先日お会いした相談者の方に、どうして匿名なんですかと言われてしまった。

実名なら相談がたくさん来るはず・・・

先日お会いした相談者の方に、どうしてサイトを匿名でやっているのですかと言われてしまった。ぼくのサイトのことを1年以上も前から知っていたし、電話番号も記されていたので電話しようかとも何度も思ったが、実名を公開していないためうさん臭くもあるし、そのため躊躇し、結局は電話できなかったという。実名を公表しておればもっと早く相談できたのに、どうしてそうしないのですか。私のように迷っている人は多いはずで、ぜひ公開した方がいいですよ、実際にお会いしたらぜんぜんそんなこともなく、できたら顔写真付きでやられたら相談もたくさん来るのではとアドバイスされてしまった。ありがとう。

リアルの世界では、特に隠しているわけでもない

顔写真付きは初めてだが、こういうアドバイスは今回が初めてではない。過去の何人かの相談者からもされているし、知人・友人からもされているし、職場の同僚からもされている。そう、もう、うんざりするほど何度も何度もされているのだ。リアルの世界ではこのように特に隠しているわけでもない。大ぴらは言いすぎかもしれないが、コソコソ隠れているわけでないことは間違いないだろう。職場の人には、交通事故で何かお困りなら・・・とサイトのことを紹介しているし、石川県内の弁護士の少なくともおふたりには、実名を名乗っている。相談者についても、何度もやりとりをしていると、あっちは実名なのにこっちは匿名というのも居心地が悪いため、実名を名乗ることが多い。ぼくのサイトにリンクしている弁護士等にも、リンクしたことの承諾を得る際に、匿名では礼を失するので、実名を名乗った。それ以外にも、何人かの弁護士や行政書士に実名を名乗っている。家族にサイト運営をしていることは告げていたが、具体的にどのサイトなのかを知らせたことがなかったので知らないと思っていたが、どうやら娘は知っているらしいし、ときどき覗いているらしい。

匿名のいいところは率直に書けること

このように、リアルの世界ではぼくがこのサイトの運営者であることを知っている人は、数人どころか何十人もいるのである。したがって、今も匿名にしている実益は、記事出しの際に思ったことを率直に書けることだ。リアルの世界では実名はバレバレなので、記事を書く際の率直に書けること(注)、それ以外に、何かあるのだろうかと、ときどき思うことがある。が、今のところ、積極的に実名を公開する必然性もない。・・・と思っていたが、何か後ろめたいことがあって匿名にしているんじゃないのかと疑われるのも癪なので、どうしようかなあ。

(注)

匿名なので率直に書けることは、好き勝手放題に書けることとイコールではない。

ぼくへの批判のなかに、あんたは匿名だから、好き勝手なことが書けるのだというものがある。ぼく自身、実名を公開することを前提に匿名で書いているつもりなのだが、「つもり」と、実際に実名を明かした上で書くのとはやはりどこか違うだろう。

しかし、好き勝手な、無責任な発言にならないようにするため、ぼくは自分の主張の根拠をできるだけ明示してきたつもりだし、引用のさいの出典も明示してきた。実名で記事を書かれている人は、結果だけ書いてその根拠を示されないことが多いし、出典を明示する例も少ない。

ぼくにいわせれば、匿名か実名かは本質的にはあんまり関係ない。匿名で書く人だって、事実に基づいて書こうと努力されている人はいくらでもいるし、実名で書く人だって、勝手なデマを書いて、事実や出典を明示しない人はごまんといる。

ときには、政府批判のような、匿名で書くことにそれなりの理由がある場合だって存在する。強いものになびくような意見は、それが実名で書かれ一見すると勇ましい意見だったとしても、大河の流れに沿って泳ぐメダカほどの力もいらないだろう。大河の流れに逆らって泳ぐこと、その逆の行動をとろうとするときは、それがどんな些細なことだって、一定の勇気を要する。

日本人は判官びいきの国民だと言われているけれども、実際は、強そうな奴になびいて、弱そうな奴や集団から外れている者に対して、多数という集団でやりこめる。少なくとも、自分が仲間はずれにされないため見て見ぬふりをする。

でも、匿名じゃ信頼されにくい

自慢話になるが、さらに加えて、裁判や労災の再審査請求に証拠資料としてぼくの記事を引用・添付されたことがある。また、裁判官のツイートでぼくの記事を引用していただいたこともあるし、ネットの辞典であるウイキペディアでもぼくの記事が引用されている。このように引用・添付された方はぼくの書いた記事を認め、匿名だけれど信頼出来ると判断したに相違ない。ぼくにとってはたいへんうれしいのだが、せっかくの引用・添付も、匿名じゃ、信頼性に問題ありとならないのだろうかと、ぼくは思っているがどうなんだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください