石川県の弁護士、行政書士は本当に敷居が高くて・・・

本日は、県外のあるやり手の行政書士さんに電話をしました。その方のサイトで交通事故業務に詳しい方の連絡を待つというような、仲間作りのための記述があったからです。それで、お互い情報交換ができたらいいのにと思って、迷いながらも連絡してみました。最後に、わからないことがありましたらまた教えていただいていいでしょうかと問うと、またいいよとは言ってくださったものの、私の思い違いかもしれませんが、あまり乗り気でない印象でした。

こういうことは今回が初めてではありません。いや、これはまだよいほうです。以前、石川県内の、後遺障害業務をやっていたりやろうとしている行政書士さんの何人かにも電話をしたことがあります。声の印象から、いずれもあきらかに不審がっている。元調査員で後遺障害の調査も1000件ほどありますと自己PRするものの、後遺障害業務をやり始めたばかりの行政書士の先生方はまったく関心がないようです。そこで私のサイトも紹介するのですが、そのときは褒めてくださる人も中におられたものの、その後電話しても、どうしてなのかあまり歓迎されません。もうこういうのは慣れっこになりました(そんなにたくさん電話をしたわけではありませんが、福井の行政書士の方でいろいろアドバイスをしてくれた親切な方がおひとりおりました。みんながみんなというわけでもありません。)。

弁護士も同様です。私が調査会社をやめてすぐくらいに近くの弁護士事務所を訪問したことがあります。自分を売り込むために。でも、まるで示談屋扱いをされて、ホウホウのテイで逃げ帰りました。法律相談に来たのかとおもったら、どうも売り込みらしいと知ったためにいたしかたがないということもありますが(私のために時間を割いてくれたので、法律相談の名目で5000円支払っています。念のため。)、仮に話を聞いてくれたとしても、30分や1時間で、私の何が分かるのでしょう。あきらかに私の失敗でした。もうこりごりです。

それに懲りてからは、そのような目的で弁護士事務所を訪問する気がまったくなくなりました。もうこっちからは連絡するものか。あっちから連絡していただくのを待つ。そのために、自分のサイトを作って、自分はこういう人間で、こういうことなら知っているぞと自己主張することにしました。私の書いた記事が自己主張が強いのもそのためです。

そのかいもあってか、私のサイトをみて、あっちから連絡していただいた弁護士さんがおふたりいます。いずれも、交通事故業務に長けた弁護士です。ようやく認められたのだと、私はもう天にものぼらんくらいにうれしくてうれしくて。赤飯を炊きたいくらいのうれしさでした。それがきっかけでメールでのやりとりも始まりました。でも、いずれもお忙しい方だから、そのうちメールをするのを私は躊躇してしまいます。事務所に訪問でもできたらいいのですが、お二方ともかなり遠方です。家庭の事情をかかえている私にとっては、絶望的な遠さでした。

私のサイトにどれほどの弁護士が訪問しているのかはわかりませんし、弁護士は私の記事にどのような評価をしてくださっているのかもわかりません。が、私の記事を熱心にコピーしていくのはだれなのか、それはIPをたどればすぐにわかります。実は損保なのです。国内・外資系いずれかの1社あるいは複数社がもう毎日のように訪問しています。これは、自信喪失気味の私にとってたいへんうれしいことです。ほかでもない、プロ中のプロである損保がこの私のことを認めたのだと、私は自分にいいように解釈するようにしました。

お互い、情報交換していただける専門家の方いらっしゃいませんか。できれば遠方でない方で、直接事務所訪問が可能な方。手持ち資料の共有等いろいろできることがあるかと思います。・・・と書いてみたけれども、けっきょくはナシのツブテなのだろうなあ。士業のみなさんは、なんだかんだいって、やはり敷居が高いもの。石川県の後遺障害をやっている行政書士は、情報を喉から手が出るほどほしがっていいはずなのに、どうしてあんなにつっけんどんなのだろう。他県の行政書士さんの中には、後遺障害を教わりたいと言って、私に連絡してくれた方がこれまで何人もいたというのに。

もっとアクセス数を増やし、交通事故被害者の信頼を勝ち取ったあかつきには、たいした経験も知識もないくせに、たとえば経験年数1年だと自ら「若葉マーク」であることを告白しておきながら、経験年数10数年の私と実力は同じくらいだと、何の根拠もなく言ってのけた行政書士たちの鼻を明かしてやりたいですね。ほんと。

本日は、私の愚痴でした。聞いてくれたみなさん、どうもありがとう。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください