U2の「SUNDAY BLOODY SUNDAY」。いったい、いつまで。


久しぶりにロック記事。80年代の最高のバンドだといわれたU2。私も一時期いれこんだことがあって、80年代を中心にCDを8枚持っている。最近はあまり聴かないけれど。

U2にかぎったことではないが、やはり賞味期限みたいなものがあって、U2はその賞味期限がもうとっくに切れている。いまは全盛時の遺産で食っているといったら失礼かもしれないが、もう最初の頃のようなインパクトは感じられない。

今回はその全盛時に出された「WAR」というアルバムに収められている「SUNDAY BLOODY SUNDAY」。出だしからU2色全開・インパクト満載のお気に入り曲。邦名だと「血塗られた日曜日」(注1)だが、いわゆる政治色の強い曲である。

ネットで調べてみたら、「SUNDAY BLOODY SUNDAY」のすばらしい訳がありましたので、「ボーンさんのブログ」から拝借いたしました。お許しください。

Yes

そう…

I can’t believe the news today
Oh, I can’t close my eyes and make it go away
How long, how long must we sing this song?
How long? How long?
‘Cause tonight we can be as one, tonight

今日のニュースは信じられない
目を閉じても忘れられない
いつまで、いつまでこの曲を歌わねばならないのだろう?
いつまで、いつまで?
今夜僕たちは一つになれる

Broken bottles under children’s feet
Bodies strewn across the dead end streets
But I won’t heed the battle call
It puts my back up, puts my back up against the wall

子供たちの足元には割れたビン
通りの行き止まりには死体が散らばる
でも僕は戦えという声を気に留めはしない
どうしようもない
僕にはどうすることもできない

Sunday, Bloody Sunday
Sunday, Bloody Sunday
Sunday, Bloody Sunday

日曜日 血に染まった日曜日
日曜日 血に染まった日曜日
日曜日 血に染まった日曜日

And the battle’s just begun
There’s many lost but tell me who has won
The trench is dug within our hearts
And mothers, children, brothers, sisters torn apart

戦いが今始まった
多くの命が失われたが、誰が勝ったのだろうか
僕らの心には塹壕が掘られてしまった
母と子、兄弟達は引き裂かれてしまう

Sunday, Bloody Sunday
Sunday, Bloody Sunday

日曜日 血に染まった日曜日
日曜日 血に染まった日曜日

How long, how long must we sing this song?
How long? How long?
‘Cause tonight we can be as one
Tonight, tonight

いつまで、いつまでこの曲を歌わねばならないのだろう?
いつまで、いつまで?
今夜僕たちは一つになれる
今夜こそ

Sunday, Bloody Sunday
Sunday, Bloody Sunday

日曜日 血に染まった日曜日
日曜日 血に染まった日曜日

Wipe the tears from your eyes
Wipe your tears away
Oh, wipe your tears away
Oh, wipe your tears away
Oh, wipe your blood shot eyes

涙を拭うんだ
涙を拭え
涙を拭うんだ
涙を拭うんだ
そんな赤みがかった目を見せないで

Sunday, Bloody Sunday
Sunday, Bloody Sunday

日曜日 血に染まった日曜日
日曜日 血に染まった日曜日

And it’s true we are immune when fact is fiction and TV reality
And today the millions cry
We eat and drink while tomorrow they die
The real battle just begun to claim the victory Jesus won on

確かに僕らは慣れてしまって、事実を嘘だと思いテレビを真実だと思い込んでいる
そして今日多くの人々が泣いている
僕らが飲み食いしている明日にも、多くの人々が死んでいく
神のつかんだ勝利の声を上げる真の戦いは始まったばかりだ

Sunday Bloody Sunday
Sunday Bloody Sunday

日曜日 血に染まった日曜日
日曜日 血に染まった日曜日

(注1)1972年、北アイルランドで起こった「血の日曜日事件」のこと。

ウィキペティアの解説によると、

デモ行進中の市民27名がイギリス陸軍落下傘連隊に銃撃された事件。14名死亡、13名負傷。事件のあった地区の名を取って「ボグサイドの虐殺(Bogside Massacre)」とも呼ばれる。IRA暫定派は、1970年からイギリス統治に対する反対運動を行っていた。軍が非武装の市民を殺傷したこの事件は、現代アイルランド史における重要な事件である。

軍隊が民衆に銃を向けることは、世界中で今も続いている。

How long? How long? いったいいつまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください