石川真澄「人物戦後政治 私の出会った政治家たち」など、先月読み終えた本

【ラティモアの西域砂漠冒険時に撮影されたもの】


もう30年近くも前になるが、当時、ぼくは朝日新聞をとっていた。いまもあるのか知らないが、当時の朝日新聞には編集委員制度というのがあって、記者の中でも特別に秀でていた人がなっているらしくて、ぼくが好きな記者がそのなかに何人かいた。本多勝一とか高木正幸とか広瀬道貞とか。石川真澄もそのうちのひとりだった。石川真澄署名記事をみつけると、ぼくは目を皿のようにして読んだものだ。

石川は国会担当の記者だった。石川はいわゆる派閥記者になることを警戒し、派閥記者にありがちな政治家とのベッタリの関係を嫌った。政治家とはつかず離れずの関係を保ったのである。そして、石川が在職中にあった個々の政治家のエピソードから虫瞰することを通して、戦後政治の全体像を鳥瞰したのがこの本である。

本書で取り上げられた政治家は、池田勇人、大平正芳、宮沢喜一、佐藤栄作、川島正次郎、河野一郎、三木武夫、田中角栄、竹下登、佐々木更三、江田三郎、河上丈太郎、成田知巳、石橋政嗣、西尾末広、佐々木良作、羽生三七、土井たか子、菅直人、武村正義、加藤紘一の21人。たとえばこういう記載はまことに興味深い。

莫大な金が飛び交うのが普通であった当時の自民党総裁選について、石井光次郎派の参謀であった灘尾弘吉氏と田中氏が次のような雑談をしたということを聞いたことがある。灘尾氏は金を議員らに配るのに当たって、相手が必ず石井氏に投票してくれるという心証を得ないと金を置いてこられないから、その見極めが難しいですなあ、といった話をした。

ところ田中氏は、そんなことは何でもないと答えたそうである。相手が佐藤氏に投票してくれそうでも、くれそうでなくても、とにかく金は置いてくる。相手が、いや私は佐藤氏には投票しないと断っても、「この金はこういうときでないと動かない金なんだから受け取っておきなさい、役に立つことがあるよ」という。その当時の総裁選に効き目なくとも、いずれ何かの機会に効いてくるから無駄にはならないというのが田中氏流であった。(P89-90)

 

私が社会党を担当するようになったころはまだ社会党の信用がまだ相当にあるころであって、「社会党の駄目さ加減」などといった言葉さえ使う者はなかった。「派閥」というものについても、社会党のそれは自民党とは違う扱いがされていた。

自民党の場合は理念や政策の違いによるものではなく、単に権力を奪い合う単位としての派閥であって、ヤクザさながらの親分・子分関係が軽蔑の対象でさえあった。それに対して社会党の派閥は、イデオロギー、政治方針、大衆運動の原則、労組との関係といった「次元の高い」問題についての考え方の相違に基づくグループであって、派閥という言葉を使うのさえ適当でないという空気があった。

実際、私が社会党の記事を書くようになって数カ月経ったある日、私は政治部の一人の先輩からこう忠告された。「君が書くようになって社会党はずいぶん派閥化した印象がある。社会党の派閥が自民党と同じではないことを忘れないように」(P108-109)

 

私は60年代に、かなり多くの(社会党)左派系議員に、少し親しくなると、本当に社会主義社会の実現を目指しているのかを尋ねてみた。たいていの人があいまいだった。そんなこと、できっこないよと、はっきり答える人もいた。中には、上着の左のポケットから「いこい」という大衆煙草を取り出し、右のポケットからは高級とされる「ピース」を取り出して見せ、前者は選挙区用、後者は東京用と笑ったうえで、社会党議員であることと社会主義者であることは使い分ける必要がある、と説明してくれた人もあった。(P122)

 

共産党は別の意味で余り接触のない党であった。というより、接触できない党であった。「商業新聞」には文字通り堅く門戸を閉ざしていたのである。東京・代々木の党本部へ入ろうにも入り口でチェックされ、事前の約束がなければ誰とも会えなかった。記者会見、発表などは選挙のときの公認候補発表くらいなもので、その時ばかりは本部の中に入れてもらえた。新聞などというものは、党の都合のいいときだけ利用するものであって、ふだんは敵であるといわんばかりであった。(P177-178)

 
石川氏は小選挙区反対論者としても有名だった。1990年代、ほぼ孤立無援の状態で、小選挙区制の問題点を指摘していた。当時のテレビ出演で、小選挙区制の問題点を話し始めようとしたとき、小選挙区推進論者として当時テレビに引っ張りだこだった福岡政行氏が横から大声でまくしたてて、石川氏に話をさせまいと露骨な干渉をしていたのをみたことがある。そのとき、石川氏は不快な顔をされていた。当時から「無理筋」だったのだ。そして、当時、小選挙区制の旗振り役の中心にいたのが、今でもリベラル界隈に大人気の山口二郎氏である。その山口氏がこんなツイートをしていた。 

おい、おい。他人事みたいに言うなよ。あなたが「無理筋の議論」をしていた張本人のひとりじゃなかったのか。ぼくは、こういう「知識人」が大嫌いである。
 


医学書なんて読んでもよくわからんことだらけだし、面白くもないし、たいくつだし、第一、高価だ。交通事故に関する本もはっきり言うとたいして興味があるわけでもない。こんなサイトを運営しているてまえ、どちらかというと義務的に読んでいるにすぎない。カネにもならんし、夢も与えてくれない。

そこへいくと冒険記・探検記は、自分の知らない世界の追体験ができるだけでなく、自分に勇気を与えてくれるのがいい。中国史で知られるオーエン・ラティモアだが、ラクダによる西域砂漠冒険記を書いた冒険者としても知られる。この本は、隊商を組んでの近代的装備でかためた探険隊という趣でなくて、9頭のラクダとラクダ曳きらで行った放浪者の旅行記だ。ちょっとの勇気と好奇心と想像力があればぼくにだってできるかもしれないという期待とか夢とか、少なくともそう思わせる幻想を与えてくれる。今回は再再読で、途中まで読んだところだが、西域砂漠冒険記はいくつか読んだものの、この本はそのなかでも特筆しておもしろい。ふだん交通事故にまつわるトラブルのこととか書いているから、本当の関心事である冒険とか探検とかに関する本を読むと、心が洗われるんだよね。
 


戦前、赤紙(徴兵の知らせ)によって国民が徴兵されていた。それがどのようにして選考されているのかを暴露した本。著者である松本清張の体験に基づくもので、自伝「半生の記」でも、

17年の12月に私に召集がきた。赤紙には、「教育召集」と書いてあるが、当時は、その名目で戦場に持っていかれる場合が多かったので私も覚悟した。指定された日に検査場に行くと、ほかの招集者から見ると年配者のほうになっている。係が私の顔と令状とを見比べて、おまえ、教練にはよく出たか、と訊いた。あまり出ていないというと、ははあ、それでやられたな、とうなずいて言った。この一言は今でも耳に鮮やかに残っている。

この体験に基づくものだ。アマゾンのレビューでは、徴兵事務を担当する出先機関の小役人に教練に出なかった「不真面目な、けしからん奴だ」と睨まれて戦場に行かされたというような偶発的・懲罰的意味で解説しているものがあるが、それだけではない。要は、カネ・コネで徴兵を逃れた者たちの代替という意味があったのだ。
 


著者の清水潔は、ジャーナリストしての評価の高い人だが、これまで氏の本を読んだことがなかった。積読状態だったが、数時間で読み終えるほど、読みやすかった。氏がこれまでに行った調査報道の舞台裏を紹介しており、ちょっとした疑問をとことん追求する清水氏の調査報道の執念には舌を巻いた。一流と言われる人と普通の人との差は、ちょっとした差なのかもしれないが、そのちょっとした差を埋めるための実行力や想像力をもつことがどれほど困難なことなのかとも思い知ったしだい。
 

ザ・クラッシュのロックに関する過去記事でこの本に言及したことがあったので。追記できればと、再読した。
 

裁判員裁判について調べていて、この本も役に立つかもしれない、読んでおかなきゃと思って再読した本。
 

脊髄損傷の相談があったため、改訂版が出るのを待ちきれず購入した本。新書の大型版くらいの大きさで、ページ数も262しかなく、それでいて、4600円+消費税は高すぎる。脊髄損傷に関する標準的な記載と図が網羅されており、全体をコンパクトに鳥瞰するのに便利である。保険会社に対する反撃の資料として活用できないかなと思って買ったしだい。
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


事務所所在地・連絡先

ホームズ調査事務所:
石川県加賀市
電話番号:090-1314-0234

電話・メールをされる前に、「お問い合わせ」欄を読んでくださいね。

当事務所の立場

突然、交通事故にあわれた被害者は、怪我をされたり、車を破損などされたりして大変なことです。その損害の賠償をしてもらうために、これから、加害者そして加害者側の損保担当者を相手に示談交渉を進めなければならなくなります。しかし、交通事故は人生でそう何度も経験するわけではありません。なにをどのようにしたらいいのか途方に暮れてしまうのがふつうです。

ところが、事故被害者がまず相手にするのが加害者であり、そして、実際は加害者側損保の担当者です。損保の担当者はそのことで生計を立てているいわばプロであり、百戦錬磨で鍛えた知識と経験があります。かたや、知識も経験もほとんどない事故被害者。そんな素人がプロ相手にどのように交渉していったらいいのでしょうか。

交通事故に詳しい弁護士が知人にいるような幸運な方は別にして、たいていの方は途方に暮れてしまうことでしょう。一昔前は、素人とプロの交渉ごとということにふつうはなって、プロの思い描くストーリーどおりに押し切られるのがふつうでした。しかし、ネットが発達した現在、示談交渉を進める上での情報がネットを検索すればあふれかえっています。が、その情報は正しいものもあれば正しくないものもある。玉石混淆です。それらの情報に接した事故被害者にとって、どの情報が正しくて信頼できるのかがまずわかりづらいし、自分だけでは手に負えなくて、調査や交渉ごとをだれかに任せることも時に必要になってきます。が、ネット上には、われこそは事故被害者のためだと謳っているものばかりなので、実際にいったいだれを信頼したらいいのかわかりません。

知識とは中立なものであること

ここで注意してほしいのは、情報の正確さもさることながら、その情報(知識)そのものが中立なことです。

昔、東大卒が多い自民党が間違えるはずがないと豪語している自民党支持者に会ったことがあります。ぼくは苦笑するしかありませんでした。たしかに東大卒は勉強をいっぱいしているわけだから、その知識量も多くかつ正確だといえるかもしれません。ただ、知識それ自体はあくまで中立なものであり、どちらにも役に立つ武器なのです。したがって、その正確でたくさんの知識をどちらの側に使うかにある。わかりやすいたとえ話をしてみましょう。

知識は刀という武器と同じ

hitininnno
その昔、武士という職業が存在しました。この武士は帯刀を許された職業のことであり、刀の専門家です。殿様を頂点にして、殿様に雇用され、殿様を守るために武器である刀の技術を日夜みがいていた。

この武器である刀自体は殿様を守るためにも使えるし、農民に加勢して殿様に刃向かうためにも使えます。しかし、悲しいかな、現実は殿様を守るために使われた例が圧倒的に多く、農民に加勢するために使われた例など不幸にしてきわめて少なかった。ごく稀に後者のような武士が現れますが、こういう武士こそ庶民にとっての英雄であり、「七人の侍」はまさにそのようなタイプの武士たちでした。

利益が一致しているか相反しているかが重要

したがって、問題はその使い手自身にあります。使い手がどちらの側に立つかで知識もそれぞれの側の武器になる。そして、その使い手がどちらの側に立つかは双方の利益が一致するか相反するかでふつうは決まってきます。

この、肝心要のことを説明したサイトが皆無といっていいほどにみあたらないのは不思議なことです(というか、あえて否定しているサイトさえいくらでもみつかるくらいです)。

記事を読んでいただければたちどころにわかることですが、当事務所は「立場」を鮮明にしております。あえて鮮明にしているのは、人間や社会に対する見方は、その人自身の立場から自由にはならないからです。中立を装うことは考察を浅くし、論旨を不明確にし、自己を無責任な立場に置くことになる。「立場」のない「立場」などありようがない。当事務所の立場は、ぼく自身が社会的弱者であるため、弱者の立場に徹することです。ぼくのような弱虫は「七人の侍」のようには決してなれないけれど、せめてその心意気だけでも真似して、社会的強者に阿らないようにしたい。そういう気持ちで当サイトをたちあげました。丸山真男のことばを最後に引用しておきます。

丸山真男から

ゲーテは「行動者は常に非良心的である」といっておりますが、私たちが観照者、テオリア(見る)の立場に立つ限り、この言葉には永遠の真実があると思います。つまり完全にわかっていないものをわかったとして行動するという意味でも、また対立する立場の双方に得点と失点があるのに、決断として一方に与するという意味でも、非良心的です。にもかかわらず私たちが生きていく限りにおいて、日々無数の問題について現に決断を下しているし、また下さざるを得ない。純粋に観照者の立場、純粋にテオリアの立場に立てるものは神だけであります。その意味では神だけが完全に良心的であります。

私たちの社会というものは、私たちの無数の行動の網と申しますか、行動の組合せから成り立っております。社会がこうして私たちの行動関連から成り立つ限りにおいて、私たちは行動あるいは非行動を通じて他人に、つまり社会に責任を負っています。その意味では純粋に「見る」立場、ゲーテの言う意味での完全に良心な立場というものは、完全に無責任な立場ということになります。

したがってこの点でも神だけが、完全に無責任でありうるわけであります。認識することと決断することとの矛盾中に生きることが、私たち神でない人間の宿命であります。私たちが人間らしく生きることは、この宿命を積極的に引き受け、その結果に責任を取ることだと思います。この宿命を自覚する必要は行動関連が異常に複雑になった現代においていよいよ痛切になってきたのです。

世のなかには一方では、認識の過程の無限性に目をふさぎ、理論の仮説性を忘れる独断主義者もいれば、またそもそも認識の意味自体を頭から蔑視する肉体的行動主義者がいます。しかし他方その半面では、物事はそう簡単にはイエスかノーかきめられないのだ、もっとよく研究してからでなければなんともいえないという名目の下に、いつも決断を回避することが学者らしい態度だという考え方がかなり強い。

あるいは対立する政治的争点に対して、あれももっとも、これももっとも、逆にそれを裏返しとして、あれもいけない、これもいけないということで、結局具体的な争点に対して明瞭な方向性を打ち出すことを避ける態度をもって、良識的であるとか、不偏不党であるとか考える評論家やジャーナリストもかなりいるようであります。

たびたびゲーテの言葉を引いて恐縮ですが、ゲーテはこういうことをいっています。「自分は公正であることを約束できるけれども、不偏不党であるということは約束できない。」今申しましたような世上いわゆる良識者は対立者に対してフェアであるということを、どっちつかずということと混同しているのではないでしょうか。
「現代政治の思想と行動」丸山真男 P452-454

【当サイトご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。また、記事を書いた後に、法律が変わったりするなど、現状を反映していないことがあります。その後の改正等についてはフォローしていくつもりですが、ご注意ください。

著作権にかかわることですが、当サイトの記事をコピーされる方が後を絶たない。公開した記事なので、コピーしていただくのはまったくかまわない。ただし、判例文のコピーによる引用は別にして、それ以外の文章の引用については、引用元を示したうえで、どこからどこまで引用したかも明示してください。

なお、当サイトは中国語でも対応可能である。電話でもいいし、メッセージでもよろしい。

本现场可以用汉语对应、如过在日本有遇到交通事故的无论是中国人还是台湾人、请随时商量、商量的时候、请在网上「留言」。

おすすめ記事

アーカイブ

カテゴリー

Count per Day

  • 20現在の記事:
  • 498715総閲覧数:
  • 236今日の閲覧数:
  • 1719昨日の閲覧数:
  • 10020先週の閲覧数:
  • 23410月別閲覧数:
  • 353461総訪問者数:
  • 165今日の訪問者数:
  • 1107昨日の訪問者数:
  • 6827先週の訪問者数:
  • 15819月別訪問者数:
  • 952一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2016年5月2日カウント開始日:
ページ上部へ戻る