの1人だったので読んでいました。当時は保険調査という仕事に就くまえのことだったからかその内容をほとんど覚えておらず、改めて読み返しましたが、新鮮な驚きの連続でした。

アメリカのラルフネーダーなどが脚光をあび消費者運動が盛んだった1970年ころ、ユーザーユニオンという組織が欠陥車問題を大々的にとりあげ、メーカー側と交渉していく。だが、そのメーカーと検察によってつぶされていく過程を、あのホンダN360の欠陥問題を軸にまとめている本です。

ユーザーユニオンとは改めて何だったのか。ネットで調べてみたら、ウィキペディアで「ユーザーユニオン事件」としてとりあげられていました。ただし、あまりにひどいとりあげ方ですね。そこでは、ユーザーユニオンとはただのタカリ屋です。ソースは同じ伊藤氏の著書だけなのに、この本を素直に読めばそんなふうには決してならなかったはずです。
ユーザーユニオン事件」(Wikipedia)

もし私がとりあげていたら、これとは印象がまったく違う内容になっていたことでしょう。こんな取り上げ方をされたら、著者である伊藤氏が存命なら、きっと怒り狂っていたにちがいありません。

言うまでもありませんが、交通事故は、「(人-車-道)システムの欠陥によって起こ」ります(「路上 の運転と行動の科学」シャイナー著・P22)。保険調査では、そのうちの「人」だけが取り上げられ、「車」や「道」が取り上げられることはほとんどありません。すっぽり抜け落ちています。この本でも同じようなことが書かれていました。

新聞は熱心に交通事故キャンペーンをやってきた。しかし車の構造が原因の事故は、全部整備が悪かったとして、運転者のミスにしてきた。もともと自動車の性能や強度は、新聞社や警察にとって一種の聖域になっており、設計の悪い車がかつて指摘された例はない。

そうすると、警察も新聞も、無実の運転者を罪人におとしめたのではなかったのか? 朝日新聞社に入社以来、ずぅと警察を担当してきた私は、無数の交通事故の現場に立った。事故を起こした運転者の何人かが「ブレーキがきかなくなった」「ハンドルのぐあいがおかしかった」と訴えるのをみたことがある。交通警官は即座に冷たくいう。「機械が急に悪くなるものじゃない。きょう車に乗る前に点検したかね」。運転者はうなだれる。新聞記者も「人をはねておきながら、車のせいにするとはふといやつ」と、ことさら意地悪な質問を運転者に浴びせる・・・。(P70-)。

私自身どうだったでしょうか。「車から急に火が出まして・・・」と事故の説明をする運転者がいたのを思い出しました。ウソつけ、お前が火をつけたんだろうと、内心思いながら、ことさらに意地悪な質問を運転者に浴びせていました。保険金詐欺の要素の強いモラル調査という事情もありました。

しかし、たまたまそうだったのかもしれませんが、この1件くらいしか思い出せません。メーカー側の味方をするつもりはありませんが、正直にいうと、交通事故を2000件くらい扱っていたにもかかわらず、車の性能や強度に疑問を投げかける事故当事者にこれまでほとんど遭ったことがありません。

私自身にその視点が欠けていたのかもしれませんし、保険調査員にその種の調査が来なかっただけなのかもしれません(保険調査は人の「過失」の有無が調査対象だから。車の欠陥は調査対象ではない)。ほとんど記憶にありませんね。

過去はいざしらず、日本の車は優秀なんですよ。そのあたりは著者である伊藤氏の体験とはやや違いますが、今でも日本の車は比較的優秀だろうと私は思っています。ただ、その根拠は・・・と問われれば、経験的なものだとしか答えられません。

伊藤氏によれば、欠陥車は技術上の問題で発生するのではなくて、経済性と安全性の均衡が破れるときに発生するとしています。ここはこの本のキモなので、引用します。

技術者たちが経験を積み、自信をつけるにつれて、安全を値切るようになっていった。部品の工程と品質を落とせば、安全性は低下する。それでも事故につながらない程度まで、ぎりぎりの綱渡りをめざすのである。

たとえばエンジンを開発する場合、品質のいいのと悪いのと2種類用意する。両方とも実験をパスすれば、品質の悪い方が採用される。メーカーは「不必要に品質が良ければ、単価があがってかえってユーザーの不利益につながる」という。しかし、「不必要に」という判断は綱渡りの思想に支えられているのであり、一歩踏みはずせば墜死である(P202)。

ところで、今回に限らず、もともと、ウィキペディアにはいい印象がありません。私は、執筆・編集の個人責任が不明瞭であるウィキペディアに懐疑的です。細部に誤りが多く、ソースも示されないことが珍しくありません。

ソースが示されていても、今回のようにそのソース(伊藤氏の本)の言いたいことにはまったく触れず、ねじまげて、真逆の方向に持っていこうとする。仮にも「事典」と名乗っている以上、何よりも客観的な正確さと学術的な専門性が必要なはずですよね。

「英語で大学が亡びるとき」(寺島隆吉著)

英語学者の寺島隆吉さんのブログ記事を拝見していたら、世界に通用するグローバル人材を育成するためということで、地元の金沢大学で学士過程で50%、大学院過程で100%英語で授業をするらしいことを知って、びっくりしてしまいました。

以下がそのことを紹介している地元の北国新聞の記事。寺島氏の嘆息も載っています。

母語たる日本語で授業を行なっても100%理解するのがむずかしいというのに、これからは授業を英語でやるというのだから、これはすごいことです。褒めているのではなくて、発想があまりにすごすぎて私にはついていけず、要するにイカレテイルとしか思えません。

日本語で受ける授業でさえ理解しづらいのに、英語でやるとなるとどれくらい理解されるのでしょうか。専門と英語と両方を兼ね備えている教員の確保だってむずかしいだろうし、仮に確保できたとしても、学生がどこまで対応できるのでしょうか。金沢大学の学力低下、没落はこれでほぼ決まりですね。

寺島氏によると、「国語力上限の法則」というのがあって、どんなに努力しても、日本人(正確には日本語人)が母語たる日本語以上に英語がうまくなるわけがないということです。

そういえば、 言語学者のイェスペルセンも同じことを書いてました。寺島氏によると、「研究力の基礎は国語力と数学力。英語力ではない。山中伸弥さんも福田隆章さんも、英語ができたからノーベル賞を取れたわけではない」。これもイェスペルセンが同じことを書いていたなあ。バイリンガルでノーベル文学賞を受賞した人はいないとかね。

もし、大学の授業が英語で行なわれることがふつうになったら、今以上に英語教育が重要視されることになって、英語をなるべく早くから習ったほうがいいということになります。英語の早期教育が叫ばれるようになるに決まっています。

極端な話、生まれる前の胎児のときから英語を習わせるべきだなどと、まだおなかの中にいる胎児に英語音声を聴かせるような、そんな学習塾が出現しかねません。そういえば、私のころは中学に入ってから英語の授業が始まったというのに、うちの娘が小学生だったころ、英語の授業をやらされていることを思い出しました。

問題は、早期からやったとしても、ごく限られた時間を使っての、英語環境にない授業の中で、必要性もない英語がどれくらいモノになるのかということです。梅棹忠夫は「私の外国語」でこう書いています。

外国語を習得するのに、いちばん必要な条件は、おそらくはその外国語が「必要だ」ということであろう。必要があれば、だれだって一所けんめいになるし、じょうずにもなる。不必要なものなら、うまくなるわけはない。ヨーロッパ人には、1人で何ヶ国語も自由にあやつる人がすくなくないが、ヨーロッパではそれだけの必要があるのだ。日本人の語学べたは、国際的に定評のあるところだが、その原因の第一は、日本では外国語の必要性がない、ということだろうとおもう。日本では、日本語だけですべてが不自由なくまかなえるのだ。日本における外国語は、おおむね趣味ないしは教養の域をでない。

外国語を習得するには、現地で、現地人からならうべし、というのが、わたしのかんがえかたである。わたしのモンゴル語の場合、文字に関していえば、たしかに日本でひととおり勉強していったのが役にたった。しかし、そのほかの点では、事前の勉強はほとんど無効だったとおもう。あるいは、現地での学習速度にくらべて、問題にならぬくらい能率がわるいのである。・・・

日本では、外国語の学習といえば、文字にかかれた言語を、辞書のたすけをかりて解読することだ、とかんがえられている。わたしは、この方法では外国語の習得はきわめてむつかしいのではないかとおもう。いきた言葉というものは、つねにある場面、ある状況のなかにあるものだ。現地へゆけば、まさにその言葉がいきている状況がそこにある。そういう状況のなかでこそ、言葉はおぼえられるのである。「おぼえた」というのは、状況のなかで、いきたものとしてつかうことができる、ということであろう。つかいかたも正確にわからぬ語の、解読法だけしっても、何になろう。それは、受験用語学にすぎない。・・・

言語は、生活であり、文化であり、歴史である。生活、文化、歴史とのむすびつきをもたずに学習された外国語なんて、索引だけの本文のない書物みたいなものだ。

早期教育というと、もっとも先鋭化したものがバイリンガル教育ということになるのでしょうが、バイリンガル教育に否定的な言語学者として私が知っているのはイェスペルゼンです。しかし、肯定的な言語学者もいます。J.V.ネウストプニーです。

J.V.ネウストプニーの本が手元にあると思ったのですがなかったので、バイリンガル教育についてどういう発言をしているのかネットで調べてみました。バイリンガルとは関係がないが、あるサイトにこんな記載をみつけ、笑ってしまいました(ネウストプニーの発言ではない)。

>日本語の助詞の「は」と「が」は、外国人にはなかなか使い分けが難しいポイントですが(日本人も大抵はキチンと説明できない)、ネイティヴであれば絶対に間違えません。

ええ、私なんか間違えることがしょっちゅうあるから、自分の書いたブログ記事をときどき書き直している。「は」と「が」の使い分けもできない私は、日本語のネイティブスピーカー失格ってことになります。そんなことはぜんぜんないと思います。たとえば、「悪文の構造」(千早耿一郎著)にこんな記載があります。

格助詞「は」と「が」の使い分けはむつかしい。そういうことをよく外国人が言う。ところが日本生まれの日本人だって、ちゃんと使い分けしてないことが多い。

例:戦局はわれに不利一方であることは、もはやおおうべくもなかった。(佐藤鉄章「招集兵」)

この例文のどこがどうおかしいのか。即答できる人って何人おられますか。いや、どうおかしいかに答えなくてもいいです。どこがおかしいに答えられる人は何人おられるか。千早氏の解説をみてみます。

「戦局は」という題目語が有効なのは、「不利一方である」までである。「戦局は不利一方であること」ということはできない。題目語を含んだ句を装飾語にすることはできない。「戦局が不利一方であること」とすべきである。「戦局が不利であること」を題目語にするには、これに「は」をつければよい。

戦局が→不利一方である→こと は→おおうべくもなかった

つまり、次のような文にしなければならない。

「戦局がわれに不利一方であることは、もはやおおうべくもなかった。」(P115-116)

日本語の「は」と「が」の違いというような基本的なことでさえ、私も含めて理解している人は非常に少ない。英語環境にもなく、必要性もない英語に無駄に時間を使うよりも、やはり、子どものときにこそ日本語をしっかり覚えさせるべきであり、寺島氏のいう国語力を鍛えるべきですね。

母語たる日本語のほうをおろそかにしておいて、英語なんかやっているばあいじゃありません。

話が脱線したので戻したい。寺島氏は本書でこんな笑い話を紹介されています。

有名な笑い話に「難しいことを易しく説明するのは小学校教師、易しいことを難しく説明するのが大学教師」というものがあるからです。大学教師や高校教師は、日本語で説明する授業でさえ、一般的には、小学校教師よりも下手なのです。

だとすると、高校や大学で、日本語を使ってですら、上手く生徒・学生に説明できない教師が、日本語で説明してもきちんと理解できない生徒・学生を相手にして、英語で授業をしたら、どんな悲惨な結果になるか、想像に難くないでしょう。

外国語については中学にあがってから勉強すればいい。いや、現行のクソにも役に立たない英語教育なら、それさえも不必要だと私は思っています。そんな無駄なことに時間を費やすくらいなら、その間に、母語たる日本語を極めろ。そして、お金をためて、現地へ行く準備をしろ。そして、そこで生活しろ。そのほうがよほど外国語習得に効率的です。現地で生活している人との友好にも役立ちます。

「冷戦から内戦へ」(エンツェンスベルガー著)

私は憶えている。かつてヒットラーが演説したたびごとに、かれらの目はどんなに輝いたことか。ヒットラーはかれの計画をかれらに隠すことなく、「未曾有の巨大な格闘」へ、生死を賭けた決闘へ、向かおうと語っていた。

また私は憶えている、この空襲の数年前にユダヤ教の会堂の数かずが焼かれたとき、かれらがそれにどう手を貸したかを。かれらの熱狂的な同意がなかったとしたら、ナチが権力を握ることはけっしてなかったろう。

こういうことがいえるのはドイツ人についてだけだ、と信ずるような人はおろかだ。ビル・ビュフォードが語ったような、あの「エネルギーの浸透」、「幸福」感、「エクスタシー」がなかったならば、私らの門前での分子的な内戦にも、私らの国境のかなたの地獄にも、火がつくことはありえない。

サッカー競技場の観客席においてであれ、ロストックやブリクストンやバグダッドやベオグラードの街頭においてであれ、最初に広がるのはいつでも、ヒステリックな歓呼である。しばしば戦争の首謀者どもは、大多数のひとの歓声を浴びながら、選挙で選出されてきた。連中の地歩を固めたものはあちらでもこちらでも、国民投票だった。

後年、ずっと後年になってようやく、犯罪の責任が、落第した指導者の誰かれに押しつけられる。そのしかたは型通りのもので、誰にしろもうよく知っているものだろう。だが、その犯罪者を大きく育てあげ、連中に喝采をおくり、連中のために祈ってきたのは、あの「無辜の民間人」たちでなければ、いったい誰だったのか?

迷彩服を着た狙撃者にせよ、強制収容所の監督者にせよ、ナチのスローガンや流行歌や呪文を唱えまくった殺し屋にせよ、別の星からやってきたわけではない。この者たちは多数派集団から派遣されてきたのであって、その集団の狂気に、残酷さに、復讐欲に、養われている。多数の「無辜」のひとびとは、自分らの行為や無為の致命的な結果が自分らの肉体に及んでくるに至って初めて、終末の鐘が鳴っているのに気づくのだ。(P80‐81)

ドイツ人だけの話ではもちろんないですね。

日露戦争の戦利品が少ないといって戦争継続を主張し、民衆が暴動化した日比谷焼き討ち事件。戦争は為政者の発案だろうが、継続は多数の「無辜」のひとびとの情緒的な熱情がないと成立しません。もう1世紀も前の首都東京の風景。

こちらが現在の首都東京の風景。

候補者が何を言っているかではなく、何をやったかで決めるべきなのに、マスコミなどに踊らされ、情緒的な情報でしか判断できず、すぐに熱くなる。この1世紀ほどで多数の「無辜」のひとびとの民度はどれほど変化したのでしょうか。

もし、いったん、北朝鮮や中国と有事になったとき、この情緒的判断はどっちの方向に向かうのでしょう。反戦の方向だろうか。それとも、為政者やマスコミに容易にからめとられて、いっきに戦争へと加熱する方向だろうか。

「快感回路 なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか 」(デイヴィッド・J.リンデン著)

カジノ推進法という名の公営バクチ法が成立しました。多数の「無辜」のひとびとは反対もせず、強行採決されました。これからはギャンブル依存がもっともっと増え、風紀が確実に乱れることでしょう。政治学者・坂野潤治が定義する「崩壊の時代」にふさわしいというべきですね。

デイヴィッド・J.リンデンは、

という本の中で、このギャンブル依存症を取り上げています。「世界中で行われているギャンブルの研究は、合法的ギャンブルがやりやすいほどギャンブル依存は増えるという、同じ結論に達している」とまで書いていますね。カジノが合法化されれば、ギャンブル依存症が確実に増えるし、暴力団がらみの犯罪も増える。それを取り締まる財政的負担も確実に増えるでしょう。

もうひとつ重要な指摘がありました。人間は、生物進化の過程で、不確実性に挑戦し新しい環境に進出する特性を得てきたのだ、と書いています。ギャンブル依存症になる人は不確実性が好きなのだと。

会田雄次の「アーロン収容所」にも似たような指摘がありましたが、確実性が尊ばれる平時の生活では、不確実性の好きな人は、ギャンブル依存症の人の例でもわかるように、無能力であり、ただの役立たずです。ところが、戦時などの不確実性な時代になると、平時に役に立っていた人たち、有能と評価されていた人たちはまったくの無能になり、平時に役立たずだと思われた人たちが八面六臂の活躍をする・・・というのが「アーロン収容所」で出てくる有名なエピソードです。

有能か無能かはその人個人の能力の有無よりも、その時代の要請が決めるということのようです。

「危機の時代」が終わり「崩壊の時代」がやってきた後にやってくるのが不確実性の時代である「改革の時代」です(坂野潤治「日本近代史」)。そのときに、能力を発揮するだろう人たちが、合法カジノのほうに吸い取られ、スポイルされて、不確実性の時代にその能力を発揮できず、人類に貢献できなくさせられている。

あ・あ、なんて罪深い公営バクチ法なのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください