記事に間違いがありましたので、訂正します

問合せが多くなった

このところ記事出しが遅れ気味で、予定通り消化しきれていません。当事務所は2人でやっているものの、サイトの更新はぼくがほとんど一手に引き受けてやっております。問合せもふくめ相談ごとについても同様です。

以前は、問合せがまったくありませんでした。それで愚痴ったこともあります。ところが、アクセス数が伸びてくるとともに、問合せがあるようになりました。1週に1回くらい問合せがあるようになったのです。ところがそれがさらにふえて、ここ3日で8件です。現状で、これくらい増えるとは予想していなかったし、ぼくひとりのキャパシティではすぐには全部に対応できなくなりました。記事出しが遅れているのもそのような理由からです。

でも、誠意の見られる問合せについては、ぼくもできるだけ誠意ある対応をしなければいけないとは思いつつ、そのための時間がとれないためなかなか返事ができず、一度返事しただけでそのままになってしまっている例もあります。最近いただいた8件についてもそのままほったらかしになっているものもございます。申し訳ありません。

とりあえず、緊急性を要するもの以外は、答えやすいものから、順次お返事をさしあげたいと思っています。今後もこの傾向がつづくようでしたら、相談案件の取捨選択を実施するようになるかもしれません。

Kさんへの補充回答

今回は、鍼灸あんまマッサージ師のKさんからの問合せの件についてです。ぼくが記事でとりあげた「自動車損害賠償責任保険損害査定要綱」について一般に入手(閲覧)できるかどうかというものでした。
 
「自動車損害賠償責任保険損害査定要綱」?
 
そんなこと記事に書いたかなあ。検索で調べてみると、ありました。「自賠責では、柔道整復・鍼灸はどこまで認められるのか」という記事の中で、

正規の免許を有する柔道整復師、あんま・マッサージ・指圧師、鍼師、灸師が行う施術費用は、必要かつ妥当な実費を認めている。通常、その必要性を認める医師の証明が必要だ。慰謝料については、自動車損害賠償責任保険損害査定要綱をみると、「対象日数は、通常、総治療期間の範囲内で実治療日数の2倍程度である。ただし、あんま、はり、きゅう、マッサージ等については実施術日数」となっている。

 
・・・と書いていました。これはどの資料を使って書いたのか調べてみました。以下がKさんへの「訂正」という表題の返信です。

自動車損害賠償責任保険損害査定要綱自体に載っていたわけでなくて、先ほどご紹介した本(「新示談交渉の技術」のこと)の、当該要綱に対する「解説」部分に載っていた記載です。したがって要綱自体にそのような記載があるわけではありません(これが訂正のひとつ)。

さらにもうひとつ。

「要綱」自体は平成14年4月以前まで適用され、それ以降は「支払基準」というふうに表題が変わっており、そちらが適用されます。表題は変わっておりますが、中身自体はあまり変わっていないため、以前の表現である「要綱」をそのまま使っている人もいますし、正確に「支払基準」に変更して使っている人もいます。

いずれにしろ、「支払基準」が(現状)正確なので、これも訂正します。

一般に入手可能かどうかについては、「新示談交渉の技術」にそれが載っているのは事実なので入手可能ですが、一部が公開されているだけかもしれません。

なお、ぼくが参考にしたのは「新示談交渉の技術」第5版(平成13年度発行)でした。支払基準とすべきところを要綱としてしまったのはそれが原因でした。不正確な表現で申し訳ありませんでした。

 

「要綱」から「支払基準」変更へのいきさつ

どういういきさつでそのように変更されたのか、そのいきさつについて調べてみました。

自賠責保険は強制保険であり、社会保障的性格を有するから、損害額の算定は公平に行われなければならない。また、膨大な事案を対象とするため、その処理は定型的・画一的にならざるを得ない。そこで、平成14年改正までは、国土交通省が支払基準を通達で定め、これを損害保険会社が自賠責保険損害査定要綱という形で反映していた。この要綱は、保険会社を拘束するが、被害者に対しては拘束力を有しないし、被保険者を拘束することもできないとされていた。したがって、保険会社の査定を不服とする被害者や被保険者は訴訟を提起し、保険金額の範囲内であれば、査定基準を超えた金額を請求することが可能であった。

政府再保険制度の下では、国が再保険金等の支払の段階において支払基準への整合性をチェックできたが、平成14年改正により、そのような担保手段が失われたために、国土交通大臣および内閣総理大臣が定める支払基準に従った保険金等の支払の遵守を保険会社に義務づけると共に、国土交通省大臣および内閣総理大臣は、公平かつ迅速な支払の確保の必要性を勘案してこれを定めなければならないとした(自賠法16条の3)。この支払基準は告示に示されている(「自動車損害賠償責任保険の保険金等及び自動車損害賠償責任共済の共済金等の支払基準」)(P406)。


 
要は、以前は「通達」だったものが、平成14年の改正で「法律」に格上げされたことによる、「要綱」から「支払基準」への変更ということです。内容的にはほとんど変わらないときいております。

まとめ

いずれにしろ、古い資料をもとに、その後の改正を踏まえないまま記事にしたことが原因です。初歩的なミスでした。当該記事を見て誤解された方に対して、たいへん申し訳ありませんでした。該当する記事の内容自体はまちがっておりませんが、記事中の「要綱」は「支払基準」に変更します。それともうひとつ、「要綱」に書いてあるのではなくて、「新示談交渉の技術」の巻末資料の「解説」にかいてあります。Kさんの問合せがなかったら気づかずじまいでした。ありがとうございます。
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市
電話番号:090-1314-0234

電話・メールをされる前に、「お問い合わせ」欄を読んでくださいね。

当事務所の立場

突然、交通事故にあわれた被害者は、怪我をされたり、車を破損などされたりして大変なことです。その損害の賠償をしてもらうために、これから、加害者そして加害者側の損保担当者を相手に示談交渉を進めなければならなくなります。しかし、交通事故は人生でそう何度も経験するわけではありません。なにをどのようにしたらいいのか途方に暮れてしまうのがふつうです。

ところが、事故被害者がまず相手にするのが加害者であり、そして、実際は加害者側損保の担当者です。損保の担当者はそのことで生計を立てているいわばプロであり、百戦錬磨で鍛えた知識と経験があります。かたや、知識も経験もほとんどない事故被害者。そんな素人がプロ相手にどのように交渉していったらいいのでしょうか。

交通事故に詳しい弁護士が知人にいるような幸運な方は別にして、たいていの方は途方に暮れてしまうことでしょう。一昔前は、素人とプロの交渉ごとということにふつうはなって、プロの思い描くストーリーどおりに押し切られるのがふつうでした。しかし、ネットが発達した現在、示談交渉を進める上での情報がネットを検索すればあふれかえっています。が、その情報は正しいものもあれば正しくないものもある。玉石混淆です。それらの情報に接した事故被害者にとって、どの情報が正しくて信頼できるのかがまずわかりづらいし、自分だけでは手に負えなくて、調査や交渉ごとをだれかに任せることも時に必要になってきます。が、ネット上には、われこそは事故被害者のためだと謳っているものばかりなので、実際にいったいだれを信頼したらいいのかわかりません。

知識とは中立なものであること

ここで注意してほしいのは、情報の正確さもさることながら、その情報(知識)そのものが中立なことです。

昔、東大卒が多い自民党が間違えるはずがないと豪語している自民党支持者に会ったことがあります。ぼくは苦笑するしかありませんでした。たしかに東大卒は勉強をいっぱいしているわけだから、その知識量も多くかつ正確だといえるかもしれません。ただ、知識それ自体はあくまで中立なものであり、どちらにも役に立つ武器なのです。したがって、その正確でたくさんの知識をどちらの側に使うかにある。わかりやすいたとえ話をしてみましょう。

知識は刀という武器と同じ

hitininnno
その昔、武士という職業が存在しました。この武士は帯刀を許された職業のことであり、刀の専門家です。殿様を頂点にして、殿様に雇用され、殿様を守るために武器である刀の技術を日夜みがいていた。

この武器である刀自体は殿様を守るためにも使えるし、農民に加勢して殿様に刃向かうためにも使えます。しかし、悲しいかな、現実は殿様を守るために使われた例が圧倒的に多く、農民に加勢するために使われた例など不幸にしてきわめて少なかった。ごく稀に後者のような武士が現れますが、こういう武士こそ庶民にとっての英雄であり、「七人の侍」はまさにそのようなタイプの武士たちでした。

利益が一致しているか相反しているかが重要

したがって、問題はその使い手自身にあります。使い手がどちらの側に立つかで知識もそれぞれの側の武器になる。そして、その使い手がどちらの側に立つかは双方の利益が一致するか相反するかでふつうは決まってきます。

この、肝心要のことを説明したサイトが皆無といっていいほどにみあたらないのは不思議なことです(というか、あえて否定しているサイトさえいくらでもみつかるくらいです)。

記事を読んでいただければたちどころにわかることですが、当事務所は「立場」を鮮明にしております。あえて鮮明にしているのは、人間や社会に対する見方は、その人自身の立場から自由にはならないからです。中立を装うことは考察を浅くし、論旨を不明確にする。「立場」のない「立場」などありようがない。当事務所の立場は、ぼく自身が社会的弱者であるため、弱者の立場に徹することです。ぼくのような弱虫は「七人の侍」のようには決してなれないけれど、せめてその心意気だけでも真似して、社会的強者に阿らないようにしたい。そういう気持ちで当サイトをたちあげました。よろしくです。

【当サイトご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る