バイクの路側帯走行と過失割合

道路には歩道なども含まれる

道路というと、車道と同じ意味だと理解している人が多い。むしろふだんの会話ではそのような使われ方が一般的なのでそれでいいと思う。しかし、交通事故にあったばあいに頻出する道交法では、道路には歩道なども含まれるため、そこはきっちり区別したい。以下に、それをわかりやすく図示した。

道路とは(自研センター資料にもとづく)
自転車歩行者道路上施設
自転車道
歩道
植樹帯
側帯中央帯
路肩
車道停車帯交通島(車道施設)
副帯
屈折車線
変速車線
登坂車線
車線

路側帯と車道外側線の外

0324自転車イラスト2
(横浜交通局HPより)
 
歩道と車道外側線に囲まれた部分は「路側帯」ではない。歩道に付属している部分は「車道外側線の外」である。「車道外側線の外」は「車道」に含まれる。

他方、路側帯は歩行者や自転車が通るところなので、車道ではない。問題はどこまでが路側帯かである。このことが問題になるのはたとえば歩行者が路側帯にある車道外側線上を歩行していたときである。線上だと路側帯を歩いていたことになるのか、それとも車道を歩いていたことになるのか。過失割合に影響してくるのでたいへん重要である。ほかにも、広路・狭路を決める際に重要である。下の画像はネットでみつかったものだが、路側帯に車道外側線を含めていない。これは正しいかどうかというと、正しくない。路側帯には車道外側線も含まれるからだ。
 
batu
 
以上のことを図で示した。赤線が車道、緑線が路側帯である。車道外側線のどこまでが含まれるのか注意してほしい。
 
rosokutai02

道路の計測方法

dourokeisoku
 
ふつうは赤線のような計測をしている人が多いけれど、この計測法だと、1つの計測ミスが全体に及んでしまうためあまり勧められない。青線のように、基準を設定して計測するというのが一番いい。ただし、警察のように通行止めにして計測できるわけじゃないから、そのあたりは無理強いしない。いずれにしろ、後者が理想だということだけでも覚えておいてほしい。

なお、「路側帯」というのは、

①通常の路側帯(軽車両通行可。車両の駐停車可)
②車両駐停車禁止路側帯
③歩行者専用路側帯
 
rosokutai01
ヤフー知恵袋より拝借)
 
に区分される。

歩道がない場合は、一般的にはその代用としての③の歩行者専用路側帯である。なお、路側帯の幅には設置基準があるため、歩道がないからそれは路側帯だとは必ずしもならないことに注意したい。

バイクの路側帯走行について

前置きが長くなった。路側帯は歩行者や自転車が通るところだが、そこをバイクが通っていて車と事故になったばあい、バイクの違法行為が過失割合にどう影響するのか、これが当記事の目的だった。この種の事故は案外多い(たとえば車左折時の巻き込み事故)にもかかわらず、これに関する書籍もないし、ネット情報もない(あったら教えてください)。「バイクの巻き込み  過失割合」はいくつかヒットするが、そこに路側帯走行を加えるとまったくヒットしなくなる。事故としては決して珍しいものではなく、自転車の路側帯走行中の事故も含めると、きわめてありふれたものである。たとえばこういう現場だ。

sasetuji

バイク路側帯走行に関する判例

東京地裁 昭和61年7月24日判決
右折車線があるため、左側車線が路側帯へ食い込むような状態となっている箇所で路側帯寄りを走行中の原付自転車が幅寄せされた状態で加害小型貨物車に接触され、転倒したところを轢過されて死亡した事案につき、被害原付自転車に10%の過失相殺が適用された事例。

 
判決文では「路側帯」になっていたが、現場は歩道に隣接しているため、「路側帯」でなく、「車道外側線の外」である。つまり、車道上の事故である。しかし、判決文では路側帯だと勘違いしている。にもかかわらず、バイクの路側帯走行につき過失を認定していない。バイク側の過失10%は、右側に車が走行してくることによる注意義務の発生を根拠にするものであった。

バイクの路側帯走行はふつうにみられる。その事実を重くみた判決のようだ。

横浜地裁 昭和47年10月3日判決
路肩とは道路の主要構造部を保護し、または車道の効用を保つために、車道または歩道に接続して路端寄りに設けられている帯状の道路の部分をいい(道路構造法令等)これもまた道路の一部であることは明らかである。さらに、車両制限令9条は車道を通行する自動車は、その車輪が路肩にはみ出してはならない旨規定しているが、右禁止規定からは原動機付自転車は除外されている。そればかりか、車両通行帯の設けられていない道路にあっては、原動機付自転車は道路の左側に寄って通行しなければならず(道交法18条1項)、特に歩道、車道の区別のない道路で交通量が多くそのうえ道路幅があまり広くない道路においては、原動機付自転車が路肩部分に進入して通行することは通常予定されていることである。

 
こちらの判決では、原付の路肩走行を「通常予定されている」として認めている。

車両制限令

(路肩通行の制限)
第9条 歩道、自転車道又は自転車歩行者道のいずれをも有しない道路を通行する自動車は、その車輪が路肩(路肩が明らかでない道路にあつては、路端から車道寄りの0.5メートル(トンネル、橋又は高架の道路にあつては、0.25メートル)の幅の道路の部分)にはみ出してはならない。

 
 
(16・6・8追記)
横浜地裁 昭和47年10月3日判決を加えた。そのため、新たな疑問点が出てきたが保留にしたい。 
 
(16・9・11追記)裁定例を追加した。 
【福岡・第714号】
路側帯走行の自動二輪と第一車線から合図を出して左折し、路外駐車場にはいろうとした普通貨物車との衝突事故。自動二輪20対普通貨物車80。自動二輪の路側帯走行については過失認定されていない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市大聖寺弓町18 グランコート2F
電話番号:090-1314-0234

元保険調査員2名から始めた共同事務所。調査員時代の取り扱い件数は後遺障害2000件、交通事故5000件。概数ですが、実際はもっとあるかと思います。以前公開していた事務所の詳細や個人名は有料業務を行っていないので伏せることにしました(今更な気もしますが)。したがって、事故被害者の方も匿名で問合せていただいてもかまいません。ただし、電話番号非開示は一切うけつけません。

電話での問合せについては、事故被害者の方は匿名でけっこうなのですが、交通事故で「食っている」プロの方からの問合せについては、せめて名前と現住所をお知らせください。

後遺障害をふくめた交通事故に関する相談や記事に関する質問・感想等、気軽にご連絡ください。可能な範囲でお答えします。ただし、根拠を示さない批判や記事の削除要求は論外です。

最初、事業をやるつもりで立ち上げてみた当事務所。しかし、いろんな制約があることがわかり、当初の考えが甘すぎた。そのため、現状、有料業務は一切行っていません。仕事を別にしているので、とりあえずあくせくするつもりはない。これまでの経験と知識とを困っている事故被害者のために生かしてみたい。報酬さえ請求しなければ、いろんな制約からも解放される。

カネはいりません。その代わりといったらなんですが、自由にものを言わせていただく。この開放感が実にすばらしい。事業として成功するかどうかよりも、ぼくにとってこの開放感のほうがよほど大切なことです。しばらくは(ずうっとかも)このままボランティアでもいいかなあとまで思うに至りました。そのため、「料金表」も公開の必要がなくなり、閉鎖しました。「事務所の詳細」についても必要ないでしょう。事務所の所在地と電話番号(携帯ですが)は残すことにいたしました。

有料でないこととの引き換え条件として、持ち込まれた事故情報の2次使用をお許しください。2次使用といっても当サイトの記事として使うのみです。たとえば質問に対する回答というような記事です。個人名および個人名が特定されるような使い方は一切しません。

当サイトは中国語でも対応可能です。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。後遺障害に関する豊富な医療調査経験と中国語対応が可能なところがうちの強みです。電話がつながらなかったら、折り返しこちらから電話することがないため、時間をおいてまたお架けください。電話代だけは申し訳ありませんがそちらで負担してください。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

【当サイトご利用上の注意】
当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る