タクシーの休車損害

タクシーの休車損に関するメモを記録として残しておきたい。分かりづらいかもしれないが、本日は時間がないため、すみません。いずれ時間ができたら補足していこうかと思う。

Ⅰ事故前の輸送荒利

①対象車両の輸送収入、営業日数、実働日数を把握する。

ア)運行記録簿あるいは運行月報。
 

②全車両の輸送収入、実働率等を把握する。

ア)一般乗用旅客自動車運送事業輸送実績報告書(運輸局の受付印あり)
イ)旅客自動車運送事業報告書のうち
ⅰ:表紙(運輸局の受付印あり)
ⅱ:営業概括報告書
ⅲ:旅客自動車運送事業輸送実績
ⅳ:財務諸表のうちの損益計算書
ⅴ:一般旅客自動車運送事業営業費明細表
ⅵ:人件費明細報告書
ウ)確定申告書(税務署印あり)
 

③対象車の輸送原価を把握する。経費の内訳を調べる。以下は目安。

ア)変動経費
ⅰ:燃料費
ⅱ:タイヤ消耗費
ⅲ:修繕費
ⅳ:オイル代
ⅴ:高速代、駐車料金
ⅵ:事故賠償費

イ)固定費
ⅰ:減価償却費
ⅱ:自動車税
ⅲ:自動車重量税
ⅳ:車検手数料
ⅴ:自動車割賦購入利息
ⅵ:自動車保険料
ⅶ:車庫料

ウ)注意書き
人件費については、変動費なのか固定費なのか、あるいはどの部分が固定費でどの部分から変動費になるのか検討を要する。

④全車両の輸送原価の把握をする。

Ⅰ②の(イ)(ウ)の資料で把握する。

Ⅱ事故後の輸送状況

①車両の権利関係

Ⅰ②(ア)の資料で算定する。
Ⅰ②(イ)の資料で算定する。
Ⅰ②(ウ)の資料で算定する。
 

②実働率

Ⅰ①(ア)(イ)の資料で算定する。あるいは旅客自動車運送事業輸送実績書。
 

③修理期間中の全車両の運行状況等

修理期間中の月別輸送実績報告書や運転月報で確認する
 
あまりにかんたんで申し訳ないが、以上の書類がそろえばタクシーの基本的な休車損の算定ができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください