弁護士を紹介するいわゆる「ポータルサイト」について

地元の弁護士事務所にこんなことが・・・

ネットで検索していたら、面白いことが書いてあった。地元のある法律事務所の記事である。その書き出しのところだけ、まずは紹介しよう。

「交通事故 弁護士」という言葉で検索してみたら、弁護士が数多く登録されているホームページが出てきます。こういうホームページで、弁護士を探してもいいでしょうか?

 
という「問い」に対して、

弁護士が数多く登録されているホームページから弁護士を探すのは、絶対にやめましょう。弁護士が数多く登録されているホームページのことを、一般には「ポータルサイト」「弁護士比較サイト」などと呼んでいるようです。

 
と回答されていた。

やめといたほうがいい理由

そこに書いてあったやめといたほうがいい理由だが、運営主体が弁護士でないこと。交通事故についてまったく知らない素人が運営しているため、そこで推薦されている弁護士が交通事故に強いかどうかの判断が運営主体にできないことだった。こういうサイトは、弁護士が代表をしている会社が主体になっているものとばかり思っていたが、必ずしもそうではないらしい。さらに驚いたことは、月額5万円~10万円もの登録料を支払っていることである。おカネを払えば、弁護士ならだれでも推薦されるらしい。

ネット上には、「弁護士比較サイト」がたしかに多く林立している。当サイトと同じくらいのアクセス数のものもあれば、当サイトの数倍、あるいはもっと多く10倍くらいの巨大なサイトも存在する。サイトの仕様は似たりよったり、そこで書かれている内容もいかにも教科書的で、よくいえば無難、悪く言えば特徴がない記事が多い。経験に基づく記事がほとんどなく、したがって、紹介されている個々の弁護士がどういう人物なのかがまったく見えてこない。パクリ記事も多いようにも思った。当サイトの記事も、表現は若干変えてあるが、見事にパクられていた。引用する・・・くらい書いてくださいね。

弁護士事情についてはぼくはうといが、地元についてならちょっとだけわかる。試しに地元でどういう弁護士が「交通事故に強い」と評価されているのか調べてみたことがあるが、へぇ、この先生が、と驚いたことがある。

当サイトにも、紹介料を稼いだらという提案をいただいたことがある

それにしても月額5万~10万円も支払っているとはすごい。1件5万円としても10の登録があれば50万円だ。100あると月に500万円だ。ぼくの年収を半月かからずにかんたんに稼いでしまう。うらやましいかぎりだ。ぼくもやってみようかなあ。でも、こんなことでお縄になるのはいやだわ。

ところで、あんなに多くの弁護士が登録していると、アクセス数が多くても一事務所への仕事の配分は登録数に応じて低くなるから、その効用がどれだけあるのだろうかとも思った。それに、弁護士の紹介を有料で弁護士でもない者がしたら法律違反にならないのだろうかとも思った。

かつてぼくのところにも弁護士事務所にリンクさせて、その紹介料をいただいたらと提案してきた人がいた。そんなことができるのか。いやできるというのだが、やはり問題がありそうだと考えたので、その提案はお断りした。問題は3つ。法律違反になりそうだったことがひとつ。おカネをいただいて交通事故に強いかどうかわからない弁護士を紹介はできないという倫理の問題がもうひとつ。そもそもぼくのサイトにリンクを張らせてやっから、その代わりにリンク料をよこせなんて、そんな失礼な提案を弁護士に言えるかと思ったし、それ以前に、ぼくのような無資格者はそもそも相手にされないだろうとも思った。これが最後のひとつである。

当サイトの弁護士リンクについて

当サイトでも弁護士の何人かの方にリンクを張らせていただいている。こちらが勝手にリンクをはって、その後、当の弁護士の承諾をいただいたものがほとんどである。もちろんおカネの関係は一切ない。承諾を得るようにしたのには理由があって、相談者の中に、あの弁護士とリンクしているのだから、当サイトは信頼できると勘違いされて相談されてきた方がおひとりおられたからである。その方には、相互リンクでなくて、こちらが勝手にリンクしているだけだと返事した。他人の褌で相撲をとっていたわけである。そのことがあってからは、事後承諾でもいいから得ることにした。

あ、そうだ。いちばん最後にリンクをはらせていただいた山中理司弁護士からはまだ承諾を得ていなかった。拒絶されるかもしれないけれど、いずれ恐る恐るその可否を確認してみないと。

当サイトにだってあるリンクによる効用

ところで、当サイトに相談されてきた方の中に、当サイトのリンク先を目安にして弁護士委任をされた方がおふたりおられた。いちいち確認していないので、実数はもう少し多いかもしれない。また、現在委任している弁護士で大丈夫なのかという相談がときどきあったりするし、弁護士を推薦してほしいという相談もいただいたことがある。前者の相談については答えづらいが、不審に思ったのならやめといたほうがいいだろうと一般論で答えることにしているし、後者の相談については、当サイトのリンク先の弁護士ならその候補のひとりにしてもいいかもしれないとお答えしたことがある。

いずれの先生方もサイトの記事を通じて「教えられることが多かった」からである。いずれも実力者ぞろいで、中には全国的に知られた先生もいらっしゃる。ぼくのリンク先選定の基準はかなり厳しいのである。直接お会いした先生はおひとりもいないので、人格者かどうかの保証はできないものの、ぼくのような無資格者でかつ匿名サイトにたいして(あと、記事内容が「過激」「ラジカル」という評もつけくわえておこう。ぼくじしんは、「過激」とはちっともおもっておらず、当たり前のことを書いているだけだと思っている)、信用をことのほか重んじる弁護士がリンクをはることを承諾してくれた先生方たちだから、太っ腹で、たぶん良心的な方たちなのではないかと思う。この場を借りて感謝。もちろん、経験・知識とか、熱心さとかから、当サイトのリンク先の先生方は十分信頼していいのではないかとぼくは思っている。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください