自転車の車道走行安全論には、嗤うしかあるまい

(注)自転車専用レーン上に違法駐車車両があるため、自転車がそれを避けざるえなくなって、後続車両との接触のリスクが高まっている画像。

交通事故にまつわる都市伝説、過失ゼロの事故はめったにない。

交通事故に関するいわゆる都市伝説のひとつに「過失割合が100対ゼロの事故はめったにない」というのがある。ほとんどの事故は被害者側にも何らかの過失があるものだというのである。この都市伝説をはやらしたのは、たぶん、損保査定者だろう。このセリフが大好きだからである。どうしてこのセリフが大好きなのかというと、大手損保の損害調査部長だった海道野守さんがこんなことを書いている。

過失があるからと、代車料などを拒否する保険会社・共済が多いのです。代車料を断る口実に、被害者になんとか過失を認めさせようとします。認めさせた過失割合がたったの5%、いつの間に、過失があれば代車料などを支払わなくてもよいという間違った処理が保険業界の常識になったのでしょう。その結果、涙ぐましい5%の攻防戦です。(「はじめに」から)

過失があれば代車料を支払わなくてもいいというのは、まったく根拠がない。判例では過失割合分に応じて支払えということになっている。支払わなくてもいいというのは、損保が勝手に言い出しているだけである。世間には通用しない内規、すなわちただのひとりよがりなのだ。そのことに拘束されて涙ぐましい5%の攻防戦を演じているわけである。そのために言い出したのが、先の「ほとんどの事故は被害者側にも何らかの過失がある」であった。

ところで、実際に起こる交通事故で、過失ゼロの交通事故というのはどれくらい発生するのだろうか。以下は、交通事故を事故別に類型化した表である。
tutitotu

(出典:損害保険料率算定機構HPより)

これをみると、人身事故の4分の1以上が「追突」であることがわかる。追突事故は、正面衝突や側面衝突よりも怪我の程度が小さいといわれる。物損事故も含めたら、たぶんその発生割合はもっと多くなっているにちがいない。いずれにしろ、交通事故の中で追突事故が突出して多いことがわかるだろう。

追突事故の過失割合についてご存知の方も多いと思うが、原則、被害者側は過失ゼロである。したがって、交通事故で過失ゼロの事故の典型である追突事故が交通事故中突出して多いのだから、「過失割合が100対ゼロの事故はめったにない」ということはありえない。相当の部分を過失ゼロの事故が占めているのである。

新たな都市伝説である自転車の車道走行安全論

似たようなことは、「自転車は歩道よりも車道のほうが安全」にもいえるだろう。この都市伝説は以前はなかったもので、つい最近になってからまことしやかに喧伝されている。言っているのは政府である。さらに、当のサイクリスト団体もなぜだか賛成に回っていることが多い。それらの声をマスコミなども総動員して、あたかも疑いようのない真実であるかのように流布されている。いわば国策として推進されているのである。

「奈良中心市街地自転車ネットワーク計画検討委員会」による結論先行型アンケート調査

その言いだしっぺ、牽引車的存在が古倉宗治という人物である。この人物が中心になって日本全国を駆けまわり、「車道安全論」なるものをぶちあげている。以下に紹介する「奈良中心市街地自転車ネットワーク計画検討委員会」なるものも、氏が中心になって「車道がいかに安全なのか」を「検討」する会である。そのときのアンケート調査がこれだ。どこに問題があるのかは、賢明なる読者諸君ならすぐにわかるはずだ。

 

annkkto

現在、自転車は歩道はダメ、車道を走行しろという施策がほぼ国策のように強引に日本全国で推し進められている。どうして「強引」なのかの一例として、上記アンケート調査の例をとりあげた。これは、奈良市で実施されたあるアンケートの調査項目のひとつなのだが、「車道の一部をペイントで視覚的に区分する自転車レーンが奈良市民にどの程度受け入れられるかを事前に調査し、支持率が高ければ整備に踏み切ろうという目的で設けられた問いのよう」だと、ろぜつさんが書いている。

このアンケートの問いに対して、みなさんはどっちを答えますか。もう、車道って答えるしかないよね。そういうアンケートの質問の仕方なのだ。明らかというか、ふつう、ここまで露骨な誘導をやらんものだろう。それでも歩道と答えようものなら、そんな答えは絶対に許さんからなあという執念さえ感じられるほどのひどいアンケート調査だ。何が目的なのだろうか。(続く)

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市大聖寺弓町18 グランコート2F
電話番号:090-1314-0234

当事務所の立場

突然、交通事故にあわれた被害者は、怪我をされたり、車を破損などされたりして大変なことです。その損害の賠償をしてもらうために、これから、加害者そして加害者側の損保担当者を相手に示談交渉を進めなければならなくなります。しかし、交通事故は人生でそう何度も経験するわけではありません。なにをどのようにしたらいいのか途方に暮れてしまうのがふつうです。

ところが、事故被害者がまず相手にするのが加害者であり、そして、実際は加害者側損保の担当者です。損保の担当者はそのことで生計を立てているいわばプロであり、百戦錬磨で鍛えた知識と経験があります。かたや、知識も経験もほとんどない事故被害者。そんな素人がプロ相手にどのように交渉していったらいいのでしょうか。

交通事故に詳しい弁護士が知人にいるような幸運な方は別にして、たいていの方は途方に暮れてしまうことでしょう。一昔前は、素人とプロの交渉ごとということにふつうはなって、プロの思い描くストーリーどおりに押し切られるのがふつうでした。しかし、ネットが発達した現在、示談交渉を進める上での情報がネットを検索すればあふれかえっています。が、その情報は正しいものもあれば正しくないものもある。玉石混淆です。それらの情報に接した事故被害者にとって、どの情報が正しくて信頼できるのかがまずわかりづらいし、自分だけでは手に負えなくて、調査や交渉ごとをだれかに任せることも時に必要になってきます。が、ネット上には、われこそは事故被害者のためだと謳っているものばかりなので、実際にいったいだれを信頼したらいいのかわかりません。

知識とは中立なものであること

ここで注意してほしいのは、情報の正確さもさることながら、その情報(知識)そのものが中立なことです。

昔、東大卒が多い自民党が間違えるはずがないと豪語している自民党支持者に会ったことがあります。ぼくは苦笑するしかありませんでした。たしかに東大卒は勉強をいっぱいしているわけだから、その知識量も多くかつ正確だといえるかもしれません。ただ、知識それ自体はあくまで中立なものであり、どちらにも役に立つ武器なのです。したがって、その正確でたくさんの知識をどちらの側に使うかにある。わかりやすいたとえ話をしてみましょう。

知識は刀という武器と同じ

hitininnno
その昔、武士という職業が存在しました。この武士は帯刀を許された職業のことであり、刀の専門家です。殿様を頂点にして、殿様に雇用され、殿様を守るために武器である刀の技術を日夜みがいていた。

この武器である刀自体は殿様を守るためにも使えるし、農民に加勢して殿様に刃向かうためにも使えます。しかし、悲しいかな、現実は殿様を守るために使われた例が圧倒的に多く、農民に加勢するために使われた例など不幸にしてきわめて少なかった。ごく稀に後者のような武士が現れますが、こういう武士こそ庶民にとっての英雄であり、「七人の侍」はまさにそのようなタイプの武士たちでした。

利益が一致しているか相反しているかが重要

したがって、問題はその使い手自身にあります。使い手がどちらの側に立つかで知識もそれぞれの側の武器になる。そして、その使い手がどちらの側に立つかは双方の利益が一致するか相反するかでふつうは決まってきます。

この、肝心要のことを説明したサイトが皆無といっていいほどにみあたらないのは不思議なことです(というか、あえて否定しているサイトさえいくらでもみつかるくらいです)。

記事を読んでいただければたちどころにわかることですが、当事務所は「立場」を鮮明にしております。あえて鮮明にしているのは、人間や社会に対する見方は、その人自身の立場から自由にはならないからです。中立を装うことは考察を浅くし、論旨を不明確にする。「立場」のない「立場」などありようがない。当事務所の立場は、ぼく自身が社会的弱者であるため、弱者の立場に徹することです。ぼくのような弱虫は「七人の侍」のようには決してなれないけれど、せめてその心意気だけでも真似して、社会的強者に阿らないようにしたい。そういう気持ちで当サイトをたちあげました。よろしくです。

【当サイトご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る