圧迫骨折による後遺障害確認の医療調査で、ぼくが使っていた質問状を公開

本日2本目の記事。前回記事との関連で、調査員時代にぼくが使っていた「圧迫骨折による後遺障害」の確認のための質問状を公開する。

①新鮮・陳旧性・病的の別

1.新鮮
2.陳旧性
3.病的な骨折

②新鮮な骨折の場合、その理由

1.初診時のMRI(T1強調・T2強調)画像において、低信号もしくは高信号を認めたことから、出血・浮腫が推察されたため
2.各レントゲン画像において、経時的に圧潰の進行が確認できたため
3.受傷機転による
4.その他→

③陳旧性・病的な骨折の場合、その理由

 

④骨粗鬆症の程度・治療の有無

1.骨密度測定ありの場合

測定時期
測定部位
測定方法
測定結果:同性同年齢比  %、YAM  %

2.骨密度測定なしの場合

腰椎レントゲン画像からの慈恵医大式表による分類
jikeiidaisiki
以上から、骨密度の程度
ア:生理的減少の範囲であり、年齢相応である。
イ:生理的減少の範囲を超えており、年齢以上に悪い。
ウ:年齢よりも良い
エ:その他→
今回受傷前からの骨粗鬆症治療歴:不明・なし・あり→治療先・治療期間・治療内容
今回入、通院期間中における骨粗鬆症治療:なし・あり→治療期間・治療内容

⑤骨粗鬆症が本件圧迫骨折受傷に与えた影響および影響度

ア:なし
イ:あり→100・75・50・25%、あるいは、極めて大きい・大きい・半々、小さい・極めて小さい
ウ:不明

上記いずれの場合もその理由
ア:まだ  歳であり、骨粗鬆症自体が存在しないから。
イ:前述の骨粗鬆症の程度から
ウ:その他→

⑥後遺障害

(いずれも症状固定時期当時における内容)
1.今回の傷病以外の、陳旧性としての圧迫骨折の有無

2.ありの場合、
部位:第  胸椎・腰椎
受傷時期:
受傷原因:

3.症状固定時期における可動域制限
ア:なし
イ:あり
ウ:確認していないので不明だが、おそらくなし
エ:確認していないので不明だが、おそらくあり
オ:確認していないので不明
カ:その他→

4.胸腰椎の可動域
ア:前屈(参考可動域合計75度。2分の1以上か)
イ:後屈
ウ:右回旋(参考可動域合計80度)
エ:左回旋
オ:右側屈(参考可動域合計100度)
カ:左側屈

5.可動域制限がある場合、陳旧性の圧迫骨折の影響を除いた、本件圧迫骨折のみによる、考えられる胸腰椎の可動域制限の有無・程度
ア:なし。
イ:あるが、各可動域(特に主要運動について)は参考域値の2分の1以上あったと考えられる
ウ:あるが、各可動域(特に主要運動について)は参考域値の2分の1未満にまで制限されていたと考えられる
エ:その他→
#可動域制限の原因について

6.硬性コルセットを常に必要とするか(最終時点で)
ア:常に必要
イ:起きたり座ったりする時以外は必要
イ:不要
#必要とする場合はその理由

7.後彎の有無・程度
ア:有無
イ:部位
ウ:各部位の前方椎体高  ㎜、後方椎体高  ㎜
エ:上記画像測定日

8.側彎の有無・程度
ア:有無
イ:コブ法による側彎度は50度以上か

9.疼痛が存在する場合
ア:通常の労務に服することができるか
イ:時に強度の疼痛のために労働にある程度差しさわりがある
ウ:医学的に証明もしくは推定できるか・証明手段、推定理由

特記

圧迫骨折の後遺障害確認のための基本的な質問事項。医師面談の時間は10数分ていどがふつうなので、質問事項と予想される回答例を作って、アンケート形式にテキパキやらないと間に合わない。

個別にはもっと質問を加える必要があるだろうが、基本的なことはだいたい網羅したので、たいていはこれでいける。答えにくいことでも答えてもらう、予想以外の回答があったときに臨機応変に対応できることこそが調査員の腕の見せどころである。

なお、当時は「慈恵医大式表」を使って骨粗鬆症の程度を調べるのがふつうだった。現在は、精度に問題があるという批判が強い。

別記事の「圧迫骨折と後遺障害」と併読していただければ、質問および回答例の意味を説明してあるので、わかりやすいかと思う。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市大聖寺弓町18 グランコート2F
電話番号:090-1314-0234

元保険調査員2名から始めた共同事務所。調査員時代の取り扱い件数は後遺障害2000件、交通事故5000件。概数ですが、実際はもっとあるかと思います。以前公開していた事務所の詳細や個人名は有料業務を行っていないので伏せることにしました(今更な気もしますが)。したがって、事故被害者の方も匿名で問合せていただいてもかまいません。ただし、電話番号非開示は一切うけつけません。

電話での問合せについては、事故被害者の方は匿名でけっこうなのですが、交通事故で「食っている」プロの方からの問合せについては、せめて名前と現住所をお知らせください。

後遺障害をふくめた交通事故に関する相談や記事に関する質問・感想等、気軽にご連絡ください。可能な範囲でお答えします。ただし、根拠を示さない批判や記事の削除要求は論外です。

最初、事業をやるつもりで立ち上げてみた当事務所。しかし、いろんな制約があることがわかり、当初の考えが甘すぎた。そのため、現状、有料業務は一切行っていません。仕事を別にしているので、とりあえずあくせくするつもりはない。これまでの経験と知識とを困っている事故被害者のために生かしてみたい。報酬さえ請求しなければ、いろんな制約からも解放される。

カネはいりません。その代わりといったらなんですが、自由にものを言わせていただく。この開放感が実にすばらしい。事業として成功するかどうかよりも、ぼくにとってこの開放感のほうがよほど大切なことです。しばらくは(ずうっとかも)このままボランティアでもいいかなあとまで思うに至りました。そのため、「料金表」も公開の必要がなくなり、閉鎖しました。「事務所の詳細」についても必要ないでしょう。事務所の所在地と電話番号(携帯ですが)は残すことにいたしました。

有料でないこととの引き換え条件として、持ち込まれた事故情報の2次使用をお許しください。2次使用といっても当サイトの記事として使うのみです。たとえば質問に対する回答というような記事です。個人名および個人名が特定されるような使い方は一切しません。

当サイトは中国語でも対応可能です。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。後遺障害に関する豊富な医療調査経験と中国語対応が可能なところがうちの強みです。電話がつながらなかったら、折り返しこちらから電話することがないため、時間をおいてまたお架けください。電話代だけは申し訳ありませんがそちらで負担してください。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

【当サイトご利用上の注意】
当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る